ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル・マドリッド対シメオネ監督!レアルのスターたちがシメオネに反論!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


real2.jpg

モドリッチ、クルトワが反論!

レアル・スター達がアトレティコのシメオネ監督に反論!!


ディエゴ・シメオネははっきりと発言することで知られている。このアトレティコの監督は、バロンドールの選考会の後で、ルカ・モドリッチ(バロンドール)、そしてティボー・クルトワ(最優秀ゴールキーパー)がタイトルに相応しくないと語っていた。


スポンサーリンク



シメオネ:“モドリッチにおめでとうと言いたい。彼は良いシーズンを送ったからね。でも僕にとってはヴァランとグリースマンがべストである事には疑いがないね。”と語っている。


さらに2011年から2014年までアトレティコでプレーしていたクルトワに対しては、“クルトワはレアルに移籍し、世界最高のキーパーに選ばれた。だけど彼が我々の所にいた時はナヴァスがその賞を獲得している。”と発言している。現在ナヴァスはクルトワの次のナンバー2となっている。


モドリッチはこの件に対してクロアチアの新聞“Sportske Novoski”において、

“シメオネが別な選手を推すことには完全に理解している。だけど彼は常にレアル・マドリッドとその選手を小さく言おうとしている。彼はそうなるためのどんなチャンスをも利用しているね。シメオネ、それからアトレティコのファンと選手を大いに尊敬しているし、彼が僕たちに勝利すれば素直に祝福している。でもチャンピオンズリーグでの勝利など、僕たちの成功をいろんなやり方で小さく語ろうとするのはフェアではない。”と語っている。


クルトワはもう一歩踏み込んだ発言をしている。“彼はレアルを批判している。ファンのサイドに立とうとしてね。彼はレアルが世界最高のクラブだから批判するんだ。どの意見も尊重されるべきだし、発言は自由だ。僕はアトレティコで3年プレーしたけれど、彼はレアルと対戦するたびに何かを言っていた。そしてこれは今後も続くだろう。ファンの人気を引くためにね。”




以上です。

確かにシメオネにはアトレティコ・マドリッドファンの心をつかむためのパフォーマンス的な部分もあるかもしれないですね。でも同じマドリッドでレアルに勝つためには、ファンの力を味方につけるのはものすごく大事でしょうし、こういうタイプの監督がいても良いと思います。


モドリッチの発言は非常に大人ですね。彼が獲得して良かったと思います。



[ 2018/12/17 13:19 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
モドリッチが獲れるならイニエスタが獲れないのはおかしいですよね。
ロナウド、メッシが不調だったから獲れたと言えると思います。
[ 2018/12/17 14:09 ] [ 編集 ]
ワールドカップ補正があるからね今回はそういうもんだ
[ 2018/12/17 16:10 ] [ 編集 ]
 グリースマンの上司としての発言であって、本音とは限らない。監督としては普通の発言だと思います。
[ 2018/12/17 16:11 ] [ 編集 ]
選考が今年は従来に戻ったし、↑でもロナウド、メッシが不調って言ってるように不調だったから。イニエスタの時は好調だったんだからおかしいってのは違う。
[ 2018/12/17 18:12 ] [ 編集 ]
モドリッチは恥知らずにさせるわクルトワは恩知らずにさせるわで本当に終わってんなあの腹黒クラブは
[ 2018/12/17 20:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。