ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント監督!ペーター・ボシュ!レヴァークーゼンの監督に就任する可能性!?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

boss.jpg


バイヤー・レヴァークーゼンが興味?
ペーター・ボシュ!ブンデスリーガ、カムバック間近か?

元ドルトムントの監督ペーター・ボシュがレヴァークーゼンのハイコ・ヘルリッヒ監督の後継として噂されている。ヘルリッヒ監督はフランクフルトに敗れた事で解任の危機に立たされている。


スポンサーリンク


ボシュが復帰するとなったら、これはセンセーショナルな事となるだろう。すでにキッカーがレヴァークーゼンがボシュに連絡をとった事を報じている。このオランダ人は昨シーズンブンデスリーガ15節を終えた時点でドルトムントを解雇されていたが、現在レヴァークーゼンでヘルリッヒ監督の後任として交渉中とのことだ。


さらにレヴァークーゼンはボシュ以外に、マルコ・ローゼとも連絡を取っているとのことだ。このドイツ人監督はオーストリアのRBザルツブルクで、ヨーロッパリーグで大活躍を見せている。ザルツブルクは、ライプツィヒ、セルティック、ローゼンボルクのグループですべての試合に勝ったのだ。しかしローゼの契約は2020年までとなっており、さらに彼はナーゲルスマンの後継者としてホッフェンハイムの監督になると噂されている。


ボシュは、現在どこのクラブにも所属しておらず、すでにレヴァークーゼンとの話し合いも行われたとされている。バイヤーはすでにヘルリッヒ監督の解任に向けて準備をしているとのことだ。


ボシュのBVBで時間は非常に集中しており、さらに短かった。ボシュはたった161日しかボルシアをトレーニングしなかったのだ。開幕から8戦無敗という素晴らしいスタートを切ったが、その後、成績は下り坂となっている。ブレーメンに1:2で敗れ、さらにチャンピオンズリーグのグループリーグで敗退したことで、解雇されたのだ。2018年にはルシアン・ファヴレがドルトムントの監督に就任したが、そこでファヴレはリーガ15試合で無敗で前半戦の1位が確定している。


ボシュは息をのむようなスピードサッカーをアヤックスで披露し、ヨーロッパリーグの決勝に進出している。すでにドルトムントを解任になってから、複数のブンデスリーガのクラブと噂になっており、最近ではシュトゥットガルトを解任されたタイフーン・コルク―ト監督の後任としても名前が挙がっていた。ボシュのブンデスリーガ復帰が近づいている。
以上です。





ペーター・ボシュのブンデスリーガ復帰の噂が上がっていました。ボシュはあまりにも試合中に適切な対処をしない印象が強く残っていますが、他のブンデスリーガのクラブでどういう手腕を見せるのかは興味がありますね。ドルトムントの監督を務めた期間は短かったので。レヴァークーゼン当たりのチームで攻撃的なサッカーがはまればリーガは面白くなりそうですが。







[ 2018/12/17 17:55 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
ボシュは、途中から結構戦術を替えだして、試行錯誤していた。でも、そのタイミングでゲッツェ縛りになって、一切勝てなくなったんだよね。それまでは一応首位だった。もう一度挑戦してみてほしい。
[ 2018/12/17 19:26 ] [ 編集 ]
ドルトムントでは色々なしがらみがあって
必ずフルで使わなくてはならない選手が居たりして
試合中に適切な策を取れなかったのもそういうしわ寄せだったのかも
なのでブンデス復帰でフロントからの推し選手とか
しがらみの無い中でどのくらいやれるのか
ちょっと楽しみではありますね
[ 2018/12/17 20:55 ] [ 編集 ]
改めてあの時のドルトムントの中盤は酷すぎましたね。
今の中盤との強度の差に愕然とします。
とてもじゃないけど優勝を狙える駒では無かったので可哀想でしたね。
[ 2018/12/18 01:35 ] [ 編集 ]
何故中盤だけ批判するんでしょうか
確かにボシュが好んで使ってたのはシャヒンとゲッツェでしたので
批判したい気持ちはわかりますが
昨シーズンと今シーズンの違いは後ろもガラリと変わったことですよね
それによって守備はかなり安定しましたし
攻撃面でも今シーズンのDF陣は昨シーズンまでとは比べようがない程だと思います
フンメルスが去ってから本当に酷かったですから
[ 2018/12/18 06:08 ] [ 編集 ]
あの頃のスタメン・・・ゲッツェ カストロ ダフードのことですね。
早く香川を出して欲しかったです。
出るようになって勝ち始めましたからね。
[ 2018/12/18 07:12 ] [ 編集 ]
ボシュも今のメンバーで率いていたら結果を残せたでしょうね。
何気にロイスをトップ下で起用したシュテーガーもかなり貢献してると思いますよ。
サンチョとの相性の良さがあの時からハッキリ出てましたから。
今シーズンへの布石でしたね。
[ 2018/12/20 03:56 ] [ 編集 ]
シュテーガー監督がロイスをトップ下で起用したことは ほとんどありませんよ。
嘘を書かないで下さいね。
[ 2018/12/20 08:18 ] [ 編集 ]
ボシュの記事で何故か突如出てくるシュテーガー笑
シュテーガーも香川が怪我した後はなす術もなく、ひたすら大事な所でポイント失ってグダグダだったよね
だってドイツ三銃士が揃っていながらELでザルツブルクにすら勝てないんだもんビックリだよ
結局いくらドイツ人の優秀な攻撃陣が居てもそれだけじゃ勝てないって事だよね
[ 2018/12/20 08:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。