ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表マテウス!「ドルトムントが優勝するだろう!」唯一BVBを脅かすものとは?《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

mattaus.jpg

ローター・マテウス!唯一ドルトムントを脅かすものとは?

ボルシア・ドルトムントは、前半戦後2試合を残して、前半戦の優勝が確定している。ドルトムントは2位のグラートバッハ、そしてバイエルンに9ポイント差をつけているのだ。


スポンサーリンク



ドイツのサッカーファンは、ボルシア・ドルトムントの成功を収めたスタイルに感動しているが、元ドイツ代表のローター・マテウスはさらにもう一歩踏み込んでいる。マテウスは、“ボルシア・ドルトムントが優勝する!”と発言したのだ。彼にとっては、優勝争いはすでに15試合を経た段階で決まったようだ。彼はスカイのテレビ番組において、その理由について、“彼らのサッカーは高い安定性を有しており、さらに自分たちを信じている。”と語った。


唯一BVBを脅かすものがあるとするならば、それはトップスターの負傷という事になる。“でもそうなってもファヴレがそれに対する解決策を持っていると確信している。ボルシア・ドルトムントはタイトルに向けて本当にハングリーだ。”とマテウスは語った。


さらにヴォルフスブルクのマネージャーのイェルク・シュマトケはどうしてBVBが現在首位に立っているか発言している。“彼らは昨シーズンの後で、きちんと学んだんだ。彼らは明らかに前を進んでおり、チームとして非常に安定しているね。”と彼は語る。


この54歳はそれに関して、何人かの選手の名前を挙げている。新加入のアクセル・ヴィッツェルとトーマス・ディレイニーだ。それに加えてキャプテンのマルコ・ロイスとロマン・ビュルキもこの成功に大きく貢献している。“すべてがうまくかみ合っているね。”とシュマトケは語った。



対戦相手の脅威に関しては、それほどではないとみられているようだ。ローター・マテウスはすでにバイエルンを今シーズンの優勝候補から外している。マテウスは、バイエルンが再び力を取り戻す、としながらも、“すでに将来を見据えた起用をしているし、さらに良い選手を将来に向けて獲得するだろう。”と発言している。






以上です。

このままの勢いをキープできれば優勝も見えてきましたね。今シーズンはぜひとも優勝してほしいです。唯一の心配はヴィッツェルとロイスの負傷離脱ですね。この二人が抜けてしまったときに、うまく対処できるかどうかがファヴレの腕の見せ所でしょう

[ 2018/12/18 06:01 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)
優勝云々はまだまだ先。
トゥヘルのとこのように2位に十何ポイントも離してるならわかるけど。前の優勝の時のように、これやっとけば勝てるとか、戦力が圧倒的とか決定的なものが何もないしね。
今のとこ勝ってる要因は、ファブレが臨機応変に上手くやってるだけだし。
つか、この前のブレーメンには弱点バラされたよ。中盤に人数かけたらボール追いかけるしかなくなってまともにチャンスメイクすら出来なくなるというね。
これでバックラインと中盤に人数かけるのを使い分けられたらちょっとたまらん。真ん中があいだ通せるパス出せないから点取るのに苦労する。
ファブレも気がついているようなのでなんとかしてもらいたいですよ。とはいえ、クラブは4位でOKだからあと5つは負けられる。へーこらやるんかな笑?
[ 2018/12/18 06:41 ] [ 編集 ]
だんだんと形になってきましたね。最初は不思議な勝ち(運頼り)でしたが…やはり中盤の強度が上がったので、攻撃選手が守備に追われず攻撃に専念出来るのは大きい。
そして、唯一の懸念だった左サイド、ゲレイロがコンディション上がったので盤石になりました。
本当は香川トップ下、左ロイス、右サンチョ、トップにパコの攻撃陣が最高だと思いますし、一度見たかったけど、ゲレイロのおかげで心置きなく移籍出来ます。
バイエルンが今ひとつな今シーズン、シャルケやホッフェンハイムもコケてますし、優勝が現実的になってきました。
[ 2018/12/18 07:43 ] [ 編集 ]
確かにドルが優勝する可能性は高いですね。引き分けになりそうな試合も勝ちきってきた事が大きいと思います。しかし後半戦は相手だけではなく優勝のプレッシャーとも戦わなくてはならない。このまま失速しないで勢いを保って欲しいです。
[ 2018/12/18 08:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。