ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】バイエルン対リヴァプール!リヴァプールがわずかに有利か!?《ドイツの反応》

【ビルト】



ごめんね!バイエルン!
51対49でリヴァプールが有利だ!!


もう今日がクリスマス?


おそらくCL決勝トーナメント第1回戦で最高の組み合わせがこれだろう。これはサッカーファンにとってはプレゼントそのものだ。それを2月まで待たなければいけないのが本当に残念でならない。


チャンピオンズリーグの組み合わせが発表されたが、ドイツのクラブはみなプレミアリーグのクラブと対戦する事になった。イングランドのクラブは14億ユーロを補強に投資しているが、それに対してドイツのクラブはたった4億9000万ユーロだ。ではドイツのクラブが勝ち抜けるチャンスはどのぐらいあるだろうか?


スポンサーリンク


リヴァプール対バイエルンは本当にセンセーショナルだ。


クロップ対、ドイツのチャンピオン!リヴァプールは現在14勝3分けでプレミアリーグ首位に立っている。マンチェスター・ユナイテッドに3:1で勝利した後、モウリーニョでさえ、リヴァプールについて熱く語っているのだ。“彼らはボールを持とうが持つまいが、毎時200マイルも走っている。私はアンディ・ロバートソンが毎分100メートルのスプリントをするのを見ていたので、まだ疲れているよ。”とモウリーニョは語った。


クロップのスタイルはイングランドでは“ヘビー・メタルサッカー”と呼ばれている。ゲーゲンプレッシング、そしてボール奪取からシュートに至るまでのスピード。たいてい433でプレーしているが、3人のストライカーは最初のディフェンスラインでもある。

クロップはここ3年間で4億5000万ユーロを補強に投資している。彼のスタイルはカウンターに弱いので、アリソンとファン・ディークを獲得しているが、アリソンは6250万ユーロでキーパーとして史上最高額、さらにファン・ディークは7880万ユーロとディフェンダー史上位の移籍となっている。さらにザラー(4200万ユーロ)、フィルミーニョ(4100万ユーロ)、マネー(4100万ユーロ)はイングランドが提供できる最高のストライカーだ。


クロップは2018年のチャンピオンズリーグ決勝で敗れてから、そのタイトル獲得に燃えている。


バイエルンはここ最近は5回もスペインのチームに敗れている。レアルに3回、バルサ、アトレティコに1度ずつだ。イングランドのチームを相手にはこうしたトラウマは存在しない。もしバイエルンがこの試合に勝てばニコ・コヴァチ監督は一気にスター監督の仲間入りをするだろう。フンメルス、ボアテン、ロッベン、リベリーはもう一度その力を証明することができるかもしれない。


バイエルンにとっては、2月までに立て直す時間がある。2試合目はバイエルンのホームで行われる点は有利だろう。



予想▶51対49でリヴァプールの勝利だ!






以上です。


この組み合わせは本当に楽しみですね。バイエルンにとっては冬の補強と準備トレーニングが非常に重要になるでしょうね。最近はまた調子が上向きですし、2月までに立て直してくる可能性は十分にありますので、本当に楽しみです。


調子が悪いと言っても、バイエルンの選手のクオリティーはやはり高いですからね。どちらのチームにも万全の状態で戦ってもらいたいです。管理人はクロップを応援します。




[ 2018/12/18 13:36 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
バイエルンが調子あげてもリバプールもどんどん調子上げてきてるしなあ
特にサラーなんかいつのまにか得点王ペースになってきてるし
[ 2018/12/18 14:03 ] [ 編集 ]
見事にブンデス対プレミアの構図になりましたね。下手すればブンデス3チームがベスト16で敗退する事もありえそうです。その中でもドルトムントが1番勝ち抜けのチャンスがありそうですね。
[ 2018/12/18 14:33 ] [ 編集 ]
対ユナイテッドを見ましたが、リヴァプールは強いですよ。とにかく速い、攻守の切り替えが尋常じゃない。二連覇した時のドル以上ですね。バイエルンは厳しいと思います。
[ 2018/12/18 18:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。