ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】リヴァプール対バイエルン!リヴァプール!バイエルン関係者を3人も獲得していた!《ドイツの反応》

【ビルト】

klopp3.jpg


リヴァプール、バイエルン関係者を3人も獲得していた!

バイエルンに注意だ!


リヴァプールは、バイエルンに詳しい人物を抱えており、有利とみられている。


リヴァプール対バイエルンの試合は1981年以来となっており、その当時は、バイエルンが準決勝で1:1の後で敗れている。しかしリヴァプールはこんな昔の記憶に頼る必要はまったくない。


なぜならユルゲン・クロップのチームにはかつてミュンヘンで働いていた人物がいるからだ。少なくとも3人はバイエルンに非常に詳しい。


スポンサーリンク


▶フィットネス・コーチ、アンドレアス・コルンマイヤー

コルンマイヤーは2016年にバイエルンからリヴァプールに移籍している。コルンマイヤーはそれ以前6年間もバイエルンで働いており、今でも多くの選手を知っている。



▶栄養士モーナ・ネンマー


この栄養士はクロップの下で栄養士長を務めるが、カフェイン入りのリンゴジュースは特別だ。モーナも2016年にバイエルンからリヴァプールにやって来ているが、彼女はグアルディオラの下で3年間働いている。現在世界で最もダイナミックなリヴァプールのチームはコルンマイヤーやモーナのおかげでもある。


▶シェリダン・シャキリ

シャキリは2015年までバイエルンでプレーしており、控室がどうなっているのかよく分かっている。彼は現在バイエルンにいる13人の選手と共にプレーしており、このスイス人は最近はリヴァプールで活躍しだしている。



クロップはバイエルン・スパイについて:“モーナ、コーニー、シャキリにとっては素晴らしい機会だね。でも最終的にはサッカーだし、プレーしなければならない。非常に興奮しているよ。”と語っている。


クロップ自身もバイエルンはよく知っている。彼はこれまでマインツとドルトムントを率いて29回バイエルンと対戦しているが、9回勝利している。


最近では、アウディ・カップでバイエルンに3:0で勝利している。“もちろんドイツサッカーについてはほかのどのリーガよりも良く知っている。でもだからといってそれが違いを生み出すわけではない。”とクロップは語っている。





以上です。

リヴァプールがバイエルンから二人もスタッフを獲得していたのは興味深いですね。ミスリンタートのアーセナル移籍もそうですが、選手だけでなく、多くの人々がプレミアリーグに流れているようですね・・。やっぱりプレミアリーグの方が給料も良さそうですからね・・。

ブンデスリーガはなんとかして優秀な人材の流出を防がなければなりませんね。まあ今回の二人がどのような経緯でリヴァプールに行ったのかはわかりませんが・・。



[ 2018/12/18 21:09 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
 グローバルな時代ですからね。ブンデスリーガにもドイツ国外から多くの人材が来ているわけですし、スタッフ流出はそれほど心配することではないかな。経営側の優秀な人材を次々と引き抜かれたら怖いですけどね。
 バイエルンはグアルディオラの時期に内部で揉めてましたから、それで色々あったかもしれない。
[ 2018/12/19 00:54 ] [ 編集 ]
16年というとアンチェロッティの関係者(息子や娘婿)がアシスタントコーチ、フィットネスコーチや栄養士で入って来た時ですね
思い出したくない暗黒時代
[ 2018/12/19 17:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。