ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!宇佐美先発デュッセルドルフに敗れ、今期リーガ初黒星!《ドイツの反応》

【ビルト】


usami3.jpg

フォルトゥーナがファヴレにカウンター!


ドルトムントは、これまでリーガ15戦無敗だったが、16試合目にして初黒星を喫した。昇格チームのデュッセルドルフを相手に1:2で敗れたのだ。


フォルトゥーナがファヴレとBVBにカウンターをくらわしたのだ!


すでにバイエルン戦(3:3)でも見せたように、フンケル監督は非常に守備的な戦術と、前にドディ・ルケバキオを採用した。このベルギー人は2:0で勝利したフライブルク戦ではスタメンではなかったが、ドルトムント戦では再び起用されている。

スポンサーリンク



その計画とは:ワントップのルケバキオが何度も裏抜けを狙い、カウンターでドルトムントを苛立たせることだ。そしてこれが本当にうまくはまっている。


16分にはロイスが先制点をあげたかに見えたが、これは得点にならなかった。プリシチがオフサイドの位置にいたためだ。そしてデュッセルドルフがより良い攻撃を見せる。シュテーガーがルケバキオに縦パスを送ると、ディアロとアカンジを交わしてゴールしたのだ。


昇格チームが、首位チームをリードすることになった。


それどころか38分には2:0となるところだった。シュテーガーが宇佐美にパスする。宇佐美はどうにかしてボールを2メートルの所からゴール左に押し込もうとしたが、惜しくもそれはならなかった。


ルシアン・ファヴレは内転筋を負傷したアカンジに代えて後半からトプラクを起用する。


0:2の場面ではドルトムントのセンターバックは失点に関与していない。宇佐美がツィンマーにパスをすると、彼が20メートルの距離からゴールを決めたのだ。この夢のようなゴールでデュッセルドルフが2:0だ。


ファヴレはサンチョとアルカセルをラーセンとディレイニーの代わりに投入し、ドルトムントもより圧力をかける。しかし良い守りをするデュッセルドルフに対して、攻め手を見つけることができない。しかしピスチェクがクロスを上げると、アルカセルがヘディングで一点を返している(80分)。


しかし同点にするには至らなかった・・・。


フォルトゥーナはこのような状態を見せることができれば残留する可能性は残されているだろう。土曜日には最下位のハノーファーと対戦する。


一方ドルトムントは金曜日にグラートバッハと対戦するが、これでドルトムントが敗れると、急に優勝争いが緊迫したものになるだろう・・・。




以上です。


まあいつかはこんな日が来ることは分かっていましたが、まさか昇格チームのデュッセルドルフに敗れるとは・・。


やはりあんなにしっかり守られると、中央からの攻撃がないだけに、きつくなりますね。サンチョやプリシチも数人でしっかり守られていましたね・・。



宇佐美選手には1アシストが付きましたが、次のハノーファー戦では残留に向けて望みも出てきましたね。ドルトムントとバイエルンから勝ち星を獲得するという、面白いポテンシャルがありますので、後半戦は面白くなりそうです。






[ 2018/12/19 09:54 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(18)
やっぱりドン引きカウンターに弱いですね
ポゼッション率が70%を超えるとうまく対応されてるなと感じます
[ 2018/12/19 10:49 ] [ 編集 ]
宇佐美頑張ってた
でもSNSなどで一部の日本のドルトムントファンが宇佐美を馬鹿にするような発言をしていて、非常に気分が悪かったです
海外クラブを応援する日本人が日本人選手を見下す風潮はどうにかならないものかと思いますね
[ 2018/12/19 11:02 ] [ 編集 ]
裏でボルシアMGがシッカリ勝ち点3を獲得してますね
中央からの攻撃を得意とする戦術なのでヴァイグルや香川のような試合にアクセントをつける選手は苦手なんでしょうかねファブレ
[ 2018/12/19 11:09 ] [ 編集 ]
宇佐美がんばれ!
[ 2018/12/19 11:18 ] [ 編集 ]
いつかは負けるのでそれは気にする必要はないですね。ただドル対策はこれから各チームもして来ますから後半戦はより攻撃もバリエーションが欲しいです。現代サッカーは戦術も大事ですからね。それにしても次の試合は勝ち点差を広げるのか縮められるのか面白くなりそうです。
[ 2018/12/19 11:54 ] [ 編集 ]
やっぱりドルトムントは何だかんだ勝ってけど
何か足りない感じがいつもあったからね
個人頼りでずっときてたから後半からはこんな感じに負け試合増えると思うわ
あの監督じゃシーズンもたないよ
[ 2018/12/19 12:03 ] [ 編集 ]
ルケバキオはバイエルン相手にもハットトリック決めてましたが、物凄いスピードですね。
ロイスの先制ゴールが認められてたら違った展開だったでしょうけど。
あの激しいプレスとスペースの無い中でも物凄いスピードで決めたのを見てシビれたのですが。
しかしプレミアリーグ並みのバチバチな戦いでタフじゃなきゃ戦えませんね。
宇佐美は明らかに戦える選手に変わってましたよ。
ちゃんと努力すべき方向性が分かっているから監督から起用されますよね。
[ 2018/12/19 12:19 ] [ 編集 ]
香川選手を使わないで何をやってるんでしょうか。
[ 2018/12/19 15:10 ] [ 編集 ]
確り守ってカウンターで得点とかポカール初戦のグロイター・フルトが示してたし、ハノーファもやってたのにね
レヴァークーゼンやバイエルン見たいに中途半端に前に出て行くとやられる
[ 2018/12/19 16:21 ] [ 編集 ]
テクニックのみで対人が弱い選手、戦えない選手は改めて厳しい時代になった事が分かりますね。
プレス掛けられて孤立させられますから。
ヴァイグルらはやはりもう今のサッカーには厳しいです。
[ 2018/12/19 17:32 ] [ 編集 ]
ヴァイグルら以外の選手でやってて負けてますけど。
[ 2018/12/20 07:36 ] [ 編集 ]
強い中盤と速いサイドアタッカーがトレンドなのはあると思いますが、より強いチームになる為には多様性も必要ですね。現代サッカーでは戦術がより重要性を帯びているので試合中にも修正する必要がある。なので監督も色々なタイプの選手を使えた方が有利だと思います。
[ 2018/12/20 11:48 ] [ 編集 ]
ヴァイグルらが出てた昨シーズンがダメダメで、今季はまだたった1敗の首位なのです。
[ 2018/12/20 15:25 ] [ 編集 ]
あのさ、強い速いの対策されてんのスルーしない方がいいと思うけど。なんで降格争いのデュッセルドルフに負けたわけ。強い速いの対策は前からされてたけどね。テクニックは必要ない強い速い選手だけで頑張ってください。
[ 2018/12/20 17:18 ] [ 編集 ]
ヴァイグルらを「テクニックのみで対人が弱い選手、戦えない選手」ですって
本当のドルトムントファンおよび試合観ているんだろうか。。
的外れもここまで来ると妄想の域ではないでしょうか、理由もなく説得力にかけますし
この2つのキーワードはマスコミが言い掛かりで良く使う言葉で、どういう立ち位置にいる方なのか容易に想像できます
建設的な意見ではなくただの中傷になっていますね
[ 2018/12/20 18:15 ] [ 編集 ]
ヴァイグルとヴィツェルを見ればどちらが強靭で存在感があるかは明白。
マークされたら消える、潰されて倒れる、守備で穴になるのがヴァイグル。
マークされ体をぶつけられようがビクともしない、軽くいなして確実に配給する、守備もあらゆる場所に動いて広い範囲をカバーし潰しまくるのがヴィツェル。
ヴィツェルがいると選手が2人増えたくらいに感じるのですよね。
ヴァイグルはもう少し体を大きくしないと厳しいですよ。
現代サッカーの流れは早いですから対応していかないと。
見る側も世界のサッカーを常に見てないと着いて行くのが大変な時代ですね。
[ 2018/12/21 11:54 ] [ 編集 ]
ドルトムントはやはり後半負ける運命なのか…。

宇佐美選手がワールドカップ中にこういう感じだったらと思いますた…。
タイミングとは難しいものですね(笑)



[ 2018/12/21 12:01 ] [ 編集 ]
なんだかヴァイグルが槍玉に挙げられている方がいらっしゃいますね。150分しかプレイさせて貰えない選手とほぼスタメンフルで出さして貰えているヴィッツエルと、二人分ならプレアシストやアシストゴールなんかも二人分の結果が出ているんでしょうかね?
まあいいんですけど後半戦もずっと二人分のヴィッツエルにフルでがんばってもらえば良いですしね。世界のサッカーを常に見ているほど暇ではないのでよくわかりません申し訳ないですが、W杯の日本対ベルギー戦で
日本の10番に軽くいなされていたのは誰でしたかね。確かにどちらが存在感あるかは明白!!笑
[ 2018/12/21 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。