ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB初黒星!ファヴレ「スペースを見つけられなかった・・・・。」敗戦の理由を説明!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

reus9.jpg


ボルシア・ドルトムント!敗戦後の選手コメント!


火曜日の夜、ボルシア・ドルトムントはフォルトゥーナ・デュッセルドルフと対戦し、リーガ初黒星を喫している。


ボルシア・ドルトムントの選手と監督は、自分たちのパフォーマンスに対して批判的な見方をしている。それと同時に二人の選手が、グラートバッハ戦にむけて宣戦布告をしている。



スポンサーリンク


マルコ・ロイス

・ドルトムントのパフォーマンスについて・・・

“絶対に勝ちたいという勝利への欲求が欠けていた。あまりエネルギーを投資しなかったように思う。だからこの負けは相応しい。この敗戦から学んで、より目的に向けてしっかり進まなければならない。”



・敗戦の影響について・・・・


“顔を洗って、先に進むのが大事だ!金曜日には全く別な顔を見せられると確信している。”



ロマン・ビュルキ


・デュッセルドルフの敗戦について・・・


“この敗戦は痛いね。だけど負けに相応しかったと思う。情熱も足りなかったし、エネルギーを投資しなかった。フォルトゥーナの方がツヴァイカンプフでより攻撃的で、流れからチャンスを作れなかった。”



・グラートバッハ戦について・・・


“グラートバッハ戦では、ホームで勝ち点3を絶対に獲得したいと示すチャンスだ。”



ルシアン・ファヴレ


・敗戦の理由について・・・


“デュッセルドルフは非常に守備的な戦術を採用し、ショックを受けた。それによってラインが上がってしまい、彼らはカウンターのチャンスを利用しつくした。そうなると分かっていたけれど、それを防ぐのは簡単ではなかった。後半は少し良くなったが、一度もスペースを見つけられなかった。2:0のゴールは本当に残念だったし、我々にとってはアンラッキーだった。”


・デュッセルドルフでは試合に勝ちたいという意志が欠けていたという批判に対して・・・。


“もうすぐ休暇になるというのが見られたね。ここ半年で沢山プレーしていたし、ほかにも敗戦の原因はある。今日は攻撃と守備のバランスが良くなかった。でもチームは若いし、そこから学ぶだろう。まあそれでも素晴らしい前半戦だったよ。”



デュッセルドルフ監督フンケル


・デュッセルドルフの雰囲気について


“フォルトゥーナのファンはみんな感動しているね。BVBを倒した最初のチームになるのは素晴らしいものだね。それでもたった3ポイントにしかならないわけだけれどね。”


・戦術について


“3:3で引き分けたバイエルン戦とほぼ同じ戦術を採用した。もちろん運も必要だったけどね。ツィンマーの2:0となったゴールは、毎日見られるものではないよ。”




以上です。


しっかり引いてカウンター。ドルトムントはここ数年こういうチームに非常に苦労してたわけですが、これをきっかけにこの戦術をマネするチームも再び増えてくるでしょうね。


昨日は引いて守る10人のデュッセルドルフの選手を、ドルトムントの10人の選手がしっかり囲むような場面が見られましたが、中央に誰も選手がいないのがあまりにもはっきりしていて少し驚きました。


中央から攻めてこない(もしくはあまり怖くない)のが分っているので、相手もプリシチやサンチョに人数をかけやすくなっていましたね。中盤をかき回せそうなダフードも昨日はベンチに入っていませんでしたし・・。


グラートバッハ戦で敗れると一気に3ポイント差に縮まってしまいますから、次は勝ってほしいですね・・・。




[ 2018/12/19 18:13 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(18)
2列目はロイスを含め基本的にはサイドの選手達なんですよね。なので香川のように真ん中でスペースを作れる選手も必要なんだと思います。まあ香川はいなくなるのでファブレがどうにか考えるでしょうが。
[ 2018/12/19 18:41 ] [ 編集 ]
香川選手がいれば結果は間違いなく変わってましたね。
残念ですが彼の心はドルトムントにありません。今から頼っても遅いですよ。
[ 2018/12/19 18:53 ] [ 編集 ]
>中央に誰も選手がいないのがあまりにもはっきりしていて少し驚きました。

それこそ香川が一番得意なのにね…サンドイッチのソーセージだったっけ?クロップが香川のポジショニングについて言ってたよね。ディフェンスラインの間で受けられるのは香川の凄いところだと…
[ 2018/12/19 18:58 ] [ 編集 ]
ご自慢の旨い安い早い(でしたっけ?)もスペースがないと何も出来ないというね、、、
あとプリシッチ選手、もはや心はプレミアリーグといった感じで
ドルトムントで試合に出てもモチベーションが上がらないのではないでしょうか
[ 2018/12/19 19:53 ] [ 編集 ]
あまりに勝ち過ぎて勝利に対する飢えが減ってましたね。
強者ゆえだと思います。
相手の熱量も物凄かったですから。
ダフードをベンチに置いて起用して欲しかったですね。ゲレイロもですが。
アカンジの怪我で早々交代カードが潰れたのが痛かったですね。
[ 2018/12/19 19:54 ] [ 編集 ]
ドルトムントは中盤の選手にテクニシャンが多くて中盤戦勝てないのが問題だとシーズン前はは言われてた記憶がありますが、今度は香川やヴァイグルといったテクニックがあり変化をつけれる選手がいなくなりましたよね。
今回の様に対応されたら厳しい後半戦を過ごすことになりそう。
[ 2018/12/19 20:42 ] [ 編集 ]
同じパターンの攻撃はレベルの低下したリーグ戦では通用したが、アトレティコは直ぐに対応してリベンジしてるし、リーガ2のチームなんかは引いて守って強く当たって互角に戦ってたしなー
[ 2018/12/19 20:55 ] [ 編集 ]
中央からの攻撃がないのは開幕当初から顕著でしたね、ロイスを中央で使うっていうのはこういう事です。
反対にバイエルンは4231にしてミュラーをトップ下で使い始めてボールが回り始めました。
ロイス使うと2トップになり、サイドに流れるから中央ガラ空きになるんですよね、香川を要求している人はサイド攻撃ばかりのドルトムントに退屈してるから、香川を希望するのだと思いますよ。
フランクフルトもサイド攻撃に偏りますが、前線の3人と中盤の選手が攻撃にアクセントを作って面白い試合してます。
さて、ドルトムントは今後どうするのでしょうか? ローテーションは必須ですよ、再びいつもの3人を固定で使い始めたらシーズン終盤は疲労して優勝もポカールもCLも負けだすでしょうから、選手に出場のチャンスを与えて乗り越えてほしいものです。
[ 2018/12/19 21:14 ] [ 編集 ]
ナメていた。
ボール持たしたら自陣ゴール前から相手ゴール前までドリブルできる宇佐美がいるのに、マイボール時には2バック。これじゃカモにされるし、現にやられていた。
あいつは十代の頃にはなんやかんやいっても最高に認められていたんだ。ドリブルのスキルが異常だからね。ブロックをドリブル突破できるという。だからいきなりバイエルンいけた。今でいえばサンチョより上だったんだから。なのにほとんどマークしてなくて何度もいかれた。カウンターしかやらないつのはわかってたはずなのにみんなで前がかりになりすぎた。本来なら釣りやるべきところを逆にやられた。
まぁどんなクラブでも長いシーズン一度や二度は負けるけど、次は少なくともドローで終わらして欲しいですよ。負けるとお尻に火が付くしね。
[ 2018/12/19 21:52 ] [ 編集 ]
後半戦、香川の不在がじわじわ効いて来そうな予感。
[ 2018/12/19 23:24 ] [ 編集 ]
サンチョ、パコ、ゲレイロ
やはりこの主力3人の不在が大きかったですねぇ。
シュメルツァーとハキミもレベルが段違いですし。
完全に次節の大一番に目が行ってしまってましたね。
次はベストメンバーが見られるでしょう。
途中から入ったサンチョ、パコはやはりさすがでしたね。
しかしここまで負けなしだったとは、本当に驚異的ですね。
欧州4大リーグで今負けなしのチームはリバプールとユベントスのみですから。
素晴らしいチームです。
(マンチェスターシティはドルトムントと同じ1敗)
[ 2018/12/20 03:48 ] [ 編集 ]
サンドイッチのソーセージ確かに言ってましたねクロップが、今思うとトゥヘルもそういう香川の強みわかってIHだけでなく本来のトップ下に戻してくれたのかなぁって思います。
まあ香川は冬で移籍して行くので、ロイストップ下は自ら志願したとの事、いろんな意味で楽しみですね。バイエルン勝ちましたね
[ 2018/12/20 06:55 ] [ 編集 ]
主力不在というより同じタイプばかりなので、戦術の引き出しが少ない。パコをスーパーサブにしなければ流れも変えられない。対策されて来るとどうかなという感じです。強い速い上手い選手だけでは難しい時期も来ます。単調だからです。やはり引いたり押したり出来るチームが強いと思います。試合の流れを読める選手が必要です。
[ 2018/12/20 10:33 ] [ 編集 ]
こういった強度の高い試合だと、ゲッツェやヴァイグルみたいなタイプは尚更出る幕は無いですね。
対人が強く無いと、ボールをロクに触れませんから。(テクニックを出させてもらえず消える)
[ 2018/12/20 15:51 ] [ 編集 ]
>こういった強度の高い試合だと、ゲッツェやヴァイグルみたいなタイプは尚更出る幕は無いですね。

強度強くは見えない試合。むしろドン引きカウンターにやられた。
ドン引きした相手に対して、スペース無くても出来る選手、アイディア有る選手が必要だったって話でしょ。
[ 2018/12/20 16:14 ] [ 編集 ]
シティサポの前でそれ言ってみていただきたいところ。
[ 2018/12/20 17:08 ] [ 編集 ]
他のリーグと比べてもね、、
特にプレミアなんてリーグ内で強いチームがいくつもあるんだから
あんな環境と同じレベルで語ったらプレミアに失礼だよ
あんな高いレベルの試合なんて無理なんだから
ブンデスはブンデスで地道に頑張るしかない
[ 2018/12/20 18:31 ] [ 編集 ]
12/20 15:51
今回の試合が強度の高い試合?
ただ単に対策されただけですよ、中盤の攻めに引き出しがなく横にはたいてサイド任せなんでちょっとマークつけて守ろうと思えば難しくない、挙句SBも上がる為左右に振られると対応できなくなるのなんか誰でもわかるレベル
攻めも守りもワンパターンで良く今まで勝ててたってレベルですよ、ローテ下手なんです後半戦総崩れしてもおかしくない
[ 2018/12/20 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。