ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マンチェスター・ユナイテッド!冬に元バイエルンのドゥグラス・コスタを獲得か?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

costa2.jpg



マンチェスター・ユナイテッド!冬に元バイエルンのドゥグラス・コスタを獲得か?



ホセ・モウリーニョ監督の解任が大きな話題となっているが、その話題の影で、ユナイテッドは冬の補強を計画しているようだ。そしてどうやらそれには元バイエルンの選手が関係しているようだ。


“サン”が報じたところによると、ドゥグラス・コスタがマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する可能性があるとのことだ。

スポンサーリンク



このブラジル代表選手は、現在イタリアのユベントスでほとんど出番がない。クリスティアーノ・ロナルドが移籍してきて以来、第2、もしくは第3の選択肢となっているのだ。これまでのリーガ16試合で先発出場したのはたった3試合だけだ。彼は2015年から2017年までバイエルンでプレーし、リーガ2度優勝、そしてポカールでも優勝していたが、最終的に4000万ユーロでイタリアに移籍していた。


すでに冬にコスタを獲得することはモウリーニョ元監督とも話されていたとのことだが、クラブ幹部とモウリーニョの間では移籍政策をめぐって常に争いが起こっていた。





以上です。

今のバイエルンを見ていると、コスタがいれば、バイエルンはもう少し世代交代がうまくいったかもしれない、と思ってしまいますね。


コマンやコスタ、キミッヒを起用したグアルディオラはやはり先を見る力がありますね。アンチェロッティに代わってから、ベテラン・スター選手を優遇するような流れに戻ってしまいましたからね・・・。





[ 2018/12/19 21:01 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(7)
物凄い選手ですよね。
彼はメガクラブがふさわしいです。
個がズバ抜けているのでどのクラブも欲しがるでしょう。
[ 2018/12/20 04:19 ] [ 編集 ]
マンUよ、そこの補強で本当に良いのか?
[ 2018/12/20 11:44 ] [ 編集 ]
やはりどんな良い選手でも監督との相性はありますね。
[ 2018/12/20 11:51 ] [ 編集 ]
選手を見る目が無さすぎますね。
フェライニを出して、ポグバやマタをベンチ。
サンチェスまで腐らせる。
若手は一向に成長しない。
監督としては終わりでしょうし酷いとしか言えません。

見事なチームを作り、選手をみんな輝かせ、首位に君臨しているドルトムントのファブレを見習って欲しいものです。
[ 2018/12/20 15:46 ] [ 編集 ]
ファブレだって選手みんなを輝かせてはいないでしょう。
ヴォルフやフィリップ、ラーセン、ヴァイグル、ダフード… それにプリシッチとゲッツェも輝いているとは言い難いです。
[ 2018/12/20 16:52 ] [ 編集 ]
いや、モウリーニョへの批判は理解出来ますがポグバはベンチに値するプレーしかしてませんがね
規律も乱してますし
フェライニは重要な仕事をしてサブでも腐らず準備してくれてるのでその言い草は引っかかります
サンチェスまで腐らせるのではなくサンチェスは腐ってるんです試合見てないんですか?

>若手は一向に成長しない。
リンガードもリンデロフもかなり成長したでしょ
ショーも精神的に強くなりサッカーへの向き合い方も変わりましたし
マルシャルも良くなって来てましたしね

ファーガソン退任以降最高の成績とタイトルを齎してくれたのは事実ですし
低迷はファーガソン晩年の溜めた毒が原因でもあります
フロントの計画性の無さも大問題です
2年目の終盤~3年目の失速であまりにも叩き過ぎだと思いますよ
1年目と2年目の終盤までは本当に期待できる流れだったので
[ 2018/12/21 03:04 ] [ 編集 ]
これでポグバやサンチェスも残留し、再び輝き出すかもしれませんね。
モウリーニョの時代はとっくに終わっています。
インテル時代までは最先端でしたね。
[ 2018/12/21 11:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。