ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレ監督!敗戦後、記者にミスを指摘され苛立つ!《ドイツの反応》

【Welt】

favre8.jpg


ファヴレ監督、記者にミスを指摘され苛立つ!



ドルトムントは昇格チームのデュッセルドルフを相手に今シーズン、リーガ初黒星を喫した。その原因はルシアン・ファヴレ監督がローテーションをし過ぎたことが原因だ。しかし彼は自分の起用法を正当化している。

この話題はルシアン・ファヴレにとっては気に入らなかったようだ。“選手の負担と疲労が大きいことを想像するのはそんなに難しいかい?”とファヴレ監督は、今日の起用法を後悔しているか?という質問に対して答えている。

スポンサーリンク




彼はこの起用法にはまったく後悔していない。それどころかむしろその反対だ。“今日の試合で二人のディフェンダーが負傷した事には気が付いたかい?アカンジもアウト、ディアロもアウトだ。だから時にはローテーションが必要なんだ。”とファヴレは語っている。

ファヴレは今シーズン初黒星に対して腹を立っている。内容は敗戦に相応しいものだったが、決して必然ではなかったのだ。“リーガ初黒星を受け入れるのは難しい。でもそれもサッカーだ。”と監督は語っている。実際、今の順位を考えれば、この負けは大ごとではない。だれもBVBが一度も敗れることなくシーズンを過ごすとは考えていなかったのだ。しかしデュッセルドルフ相手に負けるとは?これも誰も考えていなかっただろう。


デュッセルドルフ戦では、早い段階で守備と攻撃のバランスがおかしいことがあきらかとなっている。新鮮さが足りなく、攻守の切り替えは非常にもたついていた。ないよりも頭の切り替えがうまくいっていないように感じられた。


“デュッセルドルフのカウンターが良いことは分かっていた。それは早い段階で明らかになっている。それは分析していたが、ボールローストにはもっと前もって対処しなければならなかった。”とファヴレは語っている。22分にはディッセルドルフのルケバキオが得点を挙げているが、その時点でディッセルドルフはすでに4本もシュートを放っていたのだ。


試合はファヴレがサンチョとアルカセルを投入してから、ようやく少し良くなってきた。しかしその時点ですでに2:0とリードされていたのだ。アルカセルが81分にゴールを挙げるも、同点にするには至らなかった。


マルコ・ロイスは試合後に、“試合に絶対に勝ちたいという欲求が欠けていた。”と語っている。ドルトムントが壁のようなディフェンスを相手に試合をするのは決して初めてではなく、フライブルクやマインツを相手にはしっかりと勝利を収めていた。しかしこの日のクリスティアン・プリシチとブルーン・ラーセンには相手のスペースを切り裂く力がなかった。


キーパーのビュルキも、“僕たちは負けに相応しかった。デュッセルドルフのような情熱が足りなかった。”と語っている。


おそらくサンチョやハキミ、それから最近好調のゲレイロを起用していれば、結果は違ったものになっていただろう。しかしファヴレはそれについては全く考えたくもなかったようだ。


当然ファヴレは次のグラートバッハ戦の事を考えてローテーションをしているわけだが、今回のローテーションをミスというのは正当な考えだろう。それだけに監督は記者の質問に対して余計に苛立ったに違いない。



グラートバッハ戦では、再びベストなメンバーで臨みたいところだが、ディアロとアカンジが負傷で欠場となる。




以上です。

ローテーションに関する議論は絶えませんね。ローテーションして負ければ批判されるのはいつものことです。

全体的にみれば、ここで無理にローテーションをする必要はなかったように思いますね。少なくともハキミやゲレイロはプレーさせたほうが良かったように思います。疲労もまだそれほど溜まってはいないでしょうし。


ローテーションというのであれば、むしろ普段からもう少しスムーズに選手を入れ替えしてほしいですね。もう少しラーセンとプリシチを入れ替えるとか。1試合で1,2のポジションをうまく入れ替えてほしいですが、ファヴレのローテーションは、この間のモナコ戦やポカールのベルリン戦のように割と極端ですからね・・。個人的にはAチームとBチームができないようにローテーションするのが理想ですね。BVBの戦力を考えたら決して不可能ではないと思いますが・・・・。









[ 2018/12/20 19:15 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(12)
今年のブンデスは面白い。上位チームはどの試合も面白く見てます。フランクフルトとバイエルンが特に面白い。バイヤンが不調だったせいで、今はインテンシティ高い試合してます。ドルトムントは試合に勝ちたいならこまめにローテーションですね。今回ガラッと代えたのは移籍要求されてるんでしょう。それも使わなすぎな監督に原因がありますが。
[ 2018/12/20 19:33 ] [ 編集 ]
日曜から休みなのになんでローテしたのかね?
まぁ優勝するなら2つか3つ負けられるし、CL圏内なら5つ6つ負けられる。負けてないから余裕かましたらガツンとやられたというところかな笑
とはいえ、次は絶対に負けられない。負けたらメングラもだけど多分バイエルンとの負け数の差が1つになる。
これは絶対によろしくない。
フィッツフェルトが言った通りになる可能性が出てくる。
[ 2018/12/20 20:01 ] [ 編集 ]
アカンジ、ディアロが負傷したなら、怪我明けだったのに起用過多で再び負傷させたんだろうが
都合が悪いと故意的な起用法を棚上げして滑らかに口が動く奴だな
[ 2018/12/20 20:30 ] [ 編集 ]
シャルケ戦から中2日、中3日の試合が続いてましたから、さすがにどこかで落としますよね。
結果的にW3L1なので上手くはやってると思います。
[ 2018/12/20 21:07 ] [ 編集 ]
>個人的にはAチームとBチームができないようにローテーションするのが理想ですね。BVBの戦力を考えたら決して不可能ではないと思いますが・・・・。


ごもっともです。
少し前のそうしていた時期の方が強かったですし、ラーセンなんかももっと気持ちが乗れるのではないかと思います。
がっちりとしたベストメンバーを決めない方がいいですね。
戦力を均等にするために。
その方が切るカードも多彩に感じられます。
[ 2018/12/20 21:13 ] [ 編集 ]
ファブレはいかにもローテしますというローテの仕方をしますが今回はそれほどしてる感覚は本人的には無かったのではないですか。スタメンもシュメ以外は普段から使ってるメンバーですし交代でパコやサンチョも出してますから。しかし思いの外上手く行きませんでした。それは対策されて来ていることも影響してると思います。いつも後半勝負が上手く行くとは限りませんね。
[ 2018/12/20 21:40 ] [ 編集 ]
ローテーションを非難するつもりはない。
だけど、今までがローテーションで疲労感とモチベーションの管理が出来ていたとは思えませんね。
相手次第でもっと小まめに入れ換えたり、それに応じて戦術の幅を増やすとか、色々出来る試合もあったように思います。
もちろん、そうしていたら今ほどの勝ち点は築けて無かったかもしれませんが、大崩れする事もないと思うんですよねぇ。
今のBVBは突然勝てなくなるって危うさがあるように思います。
[ 2018/12/20 21:54 ] [ 編集 ]
ローテーションが下手すぎます。
戦術的なローテーションや選手起用があまり見られませんよね。
パコのサブくらいで。
よくなければ次々にベンチ、スタンド送りに。
スタメンサブで起用される選手も日増しに限定されてますから、このままでは後半戦苦戦しそうな気がします。
[ 2018/12/21 06:33 ] [ 編集 ]
批判はただの結果論ですね
ロイスのゴールが不運な形で取り消されてなければ
いつも通り勝ってたでしょうね
[ 2018/12/21 08:46 ] [ 編集 ]
ロイスのゴールが決まってたらは関係ないと思う。ラッキーゴールが決まってた時にはどんな形であれゴールはゴールみたいに言ってたじゃん。現実は負けて負傷者が出た。負けた時だけたられば言わないでもらいたい。少なくともローテが上手く出来てればDF三人も負傷しなかったと思います。誰がローテ決めるの。監督の責任じゃないんですかね。モチベ維持できてんのはいわゆる変えが効かない強い速い選手だけじゃないかと危惧します。
[ 2018/12/21 19:19 ] [ 編集 ]
変えが効かない選手だけでやっていって後半戦がどうなるかでしょうね。勝ってるんだからいいんでしょうけど、リザーブ専門みたいになってしまっている選手へのフォローは大丈夫なんでしょうかね。実力があるなしで仕方ないのかもしれませんがダフードやウォルフあんなに試合に出していたのに、2人だけじゃないですがスカウトされ移籍してきた選手ですよね。
チームというのは変えの効かない選手だけで成り立っているわけではないと素人考えですが思います。試合に出さないなら出せないなら移籍希望している選手には拒否などしないでほしいですね
[ 2018/12/22 07:05 ] [ 編集 ]
皆さんのおっしゃった通りローテーション失敗なんじゃないかなと私も思います。12月まで持てばという計算もあったかもですが今のままだと例年の恒例行事、後半崩れる可能性が高くなると思います。
[ 2018/12/22 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。