ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アーセナル!エジルが起用されなくなった理由とは?!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】


ozil3.jpg

アーセナル!エジルがウナイ・エメリ監督に起用されなくなった理由とは?


ここ1月でたった2試合。メスート・エジルはアーセナルで非常に難しい時期を送っている。FCサウザンプトンではたった20分だけプレーしているが、ポカールのトッテナム戦ではベンチ入りすらしていない。ウナイ・エメリ監督はこの元ドイツ代表選手の役割について語っている。


エジルにとって苦難の時期が続いている。アーセナルはポカールでトッテナムに0:2で敗れたが、彼はそれをスタンドから観戦しなければならなかったのだ。

スポンサーリンク



“戦術的な理由によるものだよ。今日の試合でプレーした選手が最高の選択だったんだ。”と監督はエジルをベンチ外にした理由をクラブホームページで説明している。エジルは12月に入ってから腰を痛めており、3試合はそのために欠場している。いずれにせよ彼はサウザンプトン戦で20分プレーし、さらにヨーロッパリーグでほとんど重要ではないカラバグ・アグダム戦でもプレーしている。


この元ドイツ代表選手に関しては、ここ数週間何度も移籍が噂されている。エメリ監督はエジルの将来に関する質問はさらりとかわしている。“次のバーンリー戦ではどの選手もトレーニングで様子を見る事になる。土曜日の事だけを考えている。”と彼は語った。





以上です。

以前は起用しない理由に、フィジカルのなさを挙げていましたが、トッテナム戦でも戦術的な理由でベンチ外となったようですね。シーズン序盤はうまくいっているように思いましたが・・・。
最近はスピードがあって個人でドリブル突破で状況を打開できる選手が重宝されていますが、これも時代の流れなのでしょうか・・。





[ 2018/12/21 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)
今季はエジルの他にもセスク、イスコ、ハメスなど10番タイプの選手は結構苦労してますね
香川選手も負けないで欲しいです
[ 2018/12/21 09:19 ] [ 編集 ]
アーセナルも上手く選手の入れ替えが成功しましたからね。
もう運動量がない、チームとしては穴になってしまうエジルには居場所はどこにもないですね。
ラムジーもチームに全くフィットしていないので同じ事が言えるでしょうが2人ともオファーはまだまだあるでしょうから移籍でしょうね。
[ 2018/12/21 09:35 ] [ 編集 ]
ゲッツェヴァイグル香川が出番を失ったことと同じことのように思えます
そのポジションや役割に求められる運動量スピード強度などが足りなければどれだけ技術があっても居場所を失ってきています
その逆もしかりでトップレベルで技術や視野のマイナスをフィジカルて補うような選手も高度化した戦術に適応できなくなりつつあります
ハメスやイスコですら出場機会が少なくなっているのですから今後もこの流れは進んでいくかと思いますね
[ 2018/12/21 10:22 ] [ 編集 ]
ドリブル突破が云々の前に守備力と攻守の切り替えが速くないからと難点と思ってるサポが多いようですね
インテルとかの噂がありますがどうなるんでしょう
[ 2018/12/21 10:23 ] [ 編集 ]
戦えない選手に居場所はないということです。
[ 2018/12/21 18:56 ] [ 編集 ]
世界的に中盤はフィジカルが重視される風潮になってきてるからねぇ
ドルトムントでも球際で身体を張れるヴィツェルやディレイニーが重宝されて身体能力で劣るゲッツェやヴァイグル、香川が中盤で居場所を失ったのも同じ理由だと思う
[ 2018/12/21 20:39 ] [ 編集 ]
毎度毎度、運動量スピード強度と同じことばかり言ってますが全く説得力ないですね
もううんざりです
[ 2018/12/21 21:16 ] [ 編集 ]
的外れといってもそれが世界的な潮流で実際にそうなっているのですから具体的な反論もなしにそう言われても困ります
いい技術や才能を持っていても身体面で求められるものを満たせないのはもったいないということなのですがなぜ現状を言うとここでは誹謗中傷しているかのように言われるのでしょうか
[ 2018/12/22 08:34 ] [ 編集 ]
欧州サッカーの様々なチームを見ていればもはや常識ですよね。
とんでもなく進化のスピードが早いので、見る者も付いて行けてない人が沢山いるのは分かりますけど。
[ 2018/12/22 22:16 ] [ 編集 ]
エジルは今日はスタメンで良い動きしてるよ。怪我明けでコンディション悪かったのも有るのかもね、だんだんパフォーマンス戻ってきてるよ。
ビルトの記事は煽りも有るから…
[ 2018/12/22 23:06 ] [ 編集 ]
たま〜にしか見ない人は知らないのでしょうが、その好パフォーマンスが続かないのがエジルなのですよ…
何度も何度も繰り返される…
[ 2018/12/23 12:28 ] [ 編集 ]
ヴァイグルはアンカータイプだしゲッツェや香川はそもそもボランチではない、IHとしてはやれてたので戦術的なポジションの問題だと思います。
そうなるとトップかトップ下しか空きは無いわけでゲッツェはパコのサブとして居場所を見つけ、香川はドルの王様ロイスとポジションがかぶり追いやられただけです。
[ 2018/12/24 08:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。