ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バルセロナ!デンベレ!!友人に毎月1万5千ユーロを支払う!!仕事はデンベレを楽しませること!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

dembele3.jpg


まったくもってクレイジー!!
デンベレー!友人に毎月1万5千ユーロの支払い!

ウスマン・デンベレーはバルセロナで新聞の見出しを賑わせているが新たなストーリーが明らかとなっている・・。

スポンサーリンク



“ラジオ・マルカ”が報じたところによると。この元ドルトムントンのスター選手は、彼の親友、ムスターファ・ディアッタに毎月1万5千ユーロも支払っているとのことだ。この二人は子供のことから良く知っており、一歳年下のディアッタはデンベレーの後についてドルトムントにもやってきており、今ではバルセロナにいる。



ディアッタの仕事は簡単だ。彼の仕事はデンベレーを楽しませることだ。彼と一緒にビデオゲームをしたり、フィールド以外で遊ぶアイデアを提供するのだ。これがデンベレーに悪い影響を与えることは明らかだろう。“ラジオ・マルカ”は、デンべレーの周りにはディアッタ以外にももう一人友人がいると報じているが、その友人の名前は出していない。。


デンベレーが2016年にレンヌからBVBに移籍したとき、ディアッタはドルトムントU23のテスト・トレーニングに参加している。いずれにせよ当時のU23の監督、ダニエル・ファルケにとってはディアッタの使い道はなかったようだ。



最近ではデンベレーはスポーツ面ではポジティブな面で注目を集めている。彼は週末に行われたレヴァンテ戦(5:0)でアシストとゴールを記録し、さらに守備でも輝いている。バルサは土曜日にセルタ・ヴィーゴと今年最後の試合を行う。





以上です。



楽しませるために友人に1万5000ユーロも毎月支払うというのは、すごいですね。金額はさておき、その発想がすごいです。これでは、遅刻や食生活などの話題が減らないのもある意味納得ですね。








[ 2018/12/21 13:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
そんだけ友達料を払っているのに…
モーニングコールはオプションなのかな?
[ 2018/12/21 13:11 ] [ 編集 ]
先日の試合解説者によると、一人二人では無いようですよ。「沢山の友人がデンベレに付いてきていて、それが彼に悪い影響を与えている…」らしい。
それだけ自由に遊びながら、あのパフォーマンスだから。真面目に取り組んだらどうなるのか?もしかしたら、ストレスで悪くなるかも(笑)
[ 2018/12/21 13:45 ] [ 編集 ]
 それ本当に友人なのかな? 私なら友人から交際費を受け取ったりしないよ。
[ 2018/12/21 14:16 ] [ 編集 ]
15000ユーロって、15000円くらいか?
[ 2018/12/21 15:02 ] [ 編集 ]
親族雇う選手もいるから、そんな感じでしょうね
有名になると信用できない友人もついて回るから、契約にしておいてプライベートを守ってると考えたらいいんじゃないでしょうか
[ 2018/12/21 17:45 ] [ 編集 ]
15000ユーロは日本円で約190万ですわ。
[ 2018/12/21 18:44 ] [ 編集 ]
パブリックエネミー化してるんで話半分以下に聞いといた方がいいんでないかな
ラテンメディアに事実なんて期待する方がおかしいぐらいだし
[ 2018/12/21 20:53 ] [ 編集 ]
友達に月200万って馬鹿かよ
[ 2018/12/21 21:21 ] [ 編集 ]
月に億稼いでる人にとったら100万って俺らにとっての五千円くらいの感覚かな?
[ 2018/12/22 06:42 ] [ 編集 ]
ベンゼマの友人みたいなのがワラワラ寄ってくる金額だなー
[ 2018/12/22 14:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。