ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アーセナル、冬にエジルのローン移籍での放出を計画中!!!《ドイツン反応》

【ビルト】

osil8.jpg


アーセナル!冬にエジルのローン移籍を計画中!


またしてもメスート・エジルの将来に対する噂が流れてきた。


“タイムズ”報じたところによると、今度はアーセナルがエジルをローン移籍で冬に放出したがっているとのことだ。


エジルは0:2で敗れたトッテナム戦ではベンチにも入っていない。これは彼にとっても非常に痛手となっている。ベンチにはこの元代表選手の代わりに19歳の無名選手、ジョー・ウィロックエディー・ヌケティアが座っていたのだ。

スポンサーリンク



“これは戦術的な決断だ。今日のメンバーがこの試合では最高の選択だった。”とエメリ監督はその決断について語っている。


そしてどうやらクラブはエジルに対して適正なオファーがあれば売りに出したいと思っているようである。彼の給与にかかる分を減らし、さらに新たな選手の居場所を作る事が目的だ。“タイムズ”が報じたところによると、すでにアーセナルは冬の放出も準備しているとのことである。




エジルにはアーセナルでの将来はない?


エジルは今年に入ってから、アーセナルでの契約を2021年まで延長している。メディアの報道によると、彼は毎週40万ユーロも稼いでいるとのことだ。これは一年で約2100万ユーロになる計算だ。彼の給料はクラブでもトップだ。



いずれにせよ、今シーズンエジルは26試合中11試合にしか出場していない。監督の戦術に合わないためとされている。


今シーズンからアーセナルの監督にじゃウナイ・エメリ監督が就任している。それ以来エジルでのアーセナルでの立ち位置は良くない。インランドのメディアが報じたところによると、監督と選手では意見に食い違いがあるようだ。


どうやら移籍が現実的になってきた。最近ではインテル・ミラノがエジルに興味を示しているとされていたが、スポーツビルトの情報によると、アーセナルは2度のオファーを拒否しているとのことだ。





以上です。



最近までは不満をもっているエジルが移籍したがっている、との報道が出ていましたが、今度はクラブが売りたがっているという報道が出ましたね。

契約延長を拒否しても使われる選手もいれば、拒否したとたんに干される選手もいますし、クラブの思惑というのは実に様々ですね。





[ 2018/12/21 19:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
この選手がプレミアで最も給料を貰ってることに驚愕でした。
他のチームメイトは腹立つと思いますよ。
[ 2018/12/21 21:31 ] [ 編集 ]
マンユーのサンチェスの方が給料は高いですよ。高額なエジルをローンとはいえ取るところがあるかといえば疑問ですね。アーセナルが給料の半分でも負担するのなら、わかりますが。マンユー、シティ、チェルシーは給料が他のクラブと比べても高すぎるので、放出もままならないのです。ただし、シティは無尽蔵のオイルマネーがあるから、いらなくなった老兵はお金を付けてローンに出したり切り捨てたりしますが。
[ 2018/12/22 17:46 ] [ 編集 ]
確かサンチェスとは同額でプレミア1位だったと思います。
最新の週給リストを見ました。
[ 2018/12/22 22:11 ] [ 編集 ]
今日の試合はスタメンフルで3ゴールに絡み、アシストも決めたし、何よりも試合運びが上手いよねエジル。試合の終わらせ方等やはり、速い、強いだけの単純な選手とは違ってたよ。
怪我等でコンディション悪かっただけなのでは?ボールの集まり方等見ても、完全に中心選手。本人が望まない限り、移籍は無さそう。
[ 2018/12/22 23:25 ] [ 編集 ]
12/22 23:25
残念ながら、これが続かないのがエジルなんですよ。
少し前にも全く同じ事を言われて、また、です。
[ 2018/12/23 12:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。