ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!フランクフルトに勝利し2位に浮上!BVBとは6ポイント差に!《ドイツの反応》

【ビルト】

riber.jpg


フランクフルト対バイエルン! 0:3


リベリ―、ファンのブーイングに対抗し2ゴール!


フランク・リベリ―のモチベーションを高めるには、ファンのブーイングが最適だ。


このフランス人は、3:0で勝利したフランクフルト戦で活躍し、これによって優勝争いをいくらか緊張感のあるものにしている。リベリーはアイントラハト戦で2ゴールをあげ、さらにラフィニアもゴールを挙げている。

スポンサーリンク



アイントラハトのファンのおかげでリベリーのドッペルパックだ。リベリーが最初のゴールを決めると、その後リベリーがボールを持つ度にブーイングの声が上がった。しかしこのブーイングは逆効果だったようだ。


バイエルンはフランクフルト戦でロッベン、ハメス、グナブリー、ゴレツカ、トリッソ、サンチェス、そしてフンメルスと7人の選手を欠くこととなった。それは影響は試合序盤は明らかだった。フランクフルトの攻撃は素晴らしいプレーをみせ、ノイアーは、開始7分にダ・コスタ、そして8分にはハッラーのシュートをセーブする羽目となったのだ。さらにヨヴィッチが10分に放ったシュートはわずかにゴールをそれている。


バイエルンはこの壊滅的な立ち上がりの後で、開始12分に戦術を変更している。ティアゴに代わってキミッヒが中盤でプレーすると、アラバとマルティネスがそれぞれチャンスを得て、徐々に試合に入ってきたのだ。

フランクフルトは前半は良かったが、それでもゴールをしたのはバイエルンだった。レヴァンドフスキーがPエリア内で相手をかわしリベリーにパスを送ると、リベリーが11メートルの距離から決めたのだ。

さらにフランクフルトにとって運が悪いことに、ガチノヴィッチが43分に負傷してしまったのだ。肉離れの疑いが強いが、彼の代わりにグズマンがプレーしている。


後半にはレヴァンドフスキー、ミュラーがシュートを放つも決まらない。2点目を挙げたのは、この二人ではなくてまたしてもリベリーだ。これでここ3試合で4ゴール目となっている。


アイントラハトは試合終盤にはもう力尽きてしまったが、それでも素晴らしい1年を送ったことには変わりないだろう。





以上です。

バイエルンが調子を取り戻ってきましたね。これで6ポイント差で単独2位に浮上しましたか。こうなるとドルトムントは決して安心できませんね。それにしてもリベリーは凄いですね。







[ 2018/12/23 06:01 ] 未分類 | TB(-) | CM(9)
バイエルンは冬の補強が気になりますね
[ 2018/12/23 06:22 ] [ 編集 ]
バイエルンは今BVBと6ポイント差でBVBが1位なのはその通りなんですが
最近のBVBは勝ちはするけどほとんど1失点してるような気がします
この失点を無くさないと厳しくなってくるでしょう
本当バイエルンは冬の補強次第で侮れない相手ですよ
[ 2018/12/23 10:14 ] [ 編集 ]
やはり不気味なのはバイエルンです。底力がありますから侮れません。これからは引き分けでもポイント差は縮まりますから気は抜けません。その上CLやポカールもありますからチームの総合力が問われます。
[ 2018/12/23 10:18 ] [ 編集 ]
結局ロベリーなのよね。
この2人がいなくなる事を考えたら、来シーズン以降ガチでドルトムントの天下が続くかもしれない。
なんか30歳になるマルコ・ロイスにふさわしい人生が整ってきている気がするのですよ。
[ 2018/12/23 12:41 ] [ 編集 ]
フランクフルトは長谷部が怪我してから再びシーブン開始の様に下降してる感じ
[ 2018/12/23 14:12 ] [ 編集 ]
バイエルンは何年かに一度は不調になるけど、補強してまた盛り上がってくる。そして他のクラブは主力が国内外に引き抜かれて天下が続かないんです。
[ 2018/12/23 18:04 ] [ 編集 ]
フランクフルトCLすら狙えそうな勢いだったのにね
長谷部にマンマークつけられてさらに怪我して一気に下降してるね
[ 2018/12/23 20:03 ] [ 編集 ]
この試合はどちらも攻撃的で面白かったですね。バイエルンも補強がうまくいけばもっと拮抗した優勝争いが見られますね。
[ 2018/12/23 21:32 ] [ 編集 ]
フランクフルトのファンは嘆いてそうですね。整える人=長谷部が居ないという不安
[ 2018/12/24 08:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。