ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン監督コヴァチ!「みんな優勝できると思っている!」《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

kovac2.jpg


フランクフルト戦に勝利!

コヴァチ!優勝について語る!


FCバイエルンが再び戻ってきた。フランクフルト戦ではニコ・コヴァチ監督が率いるバイエルンは、ここ数週間の上向きな状態を証明して見せた。それどころか、試合後に監督が優勝について口にしている。


スポンサーリンク



FCバイエルンはアイントラハト・フランクフルトに3:0で勝利し、これで首位のボルシア・ドルトムントとの差を6ポイントに縮めて2位に浮上している。バイエルンは良い気持ちのまま冬休みに入る事ができるようになったが、ニコ・コヴァチ監督の口からは宣戦布告が飛び出している。


バイエルンが不調の時は解任の噂もあったコヴァチだが、試合後に、最終的にはバイエルンが優勝できるか、という質問に対して、“みんなそう思っている。”と答えている。コヴァチはその前に“ここ数週間みんな良いプレーをしているね。差も6ポイントまで縮んでいる。調子が上向きなことはみんな見たと思うし、選手たちも何をすべきかわかっている。”とチームを褒めたたえていた。


バイエルンに対してドルトムントは優勝を口にせず


バイエルンの調子が上向きであるといっても、この前半戦は2010/2011以来最悪の結果だった。それでもトーマス・ミュラーは満足している。“連勝できたし、精一杯プレーすることができた。良い試合だったね。”と語っている。


一方ドルトムントでは監督も選手も、6ポイント差にかかわらず優勝を口にしない。人々はいつも“まだ優勝について語る時期ではない。後半戦は長いしね。”というセリフを聞くことになっている。


またドルトムントのアドバイザーを務めるマティアス・ザマーは、“これで冬休みに入るし、調子が悪くなることもあり得るよ。ロイスやヴィッツェルのような重要な選手が負傷したら、大きな影響を与えることになるだろう。その影響力がどのぐらいかはまだわからないけどね。でも今の段階で優勝が決まったと考えるのは無意味だ。”と発言している。






以上です。


6ポイント差でも優勝を口にするバイエルンはやっぱり不気味ですね。この差はほとんどあってないようなものですね。

ドルトムントにとって大事なのは、この間のデュッセルドルフのような相手に負けないようにする事ですね。こういう相手にポイントを落とすときつくなるでしょう。

いずれにせよ後半戦はこれまでのシーズンよりもだいぶ面白くなりそうです!!







[ 2018/12/23 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
バイエルンの一番の強みは優勝のプレッシャーには慣れてるという事です。前半戦では勝てた試合でも後半戦では取りこぼすこともあるでしょう。それがじわじわと響いてくることがあるのが怖いですね。
[ 2018/12/23 19:37 ] [ 編集 ]
ザマーが言うように主力の怪我ですかね
特に戦術ロイスなんでロイスが怪我したら怖いものがあります
[ 2018/12/23 19:43 ] [ 編集 ]
絶好調のドルトと絶不調のバイエルンで6ポイント差。まぁ後半バイエルンに巻き返される可能性はとても高いよね
[ 2018/12/23 23:05 ] [ 編集 ]
休み明け初戦はレッドブル。宇佐美たちより引いてカウンターもうまいし人数かけてのカウンターのプレスもうまい。フイッニッシャーも強力なのがいる。仮に、ここで負けて裏でバイエルンが勝つと多分追いつかれんでないの?地力は劣るからパコみたいにサブからでて10点みたいなプレーヤーがでてこないとキビシイな、、、
[ 2018/12/23 23:37 ] [ 編集 ]
バイエルンの選手楽しそうにプレイしてるし、ゴールも皆でワイワイ喜んでいる姿見ると、見てる側も楽しいですね。今季はドン引きするクラブがないので余計に面白く感じてのかも。
リベリーもレヴァもミュラーも守備をすごく頑張ってるし、攻撃も見てて面白い。フランクフルトも攻撃が面白かったので見てて楽しい試合でした。登り調子で追う側は気楽ですよ。ドルトムントは数年ぶりの優勝がかかっているので、重圧を感じているのでしょう。今季逃すと来季は難しいので頑張って欲しいですね。
[ 2018/12/24 10:05 ] [ 編集 ]
試合内容が良くないから一気に転落する可能性あり。
[ 2018/12/25 00:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。