ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァークーゼン!ヘルリヒ監督を解任!後任には元BVB監督のペーター・ボシュ!《ドイツの反応》

【ゴール】

herr.jpg


バイエルン!ヘルリッヒ監督を解任!ペーター・ボシュが後任に!



レヴァークーゼンにとってこの前半戦はがっかりさせるものであった。ハイコ・ヘルリッヒはヘルタ戦で勝利したにもかかわらず、解任されることになった。


ブンデスリーガのレヴァークーゼンがハイコ・ヘルリッヒ監督の解任を発表した。クラブはこの件について日曜日に公式に発表している。彼の後継者はすでに元ドルトムント監督のペーター・ボシュが引き受けることが決まっている。

スポンサーリンク



レヴァークーゼンはここ最近シャルケとヘルタを相手に勝利したにもかかわらず、全体的に弱々しい前半戦の結果としてヘルリヒ監督を解任している。


彼の後任ペーター・ボシュはすでに2017年にレヴァークーゼンと交渉していたとされているが、ボルシア・ドルトムントに奪われてしまった。その結果としてレヴァークーゼンは、それまで2部のレーゲンスブルクで2年間監督を務めていたヘルリヒ監督を招聘ていた。


ペーター・ボシュは6か月もたたずにBVBを首になり、それ以来どのクラブにも所属していなかった。




以上です。

正直このヘルリヒ監督はあまり存在感がありませんでしたね。昨シーズンはそれでもドルトムントとかなりぎりぎりの争いをし、5位でシーズンを終えているのですが・・。後任はペーター・ボシュということで後半戦の楽しみが少し増えました。レヴァークーゼンでも攻撃的なサッカーを採用してくるのか、見ものですね。





[ 2018/12/23 20:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
なるほど。
新生ドルトムントを見て、「昨シーズンの低迷は監督ではなく選手にあり」とハッキリ判断されたわけですね。
メンバーがガラッと変わったことで、汚名も晴らされたという感じでしょうか。
[ 2018/12/23 21:39 ] [ 編集 ]
特にドルトムントのサポってわけでもないから試合数全部は見ないんですが、レヴァークーゼンとの対戦はけっこう好きで以前から欠かさず見るようにしてたので、ボシュ監督はリーガ経験者としてブンデスをもっと面白くしてほしいですね。レヴァークーゼンがまたCL常連になれるよう、今度はぜひ成功してほしい。
[ 2018/12/23 22:22 ] [ 編集 ]
ボシュ監督楽しみですね。変な縛りやしがらみのないクラブでどう采配するのか汚名を晴らすチャンスでしょうかね
[ 2018/12/24 18:26 ] [ 編集 ]
今のドルの面子ならボシュのやり方でもある程度結果は残せていたように思います
[ 2018/12/25 12:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。