ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ローデ!古巣フランクフルトが買戻しを検討!《ドイツの反応》

【Sport.de】


rode3.jpg

フランクフルト!ローデの買戻しを検討!


ボルシア・ドルトムントでセバスティアン・ローデは放出候補となっている。ドルトムントは一日も早くローデを放出したがっているが、どうやらアイントラハト・フランクフルトという受け入れ先を見つけたようだ。



スポンサーリンク



すでに“フランクフルト・ルントシャウ”が報じているが、ローデはフランクフルトの獲得候補に挙がっている。フランクフルトはルカス・トッロが負傷で長期離脱することが決まっており、補強の必要があるのだ。


ローデは2010年から2014年までアイントラハトでプレーし、その後FCバイエルンへと移籍していた。


ローデは現在BVBではまったくプレーしておらず、今シーズンは1度もプレーしていない。この28歳はこれまで何度も筋肉の負傷を繰り返しているが、ルシアン・ファヴレ監督はスポーツ面の理由で彼を起用していない。ローデの契約は2020年までとなっている。


最近ではシュトゥットガルトがローデに興味を持っていると報じられていた。



フランクフルトはこのほかにシャルケのオマール・マスカレルの獲得にも興味を持っているとされているが、アディ・ヒュッターの攻撃的なサッカーにはローデの方があっているのではないかとされている。


それに加えてマスカレルの契約は2022年までとなっている。




以上です。

ようやくローデの移籍も決まりそうですね。フランクフルトだったら、現在の状況を考えると最高の選択肢ではないでしょうか。チームも好調ですし。実際ローデがどのぐらいプレーできるのかを測るのは難しいですが、28歳ですから、まだ大丈夫でしょう。



[ 2018/12/24 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(2)
やはり怪我が多かったのも不遇の一因でしたね。フランクフルトで試合に出られたら良いですね、まだまだやれると思いますから。
[ 2018/12/24 08:10 ] [ 編集 ]
27~30は選手にとっても油ののった一番良い時期だし、起用されず燻っているのも勿体ないので、合いそうならフランクフルトは最善ですから決まって欲しいですね。
[ 2018/12/24 08:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。