ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!アザールの獲得をめぐってすでにグラートバッハと交渉中?!《ドイツの反応》

【Sport.de】


thorgan.jpg

アザール移籍!すでにグラートバッハとBVBが交渉中か?


ここ数週間、ボルシア・ドルトムントがトルガン・アザールを獲得したいと噂になっていた。ベルギーのジャーナリスト、サーシャ・タヴォリエリが報じたところによると、グラートバッハとBVBはすでに最初の話し合いを終えたとのことだ。


まだ意見交換程度の話し合いだとみられているが、それでもアザールの移籍に関する話し合いが行われた可能性は十分にあるとのことだ。タヴォリエリはそのことについてツイッターで発言しているが、ルシアン・ファヴレがアザールの大ファンである事についても言及している。

スポンサーリンク



タヴォリエリは7月後半にすでにアクセル・ヴィッツェルのBVB移籍を言い当てており、彼が情報通であることを証明している。


この発言をうけてイングランドのメディアはあらたにチェルシーのプリシチ獲得の可能性を報じている。


アザールの契約は2020年までとなっており、それはプリシチも同様だ。アザールがブンデスリーガで大活躍なのに対して、プリシチは今シーズンあまり良いプレーができていない。それに加えてプリシチはイングランド行きの希望を公にしている。





以上です。

アザールの噂が出てきましたね。冬の獲得はさすがになさそうですが、夏にはプリシチの代わりに来るかもしれない。

ユース出身のプリシチには残ってほしい気持ちもありますが、今のままだと移籍金が下がってしまいそうですから、本人が移籍希望ならそうなる前に出したほうが良いでしょうね。




[ 2018/12/25 18:14 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
プリシッチは今シーズン確実に年下のサンチョに抜かれたからなぁ。それはクオリティの問題であって試合に出ていないからじゃないと思う。プリシッチが試合に出ていた時も監督の違いはあるとは言えサンチョほどアシストやゴールを頻繁にしてはいなかった。ドリブルで躱すのはいいけどその後の仕上げのプレーになると一気にクオリティが落ちる。ただサンチョが異常なだけでまだプリシッチは若いし環境変えて新たな指導者に出会うことと、新たなお手本となる選手に出会うことで一気に覚醒するかもしれない。今チェルシーはアザールをトップで起用してて、それに伴いウインガーの枚数が不足しているから若くて才能があって実績もあり、且つアメリカ人ブランドのプリシッチは冬に欲しい選手no.1だろうね。FFPの問題もあるだろうし。ドルトムントからするとこの冬に放出するのが1番お金貰えそうだけど優勝争いしてるから少し前のオバメみたいに簡単に放出できないんだろうな。アザール弟が冬に獲得できる算段があるのであれば放出してもいいと思うけどね。BMGが出すかは分からないけどチェルシーとの契約内容次第では意志とは関係無く出さざる負えないってこともあるかも。トルガン アザールが来てくれれば一気にサイドのクオリティは上がるしラーセン使わずに済む。ゲレイロも調子上げてきたし3人の高クオリティのサイドアタッカーが手にできるという理想が現実になればいいなぁ...。
[ 2018/12/25 19:22 ] [ 編集 ]
盤石ですね。
良い選手がいれば良い選手が来てくれます。
ヴィツェル様様。
ロイスや他の選手たちも、そして何と言ってもファブレのおかげですね。
これはドルトムントの時代が続くかもしれません。
[ 2018/12/25 20:18 ] [ 編集 ]
バイエルンとやっていることが変わらないよね
[ 2018/12/25 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。