ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘルPSG!ヴァイグルの獲得を最優先事項に!!移籍が本格化か?《ドイツの反応》


【Sport1】


weigle2.jpg


PSG、ヴァイグルの移籍が最優先事項!



ユリアン・ヴァイグルのボルシア・ドルトムントでの日々はもうすぐ終わるかもしれない。


複数のメディアが報じたところによると、PSGは再びBVBにオファーする意思があるようだ。PSGはヴァイグルの冬の獲得を目指している。

スポンサーリンク


“La Parisien”が報じたところによると、トーマス・トゥヘルはユリアン・ヴァイグルの獲得を熱望しており、その移籍がクラブ最優先事項となったようだ。


さらに“キッカー”もPSGがヴァイグルの獲得に本格的に動き出したと報じている。


すでにヴァイグルもドルトムントからの移籍の希望を明らかにしていたが、いずれにせよミヒャエル・ツォルクはクラブには4人の守備的な中盤選手が必要だとしている。その4人にはヴィッツェル、ディレイニー、ダフード、ヴァイグルが含まれている。巨額のオファーが来た場合、BVBがそれにどう対処するのに注目が集まる。


PSGは選手を放出して、ヴァイグルの移籍金をねん出しなければならないが、じぇジェセとディアッラが放出候補となっている。




以上です。

ドルトムントはヴァイグルの移籍を禁止するとコメントしていましたが、PSGは本気で獲得に動きそうですね。

さすがにヴァイグルがストライキを起こして移籍を強行するとも思えませんが、どのような展開になるか注目です。

ドルトムントとしては守備的な中盤は4人は必要ですが・・。もう少しうまく回せないものでしょうかね・・。 クラブはヴァイグルを必要としていることは確かでしょうが、ファヴレには今後もそんなに使う気はなさそうなんですよね。


[ 2018/12/27 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(18)
是非とも移籍かなえてほしいですね。移籍させないならもっと公平に使ってあげないと、
トゥヘルからしても自分がいた頃はあれだけ活躍してドイツ代表候補でもあったし、それにしてもイサクやトルヤンもそうですが、あまりにも可哀想ですよね。ドルには香川への対応といいがっかりしました。ヴァイグルには頑張って新天地でサッカーしてほしいです
[ 2018/12/27 07:15 ] [ 編集 ]
是非とも移籍かなえてほしいですね。移籍させないならもっと公平に使ってあげないと、
トゥヘルからしても自分がいた頃はあれだけ活躍してドイツ代表候補でもあったし、それにしてもイサクやトルヤンもそうですが、あまりにも可哀想ですよね。ドルには香川への対応といいがっかりしました。ヴァイグルには頑張って新天地でサッカーしてほしいです
[ 2018/12/27 07:20 ] [ 編集 ]
ヴァイグルは本当に勿体ない
ファブレは使わないでしょ
[ 2018/12/27 07:50 ] [ 編集 ]
ヴァイグルに優勝に貢献して欲しい。とか、後半戦は安定した出番の確保を保証する。など上手く説得しないといけないでしょうね…。ヴィツェルが余りにも替えの効かないチームのバランサーだから他でターンオーバーをしても彼はロイスと同様に替えづらいと云うのがファブレの本音でしょうし、またヴァイグルを完全に信頼し切っていない証拠でしょう。プリシッチの件と共にクラブがどう対処するのか興味深いですし、プリシッチの後釜候補は目星がついているのに対してヴァイグルの場合はそれすら情報がまだ出てきてないですからね。放出するならヴァイグルに見劣りしない中盤の選手連れてこないとですね。中々冬に獲得するのは難しいですよ…。
[ 2018/12/27 08:02 ] [ 編集 ]
移籍させて欲しい、なぜヴァイグルこんな扱いなのかまるで分からない
偶に出したと思えばCBってこの年齢でこのクオリティの選手ならPSG以外でま引く手数多でしょうしね
しかしなぜドイツ人の中でヴァイグルだけ守ってもらえないんですかね、前年ぱっとしなかったと言う意見もありますがアンカーのヴァイグルにボール集める癖に前も後ろもボール貰いに行かないんだからそら無理でしょうに
[ 2018/12/27 09:12 ] [ 編集 ]
4人の守備的な中盤選手が必要だとしてもヴァイグルはファブレの中では4番手でしょ
ヴィッツェル、ディレイニーは固定
その次が愛弟子のダフート
若い選手がこんな扱いで我慢するとは思いませんね!その上興味を持たれてるのがスター選手がゾロゾロいる恩師のいるPSG
出してあげるべきです!
[ 2018/12/27 10:17 ] [ 編集 ]
ヴァイグルを使いこなせない監督が悪い
[ 2018/12/27 10:39 ] [ 編集 ]
ヴァイグルは好きな選手ですけど、ファブレがなぜ起用しないのかは正直理解できます…
長所と短所がハッキリしてる選手だから使い方を理解しているトゥヘルの元でプレーして、また代表入りしてほしいですね
本当はドルトムントでいずれキャプテンをやってほしかったんですけども
[ 2018/12/27 11:36 ] [ 編集 ]
惜しいですが恩師トゥヘル監督の元へ行かせてあげるのに賛成。せっかくの才能が勿体ないです。ファブレ氏にはガッカリとしか…。
[ 2018/12/27 12:35 ] [ 編集 ]
香川にしたみたいに,練習に参加させないとかしないといいけど.それだと余計に出ていくか.
[ 2018/12/27 15:42 ] [ 編集 ]
ストライキしなきゃ移籍出来ないならするでしょう
デンベレやオバと違い、ベンチに置かれて飼い殺しにされてるんだから余計にストする可能性が高いと思いますけどねー
もう何年もそうですが、BVBは選手に対するリスペクトがまったくないですし、いい加減ウンザリするのでヴァイグルを解放すべきでしょう
[ 2018/12/27 18:51 ] [ 編集 ]
トゥヘルの下でしか力が出せてないのは課題だと思う
トゥヘルを頼ってPSGに行ったとしてもドルトムント以上に選手にとっても監督にとってもいつでも代えが来るクラブですけどね
[ 2018/12/27 20:41 ] [ 編集 ]
このまま飼い殺しにみたいにされるなら少しでも出場の可能性のあるクラブに移籍させてあげてほしい。トゥヘルの下でしか力出せないなんて決めつけるのはいかがなものでしょうか?本当にドルトムントもそれに乗っかって解ったふりして上から目線で選手下げしている方々にもうんざりまします。香川の帰国してからの表情は晴れ晴れしていますね。今ドルトムントで出場機会を得られずにいる選手たちも使ってあげる気がないのなら解放してあげて欲しいですね。
[ 2018/12/27 21:41 ] [ 編集 ]
今のヴァイグルを飼い殺しというのは違うでしょう
ヴィツェルとディレイニーより優先して使う理由が全くないです。
スタメンで使ってもらったバイエルン戦もはっきり言って酷かった
単純に他の選手よりアピールできてないのでベンチなのは妥当かと
[ 2018/12/27 23:25 ] [ 編集 ]
選手に出場機会を与えないクラブが悪いっていうスタンスの人がいるけど、スタメンに値しない選手を使えるほど今のドルトムントは余裕ないよ。単純にヴァイグルよりヴィツェルやディレイニーの方がスタメンに値するパフォーマンスができているからヴァイグルは満足に出場機会を貰えてない。ベンチに座らされるのは選手にも原因がある。
[ 2018/12/28 08:52 ] [ 編集 ]
12/27 23:25
怪我明けなのに1番強かったバイエルン相手にいきなり出して何も出来なかったから妥当って凄い考えですね
そもそもヴァイグルはウィツェルと組むとプレーエリア被ってフォローに回るのなんか最初に組んだ時に知ってる事なんですがね、試合観てたらその感想は出てこない
[ 2018/12/28 09:47 ] [ 編集 ]
調子の良いトップクラブなら、クオリティのある選手でも控えに回ることなんて当然のことです。ヴァイグルは若く、ドイツ人でもあるので惜しむ声が沢山あるのは理解できますが、酷いクラブ、監督だなどと言うのは理解できません。結果が全ての世界で、どこでも普通に見られる光景です。香川選手と境遇が似てるから感情移入するのは分かりますが、それは論理的ではないと思います。
[ 2018/12/28 13:27 ] [ 編集 ]
控えに回るにしても使わなすぎる。あれでは主軸が怪我した時にクオリティも保てない。ゲーム感も無くなるわ。オマケに出したと思ったらCBとか。チームのクオリティを落とさずにローテーションして若手を育てるのが良い監督なんだよ。
[ 2018/12/31 00:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。