ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ローデの次に移籍するのは香川か?シュトゥットガルトが本格的に獲得に動く?《ドイツの反応》

【ゴール】

kagawa40.jpg

BVB:セバスティアン・ローデがドルトムントから移籍!

次に移籍するのは香川か?


セバスティアン・ローデも香川真司も、現在のドルトムントでは役割を担っていない。すでにローデの移籍は決まっているが、次に移籍するのは香川になるかもしれない。


スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントは、この冬、セバスティアン・ローデと香川真司の二人のミッドフィルダーをブンデスリーガのライバルに放出するかもしれない。


すでにローデの移籍は決まっている。このミッドフィルダーは元クラブのフランクフルトに移籍するのだ。この28歳は木曜日に行われたメディカルチェックをクリアしている。ローデは正式に今シーズン末までフランクフルトにローンで移籍するのだ。


ローデは1月4日から始まるフロリダでの合宿に参加する予定となっている。彼は2010年から2014年までフランクフルトでプレーし、その後バイエルンに移籍している。そしてその後ドルトムントへと移籍した。ローデはこれまでブンデスリーガ113試合でプレーし、6ゴールを挙げている。


ローデはこれまでに何度も負傷しており、スポーツ面ではまったく役割を担う事が出来ていない。今シーズンは公式戦出場はないが、ドルトムントとの契約は2020年までとなっている。



さらに香川真司も今シーズンルシアン・ファヴレの下で全く役割を担っていない。シュトゥットガルト新聞とシュトゥットガルター・ナッハリヒテンが報じたところによると、どうやらシュトゥットガルトが香川の受け入れ先になる可能性があるようだ。


香川もローデと同様に2020年までドルトムントと契約している。この日本人はスペイン移籍を希望しており、ブンデスリーガは移籍先には入っていないとされていた。BVBは香川の移籍を邪魔するつもりはないとされている。シュトゥットガルトが香川に興味を持っていることはすでに11月にも報じられていた。




以上です。

今日新たに、シュトゥットガルトはグラートバッハのヘルマンと香川選手の獲得に動く、というような報道がいくつかありました。

これからどのようなクラブが名乗りを上げるのか、非常に気になるところですね。




[ 2018/12/28 05:51 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(6)
移籍市場の開幕は日本時間で、

ブンデス、リーグアン 1/1(火) 8:00
プレミア 1/1(火)9:00
ラ・リーガ 1/2(水)8:00
セリエ 1/3(木)8:00

です。
セリエは他国より早く1月20日に閉まります。

とりあえず、現時点で何処に移籍するのか全く予想がつきません。
[ 2018/12/28 05:59 ] [ 編集 ]
シュトットガルトに行ってもダメだし行かせてもダメだぞ。降格圏内のクラブに行かせるなんて飼い殺しも同然。ヨーロッパではどうか知らんけど日本では飼い殺しはダメ。そういう慣習がないんだ。これやったらクラブもプレーヤーもマイナスイメージしか残らんからやめとけ。信用なくす。
[ 2018/12/28 07:50 ] [ 編集 ]
ブンデス内であるとしたら買い取りなしの半年ローンだけですが可能性としては低いと思います。早く1月になって色々な情報が出て来て欲しいですね。
[ 2018/12/28 08:07 ] [ 編集 ]
まぁ、欲しいと思うのは自由ですからね
[ 2018/12/28 08:08 ] [ 編集 ]
まだ1ヶ月あるのでどうなりますかね?
香川の一番の希望はリーガのクラブ
たぶんギリギリまで粘るんじゃないでしょうか
[ 2018/12/28 08:48 ] [ 編集 ]
ヘアマンと香川って両方クロートのクライアントですね
[ 2018/12/28 18:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。