ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプールのスター選手!クロップ監督を「気に入らない」と批判!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

klopp10.jpg


リヴァプールのスター選手!クロップ監督を「気に入らない」と批判!


リヴァプールは29年ぶりとなるプレミアリーグ優勝を夢見ている。そしてそのチャンスはこれまでにないぐらい高くなっている。リヴァプールは現在プレミアリーグ首位に立っており、2位のトッテナムに6ポイント、3位のマンチェスター・シティに7ポイント差をつけている。このチームを称える声は大きくなるばかりだが、それを成し遂げたのがユルゲン・クロップだ。このドイツ人監督は、すでにリヴァプールで高い名声を手に入れている。

スポンサーリンク



しかしある選手にとっては、決して喜べるような状況ではない。


左サイドバックのアルベルト・モレノは2014年以来リヴァプールでプレーしているが、スペインの“Cadena Ser”において今の状況を嘆いている。


“まったく居心地がよくないね。これが真実だよ。”とモレノは語る。彼は今シーズン、リーガで2試合しかプレーしておらず、さらにチャンピオンズリーグとEFLカップ戦で1試合ずつプレーしただけだ。現在モレノはアンドリュー・ロバートソンからポジションを奪うことができない。


このスペイン人は、“痛みをこらえて、チームのために全力を出してきた。負傷から復帰した後ではチャンスを得るにふさわしかったと思う。こういう状況は選手にとってはあり得ることで、耐えなければならないものだが、ユルゲン・クロップの扱い方は気に入らないね。そう言うことができるだろう。”と語っている。


モレノは2014年に1800万ユーロでセビリアからリヴァプールに移籍しているが、彼は再びスペインに戻る事を考えている。“スペインに戻る事を考えているよ。ここの寒さには疲れたね。だけどほかのクラブからのオファーについては何も知らない。ここに来て5年になるけれど、延長の話はないし、1月からはどのオファーも聞く用意ができているよ。”

モレノの契約は2018年までとなっている。契約延長の可能性は低い。





以上です。

まあ結構クロップも使う使わないははっきりしていますからね。バリオスやジダンなど怪我の後で出番が減って去っていった選手も結構いますね。




[ 2018/12/28 20:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
ゲーゲンだから走れないとキビシイんだけど最近は無駄走りがなくなって効率良くなったよ。ドルにいた頃はプレーヤーみんな若手ばかりだったから無駄でもなんでもいいからガンガン行けやだったけどね笑
まぁモレノもおっさんになったから走れなくなってグチってるんでしょう笑
[ 2018/12/28 20:28 ] [ 編集 ]
クロップが外すときははっきり外すのは解ってますが、モレノはクロップ就任前からやらかしてたし、放出の噂あったやんと突っ込みたいですね
[ 2018/12/28 21:21 ] [ 編集 ]
クロップは選手をリスペクトすると言ったらこれかー
まードルトムント時代からペリシッチとか文句言う奴には厳しかったしね
クロップが来たシーズンから使われてたんだし、前年の主力を行き成りガン干しした訳じゃなく、怪我の影響でファーストチョイスから外れて行ったんでしょう
[ 2018/12/29 00:44 ] [ 編集 ]
クロップは確かに切るときはバッサリ切るけど理不尽な切り方はしないよね
大体プレイの質が劣化してたたりよりよい選手が加入したりしてる
[ 2018/12/29 01:59 ] [ 編集 ]
プレミア観てる人なら笑っちゃうような言いがかりですね
モレノはもともと守備がザル過ぎる上に
攻撃もロバートソンと比べたら月とスッポンでしょう
契約期間一杯ベンチに座らせてもらっただけでも感謝すべき立場ですよ
[ 2018/12/29 02:11 ] [ 編集 ]
ペリシッチとかヨイッチも似たような批判してましたね
[ 2018/12/29 16:25 ] [ 編集 ]
スーパースターって誰かと思ったらモレノとかサブじゃないか…
[ 2018/12/29 17:22 ] [ 編集 ]
ペリシッチとかヨイッチ、モレノやデンベレの発言なら、耳を傾けるに値しないと思われるから、言うだけ自分の価値を下げてしまう結果になるだろうに。
[ 2018/12/31 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。