ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》フンメルスがチームとの別れについて初めて語る!!ドイツ人の反応

本日発売ビルトより新たな移籍記事になります。今日発売のキッカーにおいてフンメルスのロングインタビューが掲載されましたが、その内容についてはっきりと彼の将来についての言及があったことで話題となっています。





フンメルス、チームとの別れについて初めて語る



201503301850208e1.jpg

ボルシア・ドルトムントは次のスターを失うことになるのだろうか?マッツ・フンメルス(26)が初めてチームとの別れについて語った。


このワールドチャンピオンが“キッカー”のインタビューにおいて語った。“僕は今オープンで、正直に言うよ。今現在自分の将来について考えていることをね。いたいどんな事が可能かよく考えているんだ。”


フンメルスはドルトムントでの契約が2017年まで残っているが、BVBとすでに将来について話し合ったと語っている。彼のビジョンは明確だ。“僕にとっては、僕達のチームが、相手を打ち負かす強いチームである事と,チームにそうした力強いプランが有る事が重要だ。(訳注:そういうチームでありたい。)”


これの意味すること:ドルトムントはこのドイツ代表を留めるためには新たなスターを獲得しなければならない。フンメルスはさらに圧力をかける。“僕はいずれにせよ外国でプレーしたいね。”すでにこのポジションに対する興味を示しているクラブがある。マンチェスター・ユナイテッドとルイ・ファン・ハールは彼をどうしても獲得したい。


BVBの責任者達にとって警鐘だ。ゲッツェどレヴァンドフスキーに続いて次のスターが去って行くことになるかもしれない。


201503301850219b4.jpg


スポンサーリンク


この記事を読んだドイツ人の反応


・遅かれ、早かれ彼は外国に移籍するだろう。僕はそれでもフンメルスはチームに十分に忠実だと思う。


・これは予想していたことだ。彼はゲッツェの事があったから真面目なんだ。こうしていればファンを裏切ることにはならないだろう。


・やめて。


・行きたいなら行くべき。それ以外は意味のないことだね。他にもいい選手はいるよ。


・彼は来シーズンマンチェスター・ユナイテッドだな!


・フンメルスはさらに向上しなければならないね。そうでなければ止める意味もないよ。


・ロイスの影響はあんまりなかったように思えるけど・・・。


・自分から移籍についてほのめかすような選手は、頭のなかではすでに移籍が固まっているね。


・ヴァツケ!ダンテがいるよ。


・これぞ真実の愛!


・今度はファン・ハールがBVBをぶち壊す・・・。


・↑バイエルンの要求でね。


・これは予想していたよ。フンメルスは今後のBVBが危険な事に気付いたんだ。


・移籍金が適正だったらBVBは行かせるべき!


・今シーズンの彼はトップクラブに値しないね。


・ギュンドガンに続いでフンメルスまでが。沈む船から最初に逃げようとするのはネズミだ!


・よい旅を!


・ぼくにとって彼は世界最高のセンターバックだ。彼を止めるチャンスはないのか・・・。


・なんで今回が初めてなの?フンメルスはいつもこう言っていたように思うけど。


・彼が正しいよ。


・イギリスのチームだったら最下位でもフンメルスを買えるよ。放映権で金があるから。


・↑アラバやその他の選手も買えるよね。


・バイエルンじゃなければ良いよ。


・彼は残る!!






以上です。


管理人は先ほどキッカーを買いましたので、まずはどのような流れでこういう話になったのかじっくり読んでみたいと思います。今週中にはこのインタビューの全文をここで紹介したいと思いますが、長いインタビューは訳すのにも時間がかかりますので、更新に時間がかかるかもしれません。

昨日行われたユーロ予選でドイツはジブラルタルと対戦しましたが、MOMマッチにはドルトムントのマルコ・ロイスが選出され、キッカーでも2と高評価でした。あと得点を決めたミュラーが同様に2,そしてボアテンとフンメルスが同様に2と存在感を示していますね。



【おまけ今日のドイツ】

2015033018502311c.jpg


ドレスデンの聖母教会
先日この教会で初めてコンサートを聴きました。とても良い体験でした。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/03/30 18:55 ] フンメルス  | TB(-) | CM(12)
No title
ドルはいつになったらキャリアの最終地点のクラブになれるんだろ
まだステップアップのチームとみなされてるね
ファンが熱いだけじゃ駄目なのかね
[ 2015/03/30 19:19 ] [ 編集 ]
No title
ドレスデンの教会。
あの瓦礫の山の廃墟から、よく再建したものだ。
[ 2015/03/30 19:36 ] [ 編集 ]
No title
資金力、集客力、タイトル、歴史。

多くの要素を継続して積み重ねてブランドが認知され、ようやくレアルみたいな誰もが目指すビッグオブビッグクラブになれる。

クロップ就任で強豪たる実績を上げて資金力も上がった。ただそれを数年程度続けただけではブランドは簡単につかない。今回みたいに一度つまづく事をあるだろうし、それでも継続して成果を出す事でレアルやバイエルンのようなクラブに近づけると思う。

実際、移籍金や選手への給与も上がってきているし、来季は一度小休止して財務の見直しをした方がいいね。余剰選手の見直しも行う必要あるだろうし、本当に必要な選手には相応の給料で引き留める。ドルトムントは近年急に力を付けたせいか移籍金を掛け過ぎてるから、バランスを整えて先を見据えた戦力設計をすれば、強豪に戻る事は十分可能だろうから、フロント含めて足元を見つめなおして頂きたい。
[ 2015/03/30 20:45 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントが3年以内にバイエルンのような資金力を得ることはないでしょうから、フンメルスの年齢を考えれば、移籍も考慮するのは必然かもしれません。
しかし、もしフンメルスがUTDと契約したならば、彼は後悔することでしょう。
ファンファールの采配指導を称える選手はいません。
ロッベンですら、バイエルンに呼んでくれたこと、だけを感謝しています。
[ 2015/03/30 23:39 ] [ 編集 ]
No title
聖母教会、所々黒い部分は瓦礫になったものを再利用したものなんですね。先週、ドキュメンタリー番組で見ましたよ。

フンメルス、この前ずっとドルトムントにいるって言っていた気がするのですが、残念です。上向いてきている今の時期に言わなくても…と思ってしまいます。

[ 2015/03/30 23:42 ] [ 編集 ]
No title
フンメルスの言っている強いチーム云々は、ロイスが契約を延長する前に言っていた「ドルトムントがどうなるか見極める」ということと同じ意味なのではないかと思うのですが、どうなんでしょうね。
むろん海外でプレーしてみたいという気持ちはあるでしょうし、ロイスと違ってドルトムントではもうすでに二度優勝も経験しているので、ある程度やり切った感もあり、いつ移籍を決断しても不思議はないと思いますが。
少なくとも何が何でも移籍!ではなく、まずチームを立て直す明確なビジョンをフロントに求めているような気がします。
ロイスのようにこのチームでまた多くのことを成し遂げられる確信が持てれば残ってくれるのではないか…そう期待しつつ、もし出て行くことになっても、ドルトムントを愛し貢献してくれた選手なので、本人の決断は尊重したいと思います。
[ 2015/03/31 01:08 ] [ 編集 ]
No title
CLが厳しくなって、その補填とほぼ同額になりうるフンメルスをドルが売るプランを立ててるんじゃないの
その意図を汲んだフンメルスがへそを曲げ気味だとか
まぁ今後のリーグに影響しないように頼みますよ
[ 2015/03/31 01:35 ] [ 編集 ]
記事を原文で読んだ人が、移籍は将来的には(数年後には?)という感じで、すぐにというニュアンスではなかったと言ってたけど…どうなんでしょう?
[ 2015/03/31 02:11 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントは草刈り場から卒業すべきだ。
移籍させるなら補強のための人材を強化すべき、カーンが言った通り、今シーズンの補強は失敗している。
インモービレはドルには合わない、ラモスは即戦力にはならず。。。補強に金をかけた割には・・・
[ 2015/03/31 02:32 ] [ 編集 ]
No title
単に補強失敗したらから、強い選手取れないならって感じだろうね。選手とってもドルに合わない選手なのに出場契約とかつけられてて、ユーベ戦でおかしな采配を2回みた。

冬補強のカンプルも出場契約だからついてたんだろうけど、ユーベはわざとけドフリーにしてきた。ドフリーにしても脅威ではないと思われてる選手にドルは出場契約つけて獲得して、縦突破ができるクバが使えなかった。

ペップとかその辺は強いもんな。ダメだと思ったらライオラにずっと粘着されてるけど、ドスルーしてる。クロップもフロントも強さはない。

バイヤン戦でも出場契約ついてる選手がいるのなら、フンメルスにあきれられてもしょうがない
フンメルスも代表監督もクラブ監督もずっと同じだから、𠮟ってくれる状況じゃない。監督交代して戦術変更でずっと成長してるボアテングとか見たら焦るべきだと思う
[ 2015/03/31 06:32 ] [ 編集 ]
No title
さすがビルト(笑)
こういう書き方に「釣られてしまう」人にむけて売っているんですよねー。
[ 2015/03/31 08:08 ] [ 編集 ]
フンメルスが望むのであればそうしてやるべき。ギンターはフンメルスの後継者になりうるだけのポテンシャルを持っている。
[ 2015/04/01 12:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。