ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!プリシチ!チェルシー移籍で合意!ドルトムントはさらなる移籍金を要求!《ドイツの反応》

【ビルト】

pulisic.jpg


クリスティアン・プリシチ!チェルシーと合意!!
ドルトムントは高い移籍金を要求!


イングランドへ!!


ルトの情報によると、クリスティアン・プリシチは来年夏、チェルシーに移籍することで合意したようだ。


このサイドアタッカーは2020年までドルトムントと契約しているが、来年夏に5000万ユーロの移籍金でクラブを去る許可を得たようだ。


プリシチはプレミア・リーグ移籍を目指しており、ドルトムントとの契約延長を拒否していた。

スポンサーリンク



チェルシーはできればこの冬にでもプリシチを獲得したいところだが、それはBVBが許さなかった。


マネージャーのミヒャエル・ツォルクは11月の下旬に、“クリスティアンを冬に放出する気はない。夏までは彼は我々の計画に入っている。”と答えている。


プリシチは2015年の夏にアメリカからBVBに移籍している。最初の2年間では力強いプレーをみせていた(61試合7ゴール14アシスト)、ここ最近はその機会も少なくなっていた。今シーズンはリーガ11試合でプレーしているが、スタメン出場はたった5試合となっている。






以上です。

ずっと噂が上がっていましたが、すでに個人合意とは事が進むのが早いですね。プリシチには残ってほしかったですが、まあ延長拒否ですから移籍は仕方ないですね。あとはいつになるかわかりませんが、正式な発表があるのを待ちましょう。

[ 2018/12/29 18:38 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
後はプリシッチがプロフェッショナルに振舞ってくれるのを祈るだけですね。移籍先が決まったからと言って残りのシーズン適当にプレーして欲しくないです。チームは優勝争いしているので出た試合ではしっかりとプレーで貢献して欲しいですね。
[ 2018/12/29 19:39 ] [ 編集 ]
来夏にトルガン アザールを獲得すればダメージは無いかな。冬に放出はあっても補強はしないのかな? 個人的にCBに負傷が相次いで頭数が足りなくなるケースが何度もあったから今ユーヴェで出番失っているべナティア獲得して欲しいな。絶対に守備力上がるし攻撃陣のリーダー ロイス、中盤のリーダー ヴィツェル、そして最終ラインのリーダー べナティアってなれば相当良くなると思うけど。バイエルンでのブンデスの経験もあるし申し分ないかと。ただアーセナルが本気出してきたら難しい。
[ 2018/12/29 21:10 ] [ 編集 ]
ドルトムントは今冬チェルシーの下部組織最高傑作の呼び声高いカラム ハドソン オドイ(18)獲得の噂がありますね。チェルシーファンからめちゃくちゃ期待されている選手です。バイエルンとの取り合いらしいですが。ドルトムントにはイングランドのアンダーの代表でチームメイトであったサンチョもいますし、且つ交渉の切り札としてプリシッチ夏に譲渡するから今冬彼くれない? リバプール、アーセナルもプリシッチ欲しがってるみたいだけど...?って事も出来ますよね。サンチョがドルトムントで使われてA代表デビューですからドルトムントに好印象を抱いていてもおかしくありません。もし獲得出来たら右サイドにサンチョ、プリシッチで左サイドにゲレイロ、オドイで層が厚くなりますしラーセンを使わずに済みます。是非実現して欲しいディールですしバイエルンには行って欲しくありませんね。超逸材ですので。
[ 2018/12/29 23:03 ] [ 編集 ]
将来性とアメリカのスターってことでかなり下駄履かせたねぇ
本来の勝ちはいいとこ半分だね
[ 2018/12/30 03:36 ] [ 編集 ]
>ツォルクは11月の下旬に、“クリスティアンを冬に放出する気はない。夏までは彼は我々の計画に入っている。”と答えている。


たとえ移籍志願をしても(契約延長も拒否)、必要な選手は起用されるし移籍だってさせないですよね。
ツォルクのコメントもしっかりと出ていますからね。
[ 2018/12/30 04:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。