ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アーセナル・オバメヤンがリヴァプール戦で残したスタッツが話題に!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

aubameyang3.jpg


ホラー・データ
オバメヤンはリヴァプール戦ではこんなに弱かった。


リヴァプール対アーセナルの試合をご覧になっただろう?もしご覧になったのであれば、ピエール・エメリック・オバメヤンの存在に気がついただろうか?気が付いた人は少ないかもしれない。




スポンサーリンク



誰にでも早く忘れたい日はあるものだ。アーセナルのスター、ピエール・エメリック・オバメヤンとってはこの日が、そういう一日になってしまった。オバメヤンはリヴァプールと対戦したが(1:5)、試合から消えていた。そしてその試合で残したデータが話題となっている。





オバメヤンは71分間プレーしたが、ボールコンタクトの数はたったの13回だったのだ。さらに悪い事に、13回のうち、6回は試合開始時、そして失点後のキックオフのものだったのだ。あるグラフィックがオバメヤンが一番活発だった場所を表している。オバメヤンが最も活発だったのは信じられない事にセンターサークルだったのだ。


さらに奇妙なことに、オバメヤンの成功したパスはこの試合10本となっているが、そのうち6本は上記の通り、試合開始と失点後のキックオフのものだったのだ。これがネットで話題になるのも不思議ではない。何人かのインターネットユーザーは、オバメヤンが本当にプレーしていたのか疑問に思っている。


以下がネットの反応


・オバメヤンはピッチ上にいた?アーセナルファンよ、教えてくれ!!!


・オバメヤンの最高の試合だ!!!


・オバメヤンはこの試合で10本のパスを成功させた。そのうちの6本はキック・オフからだ!!


・オバメヤンは6本のパスを成功させたが、5本は失点後のキックオフで、もう1本はキックオフからだ!!



オバメヤンは約6400万ユーロの移籍金でドルトムントからアーセナルに移籍している。彼のゴール数は決して悪くない。彼はこれまでの公式戦39試合で25ゴールを挙げている。リヴァプール戦はむしろ例外だ。




以上です。

オバメヤンはプレミアリーグでも素晴らしいストライカーであることを証明していますね。しかしリヴァプール相手には何もさせてもらえなかったようです。

ここまで無力化されるとは、やはりリヴァプールの動きは凄いですね。

[ 2018/12/30 18:35 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(16)
なんでか知らんけどエジルいなかったからね。中盤は当たりに行くのも遅かったし、リバプールの方がボールに速く人数かけてたよ。その上つなぎもいなかった。フォワードは開店休業になるね笑
[ 2018/12/30 19:10 ] [ 編集 ]
まずオバまでボールが行かなきゃどうにもならんですしな
オフサイドになった宇宙開発もファール取られなきゃネタにされただろうな
[ 2018/12/30 19:52 ] [ 編集 ]
ストライカーを活かせるクラブと活かせないクラブの差だろうな。
あんな極端なストライカーはドルトムントみたいなチームでしか生きない。
移籍したのが失敗だったんだろう
[ 2018/12/30 20:33 ] [ 編集 ]
リバプールは素晴らしいけど、アーセナルも怪我人だらけで本来の姿では無かったよね。ミキタリアンは長期離脱だし、コラシナツやベジェリン、エジル達も離脱。
冬の補強に注目。
[ 2018/12/30 21:04 ] [ 編集 ]
試合観てましたがガナーズは、ラムジー&イウォビしか通用していませんでしたね。
オバメまでボールが渡る事が試合通して1回あったかどうかという感じでした。
やはりホームのリバポは圧倒的な強さを誇ります。
ここまで強くしたクロップは流石ですね。
[ 2018/12/30 21:07 ] [ 編集 ]
ドルトムントでも17か16タッチって2、3回ありましたよね。
あの内容でオーバを責めるのは酷です。
ドルトムントの不調のときと同じですよ。
頑張ってほしいです。
[ 2018/12/30 21:41 ] [ 編集 ]
CFにボールが来ないのをCFだけの責任にするのもどうかと思うよ
[ 2018/12/30 21:49 ] [ 編集 ]
今季プレミアの前半戦トップスコアラーであるオーバメヤンを完全に抑え込むとは。「サッカーは選手がやるもの。監督は関係ない」と囁かれていた時代を思うと隔世の感がありますね。クロップすごい。そして完全にやりきるリバポの選手たちもすごい。
[ 2018/12/30 22:11 ] [ 編集 ]
移籍失敗って…

現在、オバメヤンはプレミアリーグの得点ランキング首位ですよ。
[ 2018/12/31 05:11 ] [ 編集 ]
オバまでボールが行かなかったらゴールしようもないですね。リパボは楽しいサッカーしてますね。それにしてもオバは今シーズン結構ゴール決めてませんか?
個人的な感想ですが、スタッツがー?とかドイツメディアさんはここぞとばかりに悪かった時とりあげますよね?何だかなぁ?
[ 2018/12/31 08:29 ] [ 編集 ]
シャチリ機能しだしてからまた引き出し増えましたよね。ナビ・ケイタがスタメンだった時よりも創造的なサッカーになった。シャチリと香川がだぶって見えて、こういうチームでも香川の様なタイプの選手(運動量多くて、テクニックや創造性有る小さい選手)も充分通用すると嬉しくなりました。
[ 2018/12/31 08:35 ] [ 編集 ]
 彼は純粋なゴールゲッターで他はないから、彼以外の10人が相手を上回らないとこうなります。レバンドフスキやカバーニだと違いますね。
[ 2018/12/31 09:53 ] [ 編集 ]
移籍失敗?
プレミアリーグ、オーバメヤン、20試合13得点、リーグ1位
サラーとケインに追いつかれたけど、それまでは単独1位なのにこれ如何に?
[ 2018/12/31 13:40 ] [ 編集 ]
ま~クロップは知り尽くしてるだろうしなぁ
[ 2018/12/31 16:54 ] [ 編集 ]
試合を通しで観てからこの記事見るとデータってヤツの危うさを感じる。
数字ばかりに踊らされないよう気を付けなきゃなって改めて思いました。
翻訳に感謝。
[ 2019/01/01 03:32 ] [ 編集 ]
プレミアリーグ 得点ランキング単独首位!
フルハム戦が終わり、再びサラーやアザールを引き離して単独の1位になりましたね!
本当に彼はとてつもなく偉大な選手です。
どこのリーグやチームに行っても適応する力があります。
まさに本物ですね。
[ 2019/01/02 13:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。