ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!スキャンダル・ストライカーの獲得に参戦?《ドイツの反応》

【Sport.de】

onze.jpg


ドルトムント!スキャンダル・ストライカー、オニエクルの獲得に参戦か?


BVBかバイエルンか?すでに10月の後半に、“ミラー”が現在ガラタサライでプレーするヘンリー・オニエクルのFCバイエルンへの移籍の可能性を報じていた。しかしどうやらボルシア・ドルトムントがそこに参戦するようだ。


トルコ紙“Fanatik”が報じたところによると、ドルトムントはオニエクルのために何度もスカウトを派遣しているとのことだ。またドルトムント以外ではFCヴァレンシアがこの21歳の獲得に興味を持っているとされている。


スポンサーリンク



オニエクルはガラタサライでレギュラーに定着している。彼はこれまでのリーガ15試合中13試合でスタメン出場を果たしているのだ。そのうちフル出場は6試合で6ゴールを挙げている。


ブンデスリーガでは、すでに5月の時点でグラートバッハ移籍が噂されており、話題になるのは初めてではない。さらにシャルケやライプツィヒも過去に彼の獲得に興味を示していた。


しかしドイツ移籍は簡単ではないとされていた。ここ数年オニエクルは何度もネガティブな話題で噂になっている。



オニエクルはオイペンに所属していた頃、セルティック移籍を希望していたいたとされている、しかしそれが実現しなかった後で、それでもセルティック移籍を強行するために、数日間行方をくらませている。最終的には移籍を容認され、エヴァートンに移籍している。


エヴァートン移籍後はアンデルレヒトに1年間ローン移籍し、さらに現在はガラタサライにローン移籍している。


彼のエヴァートンでの契約は2022年までとなっている。





以上です。

すでに移籍を強行するために、ストライキのような事をしたようですね。ドルトムントはデンベレーの例もありますから、このような選手に再び手を出す可能性は低いと思いますが・・。でもストライカーの補強は最優先課題ですね。





[ 2018/12/30 20:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(4)
パコ補強したしイサク使えば良いんだと思うよ
[ 2018/12/31 00:03 ] [ 編集 ]
この選手CFタイプじゃないみたいですね。足が速いウィングタイプです。狙うならセリエのピョンテク狙ってみてほしいです。ケインタイプですしピシュチェクのツテもありますし。あとは二列目生かしたいならドルベリとか。復活してきてますし。
[ 2018/12/31 03:47 ] [ 編集 ]
 問題児はいらないです。バチュアイとってきて。
[ 2018/12/31 10:06 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガのレベルが大分落ちてるからイサクでも過剰だし、育成できる機会を逃す手はない
[ 2018/12/31 13:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。