ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSGトーマス・トゥヘル!契約延長拒否したラビオの控室出入りを禁止に!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

tuchel19.jpg


PSGトーマス・トゥヘル!契約延長拒否したラビオの控室出入りを禁止に!


中盤のスター、アドリアン・ラビオはフランスの報道によると、控室の出入り禁止となったようだ。


17試合で15勝2分け。PSGは2位のリーユにすでに17ポイント差をつけている。本来であれば、PSGでは騒動がおこるような状況ではない。しかしフランスの“パリス・ユナイテッド”が報じたところによると、PSGではラビオの扱いをめぐって問題が起こっているようだ。


スポンサーリンク


この23歳は、契約延長を拒否しており、それが原因でもうPSGではプレーしないとされている。トゥヘルはそのため、彼の控室の出入りまでも禁止したようだ。


ラビオはPSGでの契約延長を拒否しているが、移籍金を得るためにはラビオを冬に放出しなければならない。ラビオの契約は2019年の夏までとなっているのだ。すでにFCバルセロナが彼の獲得に興味を示しており、すでに合意済みとの噂もある。しかしラビオの代理人である母が、バルセロナの交渉で1000万ユーロの年俸ではなく、1500万ユーロを要求したために、契約交渉が進んでいないとされている。


FCバルセロナはこの交渉が、PSGの幹部を通した正当なものであることを説明しなければならない事態になっている。





以上です。

ラビオが契約延長を拒否して干されていましたが、ついに後半戦プレーなし、控室出入り禁止になったようですね。控室というのが、スタジアムの控室なのか、トレーニング施設の控室も含むのかその辺までは触れられていませんでした。

この記事ではトゥヘルの措置のように書かれていますが、ラビオを干す判断をしたのはあくまでクラブ側で、トゥヘルはその判断を尊重する、と意見を表明していました。今回の判断もクラブ側の判断ではないかと想像しますが、その辺も詳しくは触れられていません。



[ 2018/12/31 06:32 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
代理人が身内だと銭闘が醜く見えるね
もちろん主張する事は大事なんだろうけど

金銭面での感覚はマタを見習った方が良いんじゃないか
[ 2018/12/31 08:24 ] [ 編集 ]
まあ契約延長拒否したなら干されるのも仕方ないな。契約終わったらフリーで好きなところに移籍できるし我慢すりゃいい
[ 2018/12/31 10:41 ] [ 編集 ]
冬の移籍を流した場合は取り敢えずスタジアムの上段でひたすら試合観戦させるのが一番効果的かと
[ 2018/12/31 13:46 ] [ 編集 ]
ここにコメントしている人の言いざまはまるで選手の方が悪いという言い方ですね。あまりにも一方的な言い方にはあきれるね。PSGは無尽蔵なオイルマネーにものに合わせてネイマールなどを取った結果、一部の選手を除き年棒体制がいびつになっていると私は思いますが。リーグアンはPSGに対抗できるチームがないから、ラビオがいようがいまいが勝ち続けるでしょうからそれでもいいが。アーセナルはラムジーをキャプテンにしてリバプールと戦っていますし、リバプールはケガの期間を除きエムレ・ジャンを使っていた。それが普通のクラブのやり方ですよ。
[ 2019/01/01 03:29 ] [ 編集 ]
こういう対応は好きじゃない
デンベレみたいに練習ボイコットとか選手がしたなら別だけど
[ 2019/01/01 07:44 ] [ 編集 ]
選手が悪いとかクラブがいいって問題ではないよね。クラブは引き留めてるけど選手が移籍するって言うならもう一切使わないって意思表明をするだけだし、選手はそれが嫌なら延長すればいいし、それでもフリーで移籍したいなら仕方ないってだけ。どちらも自分の権利を行使してるだけでどっちがいい悪いじゃない。ちゃんとお互いに契約守ってるならね
[ 2019/01/01 19:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。