ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フンメルス!チェルシーに移籍か?移籍金は3300万ユーロ!バイエルンは交渉に応じる構え!《ドイツの反応》

【Sport.de】


hummels.jpg

移籍金の最低額は3300万ユーロ!フンメルス、チェルシーに移籍か?

マッツ・フンメルスは、今シーズンすでにレギュラーではなく控えとなっている。彼がリーガでプレーしたのは17試合中たったの9試合だ。彼が移籍を希望したとしても決して不思議ではない。そしてその移籍先に関してまた新たな噂が上がっている。今度は具体的な金額付きで。


スポンサーリンク



“Sun”が報じたところによると、チェルシーはフンメルスの獲得を目指しているとのことだ。マウリツィオ・サッリが守備の補強を考えており、中でもセンターバックの補強が最優先課題だ。そのためすでにバイエルンに打診したとのことである。


さらに同紙が報じたところによると、フンメルスもチェルシー移籍に前向きとのことだ。そのためチェルシーはバイエルンに移籍金を問い合わせ、さらに回答を得たとのことである。どうやらバイエルンは3300万ユーロの移籍金を要求するつもりのようだ。


いずれにせよバイエルンはフンメルスの移籍に関して、1月14日までという期限を設けたようである。それまでに決まらない場合は、バイエルンにとっては代わりを獲得するチャンスが少なくなるためだとみられている。移籍市場は1月31日に閉まる。


フンメルスはチェルシーでドイツ代表のリューディガーとコンビを組むことができるだろう。それに加えて彼はブラジル人のダヴィド・ルイスと争わなければならない。


しかしこの冬に移籍が決まる可能性はそれほど高くない。カール・ハインツ・ルンメニゲは“何日か前にマッツと話をしたが、マッツが後半戦もプレーする約束をしている。”と語っている。


さらにSDのサリハミジッチも、“彼はドイツ代表選手だし、放出する理由はまったくない。”と語っていた。





以上です。

3300万ユーロで期限が1月14日までと、なかなか具体的な数字が出てきましたね。幹部のコメントはいくらか古い情報ですから、その時とは状況が変わっている可能性も十分あると思います。

やはりコヴァチにとってはフンメルスは長所よりも短所の方が目に付くのかもしれないですね。

[ 2018/12/31 18:17 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
コヴァチが使いにくいって、代表クラスの選手が次々出て行くとバイエルンの存在意義って何になるんでしょうね
ドイツ代表のベースがバイエルンから国外のクラブに移行するのは面白いですけど
[ 2018/12/31 18:23 ] [ 編集 ]
飴もルイスいるのに欲しがるのかな?
あんま噛み合わなそう
[ 2018/12/31 19:54 ] [ 編集 ]
チェルシーならサポーターはヤバいですが、高級住宅街でロンドンなのでありなのかもしれませんね
ただ、もっと若いころならさらに上のビッグクラブもあったでしょう
[ 2018/12/31 21:31 ] [ 編集 ]
情報源がサンの時点で飛ばしの記事確定だな
[ 2018/12/31 22:30 ] [ 編集 ]
いろいろな噂が出てきて結局最後に取るのがまたガナーズだったり…(笑)
[ 2019/01/01 04:36 ] [ 編集 ]
ブンデスより遥かにスピードがあり個の高いアタッカー揃いのプレミアで、果たしてやっていけるのか疑問。
下位チームにも凄い選手がゾロゾロいますから。
狙い撃ちされて批判される姿が目に浮かびます。
[ 2019/01/02 14:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。