ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ブンデスリーガパワー!岡崎がまたも得点!!日本代表戦ドイツ紙報道

昨日行われました日本代表戦。日本はウズベキスタンを相手に5:1で勝利しましたが、岡崎選手が得点したことでドイツでも取り上げられました。今回は割りとドイツでも大きな雑誌である“フォーカス”のオンライン版と“キッカー”記事を取り上げます。





【フォーカス】

岡崎が日本の勝利となった試合で再びゴール!



20150401175242a1f.jpg

ブンデスリーガ、マインツ05の岡崎慎司が日本代表新監督ハリルホジッチの下で乗りに乗っている。


ブンデスリーガ、マインツ05の岡崎慎司が日本代表新監督ハリルホジッチの下で乗りに乗っている。東京で行われた日本代表対ウズベキスタン(5:1)の試合でこの28歳はまたしてもゴールを決めた(54)。岡崎はこの4日前に行われたハリルホジッチのデビュー戦でチュニジアを相手に(2:0)すでにゴールを決めていた。



この新たな“献身的な点取り屋”と共に、多くのブンデスリーガの選手がピッチに立った。ドルトムントの香川真司と共にフランクフルトの乾貴士が、そしてシュトゥットガルトの酒井高徳とシャルケの内田篤人がスタメンで出場した。それに対してケルンの大迫勇也は終盤に出場した。


他にブンデスリーガでプレーする長谷部誠(フランクフルト)、清武弘嗣、酒井宏樹(共にハノーファー)に代わって、ブルーサムライでは青山敏弘(8)、柴崎岳(81)、元ホッフェンハイムの宇佐美貴史(84)、そして川又堅碁(90+2)らが出場し得点を上げた。



スポンサーリンク


【キッカー】

ブンデスリーガパワー!岡崎がゴール



20150401175243724.jpg


シャルケの内田篤人、シュトゥットガルトの酒井高徳、ドルトムントの香川真司、フランクフルトの乾貴士、そしてマインツの岡崎慎司が、アギーレに代わって監督に就任したハリルホジッチの下で先発出場を果たした。そしてウズベキスタンを相手に即座にその力を証明してみせた。


開始わずか6分にも満たないうちに、ボールは中央アジアの国のゴールネットを揺らすことになった。青山敏弘がキーパーが弾いたボールを28メートル離れた距離からゴールの隅を狙ってゴールを決めたのだ。そして後半には岡崎が典型的なスタイルで日本の2ゴール目を上げた。左からの長いクロスをダイビングヘットでゴール外側に押し込んだのだ(54)。


その後カウンターから日本の柴崎岳が、ほぼ中央まで飛び出してきたウズベキスタンのゴールキーパーを超える45メートルのシュートを放った。岡崎はボールを追いかけたが、柴崎のゴールを奪うことを放棄した(80)。その3分後に宇佐美貴史(バイエルン、ホッフェンハイム)が途中出場したケルン大迫勇也のパスからドリブルでペナルティーエリアに侵入し、左隅へシュートを決めた。最後には川俣ケンゴが90分にヘディングでゴールを決め5:1とした。


他のブンデスリーガの選手である、長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、酒井宏樹、清武弘嗣(ハノーファー)は90分ベンチとなった。






以上です。



岡崎選手の得点力の高さがまたしても証明された形になりましたね。ドイツのメディアは岡崎選手がトップでプレーしなかったことや香川選手がトップ下でプレーしなかった事に対しては常に懐疑的で、さかんに適正なポジションで使うべき、と言っていましたから、ハリルホジッチ監督に変わってようやく納得のいく采配が見られるようになったと感じているかもしれませんね。とは言ってもまだ2試合ですが。


なんでブンデスリーガで結果を残している選手をそのポジションで使わないんだ?、っていう考えがあるのは、まあ仕方ないですね。気持ちは分かります。


今後の日本代表の活躍にぜひとも期待したいです。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0046.jpg


ブレーメンの観光名所ベッチャー通にあるキャンディー屋さん
可愛らしい瓶に入った飴がお土産に人気です。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

ホッフェンハイムの宇佐美…日本では元バイエルンの宇佐美なんだがね~
[ 2015/04/01 18:16 ] [ 編集 ]
改めてブンデスの日本人選手は多いですね。
ブレーメンのキャンディー、私もお土産て買いました。
[ 2015/04/01 18:43 ] [ 編集 ]
No title
ドイツのメディアってそんなこと言ってたんだ。そういや、香川の左サイド起用で批判的だったのはドイツだった。
イングランドメディアは香川は代表で左SHやってるから!とか言って442の左ウィングやらせたり、とか無茶ぶりもやってたんだよね。

今まではポゼッション信仰の強い遅攻型のJリーグ組の選手を集めてた代表だったけど、今度の監督はショートカウンター型の選手を集めててJリーグ組を海外でやってる選手に合わせるように底上げしたい意図は見えてるからブンデス組も今までよりはやりやすい環境になるかもしれませんね。


Jリーグ組がうまく点取ったから、モチベーションも上がっただろうし。
[ 2015/04/01 18:54 ] [ 編集 ]
No title
清武はチュニジア戦で構想から外れたのかな。
[ 2015/04/01 18:57 ] [ 編集 ]
No title
清武はアタッカーで唯一Jリーグ組に囲まれてやってたからよかったと思うよ。ストレステストというか。後、チーム状況からリーグ戦考慮されたんじゃないの?長谷部も2戦目出てないし。

とにかくJリーグ組を底上げする為に、自信と足りない所を植え付けるフレンドリーって感じだったんじゃないかと。
[ 2015/04/01 19:20 ] [ 編集 ]
No title
今回の親善試合2試合は、本当に見ていて楽しいサッカーでした!勝ち負け以上になにより選手達が躍動していて、あの魔術師監督の手腕はちょっと怖いくらいですw。
岡崎選手の得点はもちろんお見事!でしたが、若い柴崎選手に花を持たせたシーンも流石でした。この1試合の1ゴールではなく、今後のJリーグの若い選手達を触発する大事な大事な1ゴールになるんじゃないかと。。。がんばれJリーガー!
[ 2015/04/01 19:46 ] [ 編集 ]
ザッケローニは絶好調で飛ぶ鳥を落とす勢いだった時の香川でも左サイドで起用してたな
本田と併用するにしても他にやりようがあった気がするけどな
当時の活躍を見てた身としては香川をもっと有効活用して欲しかった

それ以外にも岡崎の起用法にしてもスタメン固定にしても謎采配にしても上手くいかなかった343にしてもザッケローニには不満だらけだった
ウディネーゼとミランでの栄光以降解任されてばっかで完全に終わった監督扱いだったし代表チーム経験が無いザッケローニはやっぱダメだったな

人柄とイタリア、セリエにコネができたのだけは良かったけど
[ 2015/04/01 20:27 ] [ 編集 ]
No title
ザッケローニはオールドスタイルの監督だとイタリアでも評されていた監督なので、香川のようなモダンなタイプのプレーヤーは理解できず使いこなせなかったのでしょう。
当初は左サイドでずっと張っておくようにとウソみたいな指示出してたんですよね。
確か。
オシムも香川の起用法には疑問を呈していました。

ハリルホジッチは香川のプレースタイルを理解してくれているであろう監督ですが、正直なところ本田とは別々に使ってほしいなぁ…とウズベキスタン戦を観て思いました。
清武もトップ下の適正ある選手ですが、香川と同じピッチに立ったほうが互いに連携面でフィットしそうな気もしています。
二人は同じイメージを共有できるはずなので。
同じ意味で、宇佐美と香川は互いを活かし合える関係になれそうですね。
[ 2015/04/01 22:22 ] [ 編集 ]
No title
香川さんが不調になった原因の一つに、ザッケローニの起用法も挙げられると思います。
ザッケローニには香川さんの生かし方がわかっていなかったのでしょうし、彼はあくまで本田さん中心のチームを作りたかったのですから。
ザッケローニの方針に沿えば、背番号10は本田さんにつけさせるべきだった。
香川さんは10番を背負いながら、10番としての役割を監督から命じられないという矛盾で苦しかったんじゃないかな…
10番の期待に応えていない、とかマスコミに叩かれたりもしましたしね。
ゴールマウスにパスを送るような軽快なシュートが見たいです。
何かが戻れば(あるいは、あと少し何かを得れば)、香川さんがバクハツしそうな気がするのだけど、その何か、というのがよくわからない。。。
[ 2015/04/02 01:36 ] [ 編集 ]
No title
同じドル戦術ならハリルの方が選手起用も含めクロップより上手くやるんじゃないかと、ふと思ってしまった。
クロップもTO含め成長して欲しいなぁ
[ 2015/04/02 09:18 ] [ 編集 ]
正直ザッケローニを選んだ協会に問題があるし責任取れよと思う
欧州でタイトル取ったことが条件とか自分達でふざけた基準設けて連れてきたのが一発屋で最近の欧州サッカーから見放されたザッケローニだからね
ジーコを代表監督にしたり協会は真面目に日本サッカーを強化しようとしてたのかさえ疑問に思うな

香川に関してはトップレベルの選手だし現状もっと出来ると思ってるけどドルトムントでの2年間がうまく出来過ぎてた部分があるかもね
当時の香川は若さと失うものが何もないイケイケの状態で監督戦術チームメイト運にも恵まれてた


[ 2015/04/02 11:46 ] [ 編集 ]
No title
この夏、宇佐美争奪戦が始まるぞー
フランス代表と試合組んでくれないかなー
[ 2015/04/03 13:57 ] [ 編集 ]
可愛いキャンディーですね!!
[ 2015/04/04 20:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。