ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのディフェンダー、アカンジ!今シーズ絶望か!手術の可能性!《ドイツの反応》

【ビルト】


akanji.jpg

アカンジ、今シーズン絶望か?

ドルトムントに警鐘!!


ドルトムントにショックが!!

前半戦を首位で折り返したドルトムントだが、後半戦はしばらくマニュエル・アカンジをあきらめなければならない。このディフェンダーのボスはデュッセルドルフ戦で負傷していた。その診断結果が明らかとなったが、予想されていたよりも悪い結果となっている。痛みはいまだに大きく、手術の可能性も出てきたのだ。

スポンサーリンク



BVBのマネージャー、ミヒャエル・ツォルクはビルトに対して、“マニュエルはまだ問題を抱えている。彼は合宿にも参加しない。まだスイスとドイツの専門家の下で検査しなければならない。”と語っている。


はっきりしていることは、アカンジが手術という事になれば、今シーズンはもうプレーできないだろうという事だ。しかしその代わりがアルゼンチンからやってくるかもしれない。アカンジの負傷とは別に、ドルトムントはレオナルド・バレルディの獲得に動いているのだ。


ボルシアはここ数週間このディフェンダーの獲得に動いている。すでに1200万ユーロでオファーしたとされているが、これは断られている。ポーカーは次のラウンドに進んでいる。すべてがうまくいけば、このディフェダーは合宿から参加できるかもしれないが・・・。






以上です。

これは痛いニュースですね。ディアロもザガドゥーも負傷していますし・・・。気になるのは小さな負傷を繰り返している点ですね。やっぱりイングリッシュウィークの負担からくるものでしょうかね。


しかし守備が崩れると後半は厳しいですね。そのアルゼンチンのタレントをぜひとも獲得してほしい所です。






[ 2019/01/04 12:42 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)
プリシッチのレンタルの代わりにチェルシーのクリステンセンを借りられないかな?
[ 2019/01/04 13:08 ] [ 編集 ]
ドルトムントは絶対にCBの獲得をしなければならなくなりましたし、チームで1番頼れるCBを後半戦失うことになりましたね。幸いトプラクが終盤モナコ戦、BMG戦で良いパフォーマンスを披露してアピールしていましたし一気にCBの1番手になる可能性も出てきましたね。個人的にはアルゼンチンの若手CBよりもユベントスで出番を失っているべナティアをローンでもいいので獲得して欲しいです。ベテランですが計算できますしブンデス経験もありリーダーになれる存在です。ヴィツェルの獲得で如何に実力のあるベテラン選手の獲得が重要か学んでいればいいのですが…。
[ 2019/01/04 13:26 ] [ 編集 ]
アカンジとビュルキは合ってるから守備に問題でそう
その補填でヴァイグルをCBで使う愚考を犯すと、現行でも既に致命的な状況なのに取り返しが付かなくなるな
それにラテン系の選手はブンデスリーガに合わないし、ブンデスリーガもラテン系の選手に辛らつだからなー
プリシッチマネー全放出しても無理なんじゃないの
[ 2019/01/04 18:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。