ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!新たなセンターバックの獲得間近!《ドイツの反応》

【Tオンライン】


bale.jpg

BVB、新たなディフェンダーの獲得間近!


ドルトムントのセンターバックは、マニュエル・アカンジが負傷したことで人手不足だ。現在は3人しか選手がいないのだ。しかしアルゼンチンからその助っ人が来るかもしれない。


ドルトムントの前半戦での成功の秘訣はその力強い守備に合った。ボルシア・ドルトムントの失点数はたった18で、これよりも少ないのはRBライプツィヒしかいない。そのリーダー的な存在だったのが、マニュエル・アカンジだったのだ。しかしこのスイス人は現在負傷しており、復帰するまでに時間がかかるとみられている。


スポンサーリンク



アブドウ・ディアッロ、ダン・アクセル・ザガドゥー、そしてエマー・トプラクと、ドルトムントにはセンターバックが3人いるが、ブンデスリーガの前半戦最後の試合ではユリアン・ヴァイグルがセンターバックでプレーしなければならなかった。そのためドルトムントはレオナルド・バレルディの獲得を狙っている。すでにこれまで“ビルト”や“TyC Sport”がそのことについて報じていた。


そしてアルゼンチンのメディアが報じたところによると、どうやらこの選手の移籍間近とのことだ。異なるのは移籍金の金額だけだ。“TyC Sports”によるとBVBは1600万ユーロでオファーしたとのことだ。しかしジャーナリストルイス・フェルゴッシが報じたところによると、1200万ユーロ+ボーナス払いとされている。


バレルディの契約は5年契約とされている。その点はビルトの報道と一致しており、バレルディはマルベラのトレーニングに合流できる可能性もあるとのことだ。


ドルトムントは1月の12日までマルベラで合宿を行っている。




以上です。


すでに噂になっていたバレルディの獲得ですが、アルゼンチンでは合意間近の報道が出ているようですね。アカンジが負傷しましたし、この補強は大事ですね。来シーズンからはトプラクがその割を食うことになるかもしれませんが・・。

[ 2019/01/05 20:06 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
来シーズンでトプラクはトルコに放出でしょう。しかしアカンジ離脱となれば今シーズンは重要な戦力です。バレルディ獲得ということで早期のフィットに向けて南米の選手がいないので心配ですが活躍することを祈っています。後はオフェンスの補強と人員整理が残っていますね。イサクかフィリップのどちらかがCFでフィットしてくれれば楽になるのですが。テストマッチでアピールして欲しいですね。
[ 2019/01/05 23:04 ] [ 編集 ]
トプラクは元々放出候補に近いし、獲得するならザガドゥの方が割り食うな
過剰分はディアロをSBで使えば良いって判断なんかね
結局ハキミを右じゃなく左で使ってるし、残るか不透明だし
[ 2019/01/05 23:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。