ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ファン・ハール!グアルディオラを批判し、クロップを絶賛!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

van gaal


ファン・ハール!グアルディオラを批判し、クロップを絶賛!


ルイス・ファン・ファールはユルゲン・クロップがプレミアリーグで優勝すると確信しているようだ。そしてそれを追いかけるマンチェスター・シティには優勝するチャンスが全くないとしている。その理由はどうやらペップ・グアルディオラのようだ。



スポンサーリンク



この元バイエルン監督の見たところによると、イングランドのプレミアリーグの優勝争いは、最近直接対決でシティーに敗れたにも関わらず、すでにリヴァプールで決まっているようだ。現在はリヴァプールが4ポイント差をつけて首位に立っているが、ファン・ハールにとってはポイント差は重要ではないようだ。どうやらこのオランダ人は、グアルディオラよりもクロップのほうを評価しているようだ。


“クロップはリヴァプールを戦うマシーンへと作り上げた。守備でも攻撃でもだ。もし私が自分のお金をどちらかに賭けなければならないとしたら、リヴァプールだね。”とファン・ハールはミラーにおいて語っている。


さらに“マンチェスター・シティにはより優れた選手がいるけれど、グアルディオラの欠点はより攻撃的なスタイルでチームを作り上げることだ。常にね。チームが守備を余儀なくされると、チームは本当にひどい有様だよ。その点ではリヴァプールが本当に良いね。”と続けている。


またファン・ハールによると、クロップがチームに植えつけた態度がグアルディオラには欠けているようだ。“シティのアイデアは素晴らしいしが、戦うスピリッツが足りないね。”とファン・ハールは語っている。ファン・ハールは2009年から2011年までFCバイエルンで、そして2014年から2016年までマンチェスター・ユナイテッドで監督をしている。“誤解しないでほしいがシティのプレーを見るのも好きだよ。でもクロップがリヴァプールに対して行っていることは本当に素晴らしいね。”とファン・ファールは説明している。




以上です。

直接対決でリヴァプールが負けて4ポイント差となりましたが、これでプレミアリーグも優勝争いがより面白くなりそうですね。

[ 2019/01/07 17:47 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(7)
ペップのとこはデ.ブライネが計算外だったね。ケガが治りきってないのか未だにフラフラしてるよ。
リヴァプールはストッパー一枚とチェンバレンの代わりにやれる攻撃的MF一枚補強すれば独走かな?
クロップだから暴走だな笑
[ 2019/01/07 19:00 ] [ 編集 ]
いや、ファンハールがグアルディオラを批判してもな、、
あなたが率いたユナイテッドも闘志があるようにあまり思えなかったんですけど。
しかも、選手がグアルディオラについてきてるんだからモチベーターとしての才能もあると思うんですが。クロップとグアルディオラはホントに素晴らしい監督です
[ 2019/01/07 19:28 ] [ 編集 ]
フラグ立てられてクロップかわいそう
[ 2019/01/07 19:50 ] [ 編集 ]
シャビにサッカー選手を辞めようかと思ったとまで言わせた監督に言われてもね…
[ 2019/01/08 01:18 ] [ 編集 ]
クロップもペップと並ぶ最高の監督だからタイトルあげてほしい
クロップだってバルサやらバイエルン率いたら無敵のままタイトル取りまくるだろうに
[ 2019/01/08 04:59 ] [ 編集 ]
ファン・ハールより二人が素晴らしい監督だとは思いますね。
[ 2019/01/08 21:49 ] [ 編集 ]
クロップはサッカーをますますフィジカル&スピード重視の戦う「アスリート化」させるきっかけになった監督ですね。
それをまず絶対的に大前提として、ゲームコントロールも植え付けるという感じです。
[ 2019/01/09 05:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。