ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!デュッセルドルフとのテストマッチに勝利!香川は後半からプレー!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】
phill2.jpg


フィリップがドッペルパック!

BVB最後の最後でフォルトゥーナ・デュッセルドルフに競り勝つ!


ボルシア・ドルトムントの2019年のスタートは成功した。ドルトムントはフォルトゥーナ・デュッセルドルフと対戦したが、前半戦の試合同様、大きな問題を抱えることになった。


スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントの2019年のスタートは成功した。BVBはマルベラでブンデスリーガのフォルトゥーナ・デュッセルドルフと対戦し、マルセル・シュメルツァーの最後の1分のゴールなどで3:2で勝利したのだ。これによって前半戦唯一の敗戦となったデュッセルドルフを相手にリベンジを果たす事に成功した。その試合ではマキシミリアン・フィリップが2ゴールを挙げている。


しかし試合は12月の試合と同様、フォルトゥーナを相手に苦戦するものとなった。14分にフォルトゥーナのシュテーガーが先制点をあげたのだ。しかしキャプテンのマルコ・ロイス他、7人の選手を負傷で欠くドルトムントはフィリップの見ごたえのあるゴールで逆転することに成功している。


ドルトムントは後半から8人の選手を交代したが、それが試合の流れに大きな影響を与えることになっている。フォルトゥーナも後半からは10人の選手を交代したが、流れをものにし、67分にはカミンスキーが同点ゴールを挙げている。しかし試合終了間際にシュメルツァーがゴールを決めドルトムントが3:2で勝利している。



BVB前半メンバー451
ヒッツ
ピスチェク、ピーパー、ヴァイグル、ハキミ
ラシュル、ヴィッツェル、ゲレイロ、ゲッツェ、プリシチ
フィリップ

BVB後半メンバー4231
ヒッツ
シュメルツァー、トプラク、トルヤン、ヴォルフ
ラッシュ(61分シュヴェアマン)、ヴァイグル(62分ブルニチ)
ゴメス、香川、サンチョ
イサーク





以上です。

ドルトムントが最初のテストマッチに勝利したようですね。現在センターバックが3人も負傷していますが、ヴァイグルはこの表記を見る限りでは前半はセンターバックだったようですね。

香川選手もプレーしたようですが、移籍に関してはやはり気になるところですね。前半戦がが始まる前のアメリカツアーでは、急にシュルレがツアーから抜けて移籍が決まったという事もありましたが、どうなるでしょうか。

[ 2019/01/08 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
ゲーム見てないけどメンバー見てア然呆然。
覚えてる限り、PSMでこんなはひどいメンバー組んだのはブラジルW杯の年以来だな。中央のレギュラーが全然いない。あの時も合宿最後までメンバーか決まらず慌てて香川を呼び戻したにもかかわらずシーズン途中最下位にまで落ちたんだけど、あれを思い出させるよ。
まぁとにかくこのままケガ人だらけなら香川の移籍はとりあえず中止にしてもらいたい。これではまともに戦えん!
[ 2019/01/08 06:33 ] [ 編集 ]
香川の直近での年末囲み取材の香川の言葉とその時のニヤリ顔を知ってる人ならば、余計な意見や邪推、香川を貶すコメントなんてできるわけないですよ

↓↓↓

「まずはチームをしっかりと"選んで"、どこになるかは未定ですが~2019年はサッカーがしたいですね(ニヤリ)」(インタビューの動画では2分40秒の部分)

これでもはやお察しでしょう。
「選んで」という段階にきてるのと香川の自信溢れるニヤり顔から察せない人はいないでしょう。
ここのコメントで不安を感じてる人が多々いますが、香川自身は全く不安を感じていないのがよくわかりますし、ここの人達もその動画を知らないだけかと思いますが、しっかりと動画を見て、香川を信じて待ちましょう。
香川が「選べる」移籍先にかなり自信を持ってるので、私達はむしろ楽しみにしていましょう。
[ 2019/01/08 06:56 ] [ 編集 ]
香川対宇佐美だったので、ついつい2時近く迄ライブで見てしまいました(眠い)。
前半はやはり守備陣主力が離脱しているので、不安定な立ち上がり。先制点はピスチェクとの表記でしたが(中継映像では)、ごちゃごちゃの中からのゴールだったのでよくわかりませんでしたがフィリップだったのでしょうか?確かに2点目はフィリップのゴラッソなミドルでしたね。
後半頭から殆どの選手が入れ代わり、香川対宇佐美。
香川は別格の動きと視野の広さを活かしたパス等、試合感欠如など感じられない素晴らしい出来で、ロストもパスミスも無し。が、香川の活かすパスを活かしきれないヴォルフやイサク達…香川を活かすパスを出せない味方…唯一がサンチョでしたけど、彼もコンディション悪かったみたいで、何度もチャンスを外してました。 
香川も最後のシュート決めたかったですけど塞がれました。
香川はやはり周りが上手い選手の中で輝く選手だと、強く実感。移籍先は良く選ばねばこの試合の様に実力を活かしきれません。
宇佐美は倒されたりロストが多かったり、いまひとつでしたがコーナーキッカーになって、アシスト付いたと思います。やはりフリーキックは上手ですね。
[ 2019/01/08 08:53 ] [ 編集 ]
個人的には右SBでヴォルフ使っていたのが気になりました。右WGは既にサンチョ、プリシッチがいるのでファブレは層が薄い右SBへコンバートする事も考えているのかもしれません。ハキミ、ピシュチェクを同時起用する為にはハキミは基本左SBで使われると思うので。ヴォルフはせっかく獲得したのでローデみたいに全く出場せず移籍とはならないで欲しいです。
[ 2019/01/08 10:25 ] [ 編集 ]
香川は最後のシュートは惜しかったなー
シュメは無駄な役割を持たないときは良いプレーするし最後のゴールは良かった
CBの駒不足の状態でトプラクが逝きそうになってちょっと心配した
ファブレの分断のせいで選手間の連携がイマイチに見えたねー
[ 2019/01/08 15:17 ] [ 編集 ]
自分を奮い立たせている
人前に出る仕事をしている者、夢を与える立場にいる者は、どんな時も笑顔で自信に溢れた表情や発言をするもの。
勇ましい姿を届け続けたいと思うもの。
ましてや30歳になるベテラン。築いてきたプライドもある。
苦境に立たされている時こそ、自分がどういう態度でいるべきかという自覚がここ1年ほどの彼には確実に芽生えている。
何より「ここで腐ったら自分は終わる」という危機感が己を奮い立たせている。
メンタルのコントロールを当然、彼はできている。
[ 2019/01/08 16:16 ] [ 編集 ]
態度まで作り物としちゃうのかぁ
あの顔はメンタルコントロールではなく自然なもの、自信からくるものに見えますけどね
どうしてもそういう方向にしたい人もいるのが残念
もちろん、ここ数年で精神的にかなり成長してるのは同意です
[ 2019/01/08 18:46 ] [ 編集 ]
フィリップ使わないで移籍させるなんてもったいなさすぎる
いつでも真剣にプレーするし勝利への強い気持ちもあるし何よりあの決定力
使わない理由がない。ゲッツェがより優先されているのは意味不明
[ 2019/01/08 19:40 ] [ 編集 ]
06:56さんに同意します!
そう「選んで〜」と言っていましたね。終止ワクワク顔でしたしね。あれが全て演技だったならある意味凄く成長したとも言えますが、
ファンの自分としては自分の気持ちに純粋に素直な香川選手でいてほしいので彼の言葉のまんまを信じたいと思います。
それにしても久しぶりに試合に出ているの見れました。やっぱり香川選手がボールを持つとワクワクしますね。
[ 2019/01/08 22:04 ] [ 編集 ]
帰国時の香川のインタビューです。

「この3カ月間、悔しい気持ちを常に抱えながら暮らしてきたけど、いかに自分をコントロールするかを考えてきた。
ホントにネガティブな要素ばかりある中で、前向きにやっていくことも経験できた」

大人になったということでしょう。
もうベテランの先輩ですから自覚がなければおかしいです。
日本代表の後輩たちも彼の言動は見ているわけですからね。
[ 2019/01/09 05:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。