ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

クロップ!リヴァプール!FAカップ敗退!シティ戦に続き連敗!《ドイツの反応》

【ビルト】

klopp 3


ポカール敗退!クロップ、失態!!!!



クロップとリヴァプールが敗れた。リヴァプールはウォルヴァ―ハンプトン・ワンダラーズに対して1:2で敗れ、FAカップ三回戦で敗退する事になったのだ。

ウォルヴァーハンプトンはラウル・ヒメネスのゴールで38分に先制したが、51分にはオリギのゴールで同点としている。しかしその後ルビン・ネヴェスが勝ち越しゴールを決めている。

スポンサーリンク



注目に値するのは、クロップはフィルミーニョ、サラー、マネーの3人をベンチに置いたことだ。彼はこの3人を温存したかったが、それで敗れてしまったのだ。

クロップはマンチェスター・シティ戦から9人も選手を入れ替えてきた。ミルナーとロヴレンの二人だけが引き続きスタメンとなっている。代わりに出た選手は18歳のカマチョや17歳のジョーンズだ。

リヴァプールにとって不運だったのは、ロヴレンが負傷してしまったことだろう。その代わりに16歳のヘーヴァーがプレーしている。これによって彼はFAカップ史上最年少となっている。


クロップはようやく70分になってからサラーとフィルミーニョを投入しているが遅すぎた。レッズはこの20分で試合をひっくり返すことができなかった。マンチェスター・シティ戦に続いての敗戦となってしまった・・。

これによってFAカップ優勝の夢が途絶えた・・。




以上です。

プレミアリーグはリーグの争いが激しすぎて、カップ戦までは手が回らないという感じですね。リーグとチャンピオンズリーグを重視したら、どこかでメンバーを落とさなければならないのは仕方がないことでしょう。

ドイツはカップ戦も一つしかありませんし、リーガの試合数も少ないですから、二つのタイトルの獲得を本気で狙ってもなんとか回りますね。なのでドイツでは1部が4部のクラブと対戦するとかでなければ、基本カップ戦(ポカール)もベストメンバーで臨みます。




[ 2019/01/08 17:44 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
もう一つのカップ戦は落としてもなんともありませんがFAカップは権威あるほうのカップ戦なので、選手を落としたのはクロップが舐めすぎたんでしょうね

[ 2019/01/08 17:47 ] [ 編集 ]
 プレミアリーグで三冠成功したチームの中でFAの全試合を全力で戦ったチームはないでしょう。格下との試合では出来る限り主力を温存しつつターンオーバーしていかないとシーズン終盤まで耐えられません。CLとリーグのタイトルを早々に捨てるなら話は別ですけどね。

 リバプールにとって重要なのはリーグ戦とCLですから、早めに敗退したのはむしろ良かったかもしれない。
[ 2019/01/08 18:57 ] [ 編集 ]
ケガ人多すぎてスタメン組疲労溜まってCLとリーグは手は抜けないし、休ませるなら今しかないです。しかし今日に至ってはロブレンまで怪我してCBがファンダイクしかいなくなるので。クロップは舐めてた訳じゃないです。
[ 2019/01/08 22:41 ] [ 編集 ]
て言うか、今シーズンのLiverpoolはクラブもファンもプレミア優勝を一番望んでいるんじゃないですか?じゃなければ、あそこまで若手を使わないでしょう。
プレミアの過密日程で三冠はレッズに限らず、かなり難しいと思います。今年はクロップとレッズには優勝して欲しいなぁ・・・
[ 2019/01/09 00:04 ] [ 編集 ]
まあ過密なので仕方ないでしょう…
主力と控えの差が大きいですね。
レスターは4部相手に敗退しましたよ。
岡崎は前半だけで交代させられていました…
[ 2019/01/09 00:49 ] [ 編集 ]
そーいやFA杯や天皇杯に準じるカップ戦が無いのか
正月も試合やってくれてるしプレミアリーグには感謝しかないね
[ 2019/01/09 16:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。