ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ミュラー!ドルトムントに宣戦布告!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

muller5.jpg


ミュラー!ドルトムントに宣戦布告!



BVBに6ポイント差!バイエルンは6年連続優勝した後で、BVBを追いかけるハンターとなっている。


しかしトーマス・ミュラーはこの不慣れな役割を受け入れることができるようだ。そしてスポーツビルトに対して、“僕たちの目標は1試合ごとにドルトムントとのポイント差を縮めていくことだね。”と語っている。

スポンサーリンク



ミュラーがドルトムントに宣戦布告!


バイエルンは前半戦、重要なポイントを落とし、さらにドルトムントとの直接対決にも敗れている。トーマス・ミュラーもシーズン序盤苦労していたが、しかし調子は上向きだ(4ゴール4アシスト)。そしてまだ優勝はドルトムントで決まったわけではない。現在バイエルンはドーハで後半戦に向けて準備中だが、1月の18日に後半戦が開始する。バイエルンの相手はホッフェンハイムだ。


そしてトーマス・ミュラーもまだ夢を諦めていない。このワールドカップ優勝者は優勝争いについて、“34試合目に逆転優勝を決めることができたら夢のようだね。そうなったらこれまでのシーズンとはまったく違ったものになるだろうね。”と語っている。バイエルンはここ数年、何試合も残して優勝を決めていた。そのため大きな喜びがなかったのだ。ミュラーはそのシナリオについて、“でもそうなったら、それまでずっと震えなければならないけれどね。”とも答えている。


さらにニコラス・ズィーレもドーハでBVBに宣戦布告している。“僕たちが優勝すると思っている人はもういないけれど、6ポイントは大した差ではないね。”とズィーレは語っている。17試合で17勝するのは難しいが、バイエルンだったらそれも可能だとのことだ。その理由はズィーレにとっては簡単だ。“最高のチームだからね。”と彼は答えている。





以上です。

バイエルンが本気で追いかけだしたら、6ポイント差はあってないようなものですね。9ポイント差だったらもう少しおとなしかったかもしれませんが・・・。とにかくドルトムントは簡単な相手にポイントを落とさない事と、直接対決を制することが大事ですね。



[ 2019/01/09 06:21 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
怪我人や疲労も出てくるでしょうから、控えの選手達がいかに活躍できるか、いかに上手くターンオーバーしていけるか。
ファブレの手腕に期待しています。
[ 2019/01/09 06:33 ] [ 編集 ]
デュッセルドルフとのゲームを動画で見たけど相変わらずカウンターに弱い。中盤でボール持てないし人数もかけないからいとも簡単に切り返えされる。センターバックもいないことだしとりあえず真ん中3枚でやってサイドバックとフォワード1枚ずつ中盤参加の形の方がいいと思うけどやんないね。
これではカウンターの上手い、後ろできっちり守れて絶対的なフィニッシャーがいるレッドブル、フランクフルト、デュッセルドルフ、バイエルンあたりには苦戦するな。打ち合い大好きな大迫達やギンタ達に現実的にやられても危ない。最悪でも最終節まではもつれて欲しいけどね。
[ 2019/01/09 08:20 ] [ 編集 ]
対策の打たれた後半戦ですからねぇ。怪我人も多く、あっさりと追いつかれそうで怖いですね。ただまあ、バイエルンも過渡期で不安要因を抱えたままという現状ですが。
[ 2019/01/09 08:20 ] [ 編集 ]
バイエルンがひたひたと追いかけてくると思うと不気味ですね。後半戦はチームの総合力が問われますからファブレも上手くローテしないと厳しくなるでしょう。香川ももっと上手く使えば夏までは残ってくれたのに。これから香川の力が必要なのにもったいない事しましたよね。今となったら香川は冬に去ることしか考えてないでしょうから残念ですよ。
[ 2019/01/09 09:35 ] [ 編集 ]
今までなんとなーく勝ってたけど負けちゃったからなー
まーBVBにはもう期待してないし、ロイスが大きな怪我無くシーズン終えてくれたらそれで良いよ
[ 2019/01/09 16:25 ] [ 編集 ]
たった1敗しかしていないのだから本当に強いし素晴らしいですよね。
強いドルトムントが帰ってきて嬉しいです。
世界中から注目を浴びているのが分かるし、最後のメングラ戦は感動しましたね。
[ 2019/01/10 13:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。