ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!「人生で最高の状態!」ドイツ紙インタビュー《ドイツの反応》

【OPオンライン】

hasebe34.jpg



長谷部!「人生で最高の状態」


長谷部誠はドイツに住んでもう11年になる。現在結婚し、父ともなっている彼は非常に知的だ。彼はすでに数年前にアドバイス本を出版している。彼はインタビューにおいて自分の年齢や役割について語っている。



長谷部さん、あなたはマッツ・フンメルスやジェロム・ボアテンよりも優れたセンターバックですか?


もしかしたらそうかもしれないし、そうじゃないかもしれません(笑)。もちろん前半戦は僕にとっては素晴らしいものでした。そしてジャーナリスト達からブンデスリーガで最高のセンターバックに選ばれたのは誇りに思います。でも僕は3バックのリベロであって本来典型的なセンターバックではないですからね。

スポンサーリンク



このような評価はあなたにとって意味がありますか?


もちろんパフォーマンスが認められるのは嬉しいです。何よりもチームメートが僕を信頼してくれることが。信頼されることでよりモチベーションも上がりますからね。



あなたは今人生で最高の状態ですか?


そうですね。そう言っても良いと思います。昨シーズンもポカール優勝やロシアワールドカップで決勝トーナメントに進出していますし、今シーズンもまたうまくいってますからね。でも僕にとって重要なのは、僕が今でもハングリーな事ですね。



35歳になっても?



そうなんですよ。フィジカル面でも良いと感じていますし、だから少しでも長くプレーしたいんです。アイントラハトとの契約も延長しました。



太ももの負傷の状態はどうですか?


太ももの状態は良いですよ。負傷は軽かったので。ローマ戦で違和感が出てから、プレー続けなかったのが幸運でしたね。



あなたはチームでは最年長ですね。リーガでもレギュラーとしてはフランク・リベリーに続く年配ですが。いったいどうやっているんですか?


簡単ですよ。人生すべてをサッカーに捧げているんです。フィールドの中だけではなく、それ以外でも。食事に気を付けて十分な睡眠をとっています。



あなたのチーム内での役割は?


他の選手たちが良くしゃべりますので、チームではおとなしくしています。最年長なので責任は担わなければならないですね。



時には長谷部誠も声を荒げるときはありますか?


時々審判とはありますね(笑)。エモーション、情熱、良いジェスチャーがフィールド上では重要なんです。



昨シーズンは良い前半戦の後で、後半戦はパフォーマンスが低下しましたね。今シーズンはどうなるでしょうか?



前半戦が良かった事で、後半戦はほかのクラブももっと分析してくるでしょうね。だからそれに対応できなければなりません。でもここアメリカでの環境は理想的ですし、しっかり準備できると思います。





以上です。

長谷部選手の最新インタビューが掲載されました。すでにチームトレーニングにも復帰したようですし、何より軽傷で良かったですね。後10日でブンデスリーガ後半戦が開幕しますから、後半戦での活躍にも期待しています。




[ 2019/01/09 21:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
EL優勝期待する
[ 2019/01/09 21:36 ] [ 編集 ]
なんというかやはり長谷部選手の抜けた穴は大きいと代表戦を見て実感しました
[ 2019/01/09 22:41 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガは4大リーグの中で一番平均年齢が若いリーグですしね。なんかもうすぐ長谷部がリーグ一番の年長者になりそう。いろんな記録を打ち立ててほしいです。
[ 2019/01/10 00:02 ] [ 編集 ]
>人生すべてをサッカーに捧げているんです。フィールドの中だけではなく、それ以外でも。
とあるプロフェッショナルな選手に聞かせたい言葉ですね
[ 2019/01/10 00:40 ] [ 編集 ]
帰ってきてくれ~
[ 2019/01/10 03:18 ] [ 編集 ]
整ってるなあ
[ 2019/01/10 19:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。