ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【アジア杯!】ブレーメンの大迫がアジアカップで2ゴール!!《ドイツの反応》

【ラジオブレーメン】


osako11.jpg


ヴェルダーのストライカー大迫がアジアカップで2ゴール!!


“ブルー・サムライ”がサッカー小国トルクメニスタンのスタートを難しいものとした。大迫が2ゴールで試合をひっくり返したのだ。



ブレーメンのチームが南アフリカで合宿を行っているが、ヴェルダーのストライカー大迫勇也は日本代表でアジアカップを戦っている。この28歳は日本の最初の試合で2ゴールを達成したのだ。最終的には、明らかに有力とみられていた日本がランキング127位のトルクメニスタンに3:2とぎりぎりの勝利を収めている。




スポンサーリンク



アブ・ダビで行われたこの試合では、“ブルー・サムライ”が長い時間帯にわたって相手を圧倒する。しかしアマノフのゴールで相手に先制されてしまい、そのまま前半が終了してしまう。


しかし後半から大迫が56分と60分にゴールをし逆転に成功すると、さらに堂安律がゴールを決めて日本が3:1とリードする。しかしその後トルクメニスタンのアタイェフが一点を返し、試合は再び緊迫したものとなっている。最終的には日本がそのまま勝利し、大会のスタート失敗を免れている。



大迫とそのチームメートは日曜日にオマーンと対戦する。






以上です。

大迫選手が2ゴールを挙げる活躍をしてくれたようですね。ブレーメンの地元放送局も大迫選手の活躍を中心に日本代表の活躍を伝えていました。

[ 2019/01/10 06:04 ] 日本人インタビュー | TB(-) | CM(5)
大迫、原口とロシア組流石でしたね
苦戦しましたが、乾、武藤のカードをつかってないので、まだ楽観視してます。

大迫のマークが今後きつくなれば別の選手が空くだけです
[ 2019/01/10 10:46 ] [ 編集 ]
大迫はさすがだけど、中島翔哉の不在をみんな嘆いていますね。
[ 2019/01/10 13:46 ] [ 編集 ]
3試合は調整だとは思うけど酷いね
南野とか控えの意味が良くわかった
スタ弁ジャパンだからあまり期待するなよw
[ 2019/01/10 16:05 ] [ 編集 ]
原口は消えてる時間帯が多かった。
守備こそ貢献しているが長友が上がったスペースを狙われるのは必然、そこをカバー出来ないようでは原口を使う意味がない。
キーパーのミス然り、トップコンディションを先に置いている事も確かだとは思うが、
今の代表はまだまだ完成度が高いとは言えず
穴が多い。特にキーパーと一対一になる頻度も大きな問題で綱渡り状態。
乾に期待するのは酷な気がする。
[ 2019/01/10 17:25 ] [ 編集 ]
SBの上がりのカバーをするのは当然って考えがおかしい
SBはアタッカーじゃないんだから、ウィンガーがSBのしりぬぐいを要求するのは優先順位が間違ってる

長友が上がる事をよしとしてるみたいだけど、上がるとき、あがらない時の判断ができてたら今でもイタリアにいたと思う。ポジショニングと判断に問題がないとは言えないんだから。原口にカバーを要求するのは、長友の力量がないと言ってるも同じになるよ
[ 2019/01/10 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。