ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル!デンベレについて「彼は少しクレイジーだね。」と説明!《ドイツの反応》


【スポーツビルト】


tuchel-thomas-600.jpg

トゥヘル、デンベレーについて、“彼は少しクレイジーだね。”と説明


ウスマン・デンベレはそのスキャンダラスな振る舞いでバルセロナで新聞の見出しを飾っている。不規則、不摂生で目立ったかと思えば、次にはフィールドで輝かしいプレーをし目立ったりする。


しかしデンベレーはすでにドルトムント時代から天才とクレイジーの両面を持っていたようだ。“彼は本当に類まれな若者だね。すごく親切だけれど、少しクレイジーだよ。”とトーマス・トゥヘルは説明している。


スポンサーリンク



現在PSGの監督をしているトーマス・トゥヘルは、デンベレーのスポーツ面に関する能力を絶賛している。“ウスマンは信じられない選手ですごい才能を持っているね。どのトレーニングでも彼が特別な才能を持っていることは明らかだったよ。”とトゥヘルは語っているが、それと同時に別な面もあったようだ。しかしトゥヘルはそれをユーモアをもってとらえている。“彼に関しては、面白い話が沢山あったよ。一度たりとも退屈ではなかったね。”とトゥヘルは付け加えた。


デンベレーはトゥヘルの下でブレイクし、スタメンからチームをけん引する存在へと成長した。彼らはシーズンの最後にポカールで優勝している。


トゥヘルは、“彼と最初に話をしたときに、バルセロナでプレーしたいと言っていたよ。そして今彼はそこにいる。それが彼が目標を達成できることを示している。でも彼はこれからも集中して成長しなければならない。”と続けている。



デンベレーは2017年の夏にストライキの末、FCバルセロナに移籍している。いずれにせよドルトムントはその代わりに大金を手に入れている。





以上です。

デンベレーはドルトムント時代には、強豪相手に一人でも通用していましたね。ポカールでバイエルンを破ったのはほぼ彼のおかげでしょう。


プリシチも彼と並ぶ才能とされていましたが、一人で打開できる局面はデンベレーと比べるとだいぶ少なかったですね。


まあ二人とも巨額の移籍金で去ってしまったわけですが、今いる若手サンチョにはできるだけ長くプレーしてもらいたいですね。





[ 2019/01/10 12:20 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(6)
デンベレはプレスかいくぐってボール持ち上げさせたらかなり凄い。もっとも狭いとこ苦手だからそこまでだけど笑。だから適当な性格も相まって伸び悩んでる。
カップ戦勝たせたのはトゥヘルだよ。アンチェロッティの向こうを張って4321やったおかげでバイエルンのサイドバックとセンターバックを釣り出すことに成功してその裏にデンベレ走らせた。戦術がうまいことハマったよ。
[ 2019/01/10 13:20 ] [ 編集 ]
とてつもないスターで世界のサッカーファンを魅了しているのは間違いない。

あと今シーズンのCL優勝はパリ・サンジェルマンだと戸田和幸さんが予想してましたね。
戦術家のトゥヘルを大絶賛してました。
[ 2019/01/10 13:54 ] [ 編集 ]
 デンベレの話がでる度にバロテッリを連想します。天性の恵まれた才能がありながら道を極める意識がない道楽主義者。周囲の人々から見ると才能がもったいない感じがして残念ですけど、才能に恵まれすぎた当人はそんな事どうでも良いのでしょう。
 才能だけで比較すれば、プリシッチはデンベレの足元にも及びません。
[ 2019/01/10 14:56 ] [ 編集 ]
デンベレが伸び悩んでる?どんどんフィットしている様にしか見えませんけど…メッシ、スアレス、デンベレは良く機能してますし、今やバルサで完全にレギュラー取りましたよね。コウチーニョがベンチウォーマーになってしまいました。
バルサの試合はよく見ますけど、デンベレは皆に可愛がられている様にみえます。たぶん、いろいろぶっ飛んでて面白い人なんだろうと思いますよ。バロッテリの様な悪童では無く、規格外な人、常識外れな人でしょうが、悪意はない感じですね。だからバルサも手を焼きながらも、サポート体制に重きをおいているのだと思いますよ。
タイプは少し違うけど、噛み付きスアレスの様に、ちょっと常識外れだけど話せば面白いし熱く良い奴、ぶっ飛んでて飽きない人なのだと思ってます。
[ 2019/01/10 19:56 ] [ 編集 ]
アジリティ、視野の広さ、ボールコントロールの3つがともかくすさまじい選手でしたね
ドルトムントいた時は攻撃はデンベレが相手を抜いて守備組織崩すのが当たり前みたいなレベルでしたし
これでロナウドぐらいストイックだったらどんなレベルに到達しちゃうんでしょ
[ 2019/01/10 21:10 ] [ 編集 ]
ドルトムント時代の
アウェー モナコ戦
ポカール準決勝 バイエルン
ポカール決勝フランクフルト

の流れは凄まじかった。
もはや周りの選手と同じ人間とは思えない。
次元が違う化け物だということを見せつけてましたね。
[ 2019/01/11 06:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。