ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【レイプ疑惑】ラスベガス警察!クリスティアーノ・ロナルドのDNAサンプルを要求!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

Ronaldo7.jpg

ラスベガス警察!クリスティアーノ・ロナルドのDNAサンプルを要求!

ラスベガスの警察がクリスティアーノ・ロナルドのDNAサンプルを要求した。


クリスティアーノ・ロナルドはレイプ疑惑がもたれているが、現地の警察がロナルドのDNAサンプルを要求している。その件に関して木曜日に“ウォール・ストリート・ジャーナル”が報じている。そして現地警察はドイツ・プレス・エージェントに対してイタリアに公式な文書を発送したことを認めた。

スポンサーリンク



アメリカ人のカトリン・マヨルガが2009年にロナルドにレイプされたとして訴えていたが、それによると当時24歳だったロナルドはマヨルガとナイトクラブで知り合った後で、彼のホテルのスイートルームへと誘ったようである。そしてその後マヨルガをレイプしたようだ。その後彼は自分が“普段はジェントルマンなんだ。”謝罪したとされている。


この件においては当時のマヨルガの衣服が重要な証拠となる。“ウォール・ストリート・ジャーナル”によると衣服からは彼女以外のDNAが検出されたとのことだ。そしてそのDNAとロナルドのDNAサンプルが比較される事となるようである。すべての証拠がそろった時点で、警察は検察にそれらを提供することになる。ロナルドはすでにこの疑惑を否定しており、ラスベガスの件は合意の元だと主張している。




以上です。

捜査は引き続き進んでいるようですが、どのような結末になるでしょうかね。どうなるにせよきちんと真実を解明してほしいですね。


[ 2019/01/11 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
この報道では犯人を探すのではなくロナウドを犯人と決めつけたくて要求してるようで、不正をするんじゃないかと勘繰りますね。ロナウドの弁護士にがんばって欲しいところです。
[ 2019/01/11 19:06 ] [ 編集 ]
ロナウドはそもそも関係を持ったことは認めてるわけでDNAが残っていたとしても何の証拠にもならないでしょうね。ロナウドなら莫大なお金で和解することも出来るでしょうから、それをしないということは本当に合意があったのだと思います。
これでロナウドが敗訴するようなら続いて何度も訴えられそうですね。
まぁこれも自身の女癖が招いたことですが。
[ 2019/01/11 21:23 ] [ 編集 ]
 この類の裁判は女性側の証言を真として進行さるので男性側は難しそうだ。事件直後の診察記録や映像などの確実な証拠でもないと、どちらの証言も立証不可能となり平行線なのでどこかで示談になるのかな?
[ 2019/01/11 21:48 ] [ 編集 ]
時に凡民は忘れがちになるが、一流アスリートであるよりも一流とまでは言わないまでも、まともな人間であることの方がずっと大事なことだ。
もしほんとうに性犯罪を犯したのなら、どんな記録を打ち立てようとも取り返しはしない
[ 2019/01/11 22:34 ] [ 編集 ]
クラブで夜遊びしてたのを誘われてホテルにホイホイ行った時点でね。。金が欲しいんだろうね
[ 2019/01/11 23:17 ] [ 編集 ]
この1件は合意だったけど望まないアブノーマルな行為を強引にされたからという事ですよね
[ 2019/01/12 14:31 ] [ 編集 ]
ロナウドを貶める兼お金目当てな気しかしないから証拠をでっち上げそう

ロナウドのこれまでを見てるとナルシストな分自分自身に超厳しいからやったことへの対応を有耶無耶にするとは思えないし、双方合意だったなら問題ないってことになるんだけど
[ 2019/01/12 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。