ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

チェルシー!ハドソン・オドイを巡ってバイエルンをFIFAに提訴か?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


odoi.jpg


チェルシー!バイエルンをFIFAに提訴する可能性!


この交渉はまだ時間がかかりそうだ・・・。


バイエルンはチェルシーの若手ハドソン・オドイの獲得を目指しており、それに関してはすでにスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチが、カタールのキャンプ地で、“絶対に獲得したい選手だ。”と発言していた。


スポンサーリンク



しかしチェルシーがバイエルンに抱く印象は悪いようだ。イングランドの“サン”が報じたところによると、ロンドンのチームはバイエルンをFIFAに提訴するつもりのようである。


チェルシーはまず、バイエルンがFIFAの規則に違反していないか調べるつもりのようだ。バイエルンが、チェルシーが許可を出す前にハドソン・オドイに接触したかどうかが争点となっている。


さらに代理人や家族との接触もクラブが許可を出すまでは認められないことになっている。



チェルシーはこの点に関してはまだ証拠はないようだが、この状況が変わり次第、バイエルンを提訴するつもりのようだ。


すでにサリハミジッチは家族と接触したことを明かしてしまったが、問題はそれがいつだったかという事だ。


背景:チェルシーはこの若手の放出を拒んでおり、移籍金を徐々に吊り上げている。バイエルンはオファーの金額を3900万ユーロまで上げたようだ。




以上です。

これまでの流れからするとチェルシーはオドイは放出するつもりに見えますね。すでに交渉は始まっているわけですから・・。揺さぶりをかけて移籍金を吊り上げようとしているようにも見えますが、どうなるでしょうか・・。オドイに関してはドルトムントも興味を持っているとされていましたが、それは単なる噂だったようですね。ドルトムントはグラートバッハのアザールを本気で狙っているようです。


[ 2019/01/11 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
プリシッチを6400万€で売却してバレルディを1600万€+アザールを4200万€で獲得出来れば確実にチームにとってプラスだし、まだお釣りが来るレベル。オドイはプリシッチが来るまで売るつもりも無いでしょうしウィリアンに今冬のバルセロナ移籍の噂があり、中々断れないレベルのいい条件らしいので、オドイに関してはチェルシーが色々時間稼いで夏に持ち越しにするつもりでしょうか。
[ 2019/01/11 21:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。