ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!新たに左サイドバックの選手を獲得か?ベルガモもゴセンスに興味!《ドイツの反応》

【ゴール】

robin gosens


ドルトムント、アタランタ・ベルガモのロビン・ゴセンスに興味!


このドイツ人選手は若いにも関わらず外国でプレーしているが、彼の夢がもう少しで実現するかもしれない。


ボルシア・ドルトムントはどうやらセリエAのアタランタ・ベルガもでプレーするロビン・ゴセンスに興味を持っているようだ。そのことをスカイスポーツ・イタリアが報じている。


スポンサーリンク



BVBのスカッドは巨大であるが、ルシアン・ファヴレのチームにはマルセル・シュメルツァーしか左サイドバックを本職とする選手がいない。ラファエル・ゲレイロはファヴレの下では基本的には前で起用されている。


ゴセンスにはこの穴を埋めることができるかもしれない。この24歳の左サイドバックは複数のポジションでプレーでき、すでにセントラル・ミッドフィルダーとしてもプレーしている。


このドイツ人は18歳まで地方リーグのレーデでプレーしていた。当時はドルトムントのテスト・トレーニングにも参加しているが、最終的にオランダ一部のアルンハイムに移籍している。


“ドイツで僕の名前が挙がっても、専門家の10人中9人は僕の事を知らないだろうね。”とごセンスはTオンラインに対して語っている。その後で“ブンデスリーガは目標だし、僕の夢だよ。”と続けた。


ゴセンスは2017年の夏にヘラクレスからアタランタへと移籍し、セリエA36試合でプレーしている。彼の契約は2020年までとなっている。




以上です。

新たに左サイドバックの選手を補強するのは良いですが、まずはトルヤンを放出する方が先のような気がします。しかファヴレにはゲレイロを左サイドバックで使うつもりは全くないようですね。ゲレイロは確かに前線でも結果を出していますが、長期的に見ればやはりそのポジションでレギュラーになる可能性は低いと思いますが、どうなんでしょうね。最近はヴォルフにサイドバックさせたりしていますが、ファヴレは好みでないタイプは起用しないというのが非常にはっきりしていますね。



[ 2019/01/12 18:45 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(5)
ペップやクロップとファブレは同じだね。
[ 2019/01/12 18:51 ] [ 編集 ]
トルヤン放出が先なのは賛成だが受け取り手がそもそも無ければ移籍出来ないし、残してもトルヤンは使えない。トレーニングで見て使えるレベルに達していないと思ったのか理由は分からないけどファブレの頭数に入っていないのなら左サイドバックが手薄なのは確か。シュメルツァーがもうすぐ31だから後継者をそろそろ見つけないといけないとフロントは思ったのかも。トルヤン、ブルニッチ、イサクあたりは本人達の為にも移籍させてあげた方が良さそう。ゲレイロに関してはサイドバックだと守備の弱さが目立つからなぁ…。同じ身長でもマリオ ルイぐらい体張ってタックルしてくれれば良いんだけどね…。W杯のポルトガル代表でのプレー見てたらサイドバックでは厳しいと誰でも思う。実際代表でも前線で起用されてるし意外と適正ポジションかも。テストマッチで右サイドでプレーしてて点取ったし攻撃性能活かす為に後ろから前専門になるベイル、セセニョンタイプかも。
[ 2019/01/12 19:09 ] [ 編集 ]
ハキミは買取オプション無いし、彼はレアルに帰る事しか考えてないから新しいSBを考えるのは当然。
ゲレイロは怪我してからはどの監督もSBでは起用していない。ロスト多くなったしスライディング等やらなくなった感じ。再度の怪我が怖いのかも…
[ 2019/01/12 19:18 ] [ 編集 ]
ファブレは現代サッカーをしっかり分かっていますよね。
ゲレイロのSBはポルトガル代表でも守備が貧厳しいですし、サイズが足りないので起用しないのは良く理解できます。
それでも彼には素晴らしい攻撃力と得点力があるのでSHまたはWB起用が最も合っています。
そのポジションでのプレーはキレキレで本当に素晴らしいですからね。
ヴァイグルにしても急速にアスリート化している現代サッカーで苦しくなっているのは必然であって、そのアスリート化の極限のような試合がまさにこの前のリバプールVSマンチェスターシティでしたね。
[ 2019/01/12 19:37 ] [ 編集 ]
どうせ左サイドバックをとるなら、去年噂に出てたミランのリカルドロドリゲス取ってほしい。逸材だし、ファブレと同じスイス出身。
ただ、そのためには人員整理がまず優先でしょうね。ちなみに、ファブレのマネジメントは正しいと思います。期待を持たせて中途半端に残留させるより、足をはっきり伝えて移籍させたほうが選手のためでしょう。
[ 2019/01/13 05:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。