ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

モウリーニョ監督!レアル・マドリッドに復帰か?ベンフィカは断る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


mou.jpg

モウリーニョ、レアル・マドリッドと接触か?
すでにベンフィカは断る!

ホセ・モウリーニョ監督はマンチェスター・ユナイテッドを首になっているが、どこに行くだろうか?この監督はすでにベンフィカ・リスボンからの話は断ったとされているが、レアル・マドリッドに復帰することになるかもしれない。



スポンサーリンク



すでにベンフィカのヴィエイラ会長が、“彼が‘はい’と言ったらすぐにでも彼を獲得したい。”と発言していたが、モウリーニョはそのオファーについて、“これまでのキャリアにおいて、一度たりともそうした質問を認めたことも否定したこともない。”と語っている。



しかし“それについては本当に話をしたくはないが、偉大なクラブと会長に敬意を払って一言いいたい。まだオファーは届いていない。もしオファーが届けば私の決断を最初に聞くのはベンフィカということになる。”と語っている。


モウリーニョは2000年に数か月ベンフィカで監督をしている。その時はユップ・ハインケスの後継者としてだった。しかしモウリーニョがベンフィカに戻る可能性はほぼない。“噂を終わらせるためにも言うが、今のところポルトガルで働く気は全くない。ベンフィカにとっては最も良い決断はブルーノ監督を支え、落ち着いて将来について考える事だろう。”と語っている。


またさらにレアル・マドリッドもモウリーニョの獲得に興味を持っているとされている。“監督や選手が返ってくるということは、彼がそこでポジティブな事を行ったことを表している。チェルシーに戻った時もそう感じたし、選手がクラブに復帰することは最高の栄誉だよ。”とモウリーニョは語っている。




以上です。

モウリーニョにレアル・復帰の噂が上がっていますが、どこに落ち着くか楽しみですね。移籍に関して認めたことも否定したこともないと前置きしておきながら、ベンフィカの件に関しては随分たくさん話してくれていますね。




[ 2019/01/12 19:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
ラモスがモウリーニョか自分かどちらかだと啖呵を切ったとの報道もありますね
[ 2019/01/12 22:09 ] [ 編集 ]
レアルに復帰したらクルトワほんと笑えるな
[ 2019/01/13 05:47 ] [ 編集 ]
今のモウリーニョは、プレミアの残留争いのチームを残留させるのが一番向いている。
[ 2019/01/13 06:43 ] [ 編集 ]
レアルは今つまらないサッカーをしてでも勝たなくてはいけない時期だから可能性はあるかもね。ただモウリーニョは時代遅れ感あるし、今まではなんだかんだ大きなタイトル獲ってたけどユナイテッドではELくらいしか獲ってないのがサポーターへの印象悪い気がする。
[ 2019/01/13 14:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。