ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァークーゼン!ボシュ監督!「ドルトムントでの失敗を繰り返してはならない!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

bosy.jpg


レヴァークーゼン!ボシュ監督!「ドルトムントでの失敗を繰り返してはならない!


ペーター・ボシュが、レヴァークーゼンの監督として、会長のルディ・フェラーとSDのサイモン・ロルフェスと共に記者会見の場に現れた。そした新たなクラブでの彼の哲学について語っている。“我々はどの試合にも勝つつもりだ。”とこの55歳のオランダ人は語っている。


ボシュは当然全試合勝利することはほぼないだろう、ということはよく分かっている。そのため彼はそう発言した後で、“もちろん現実的でなければならないね。”と付け加えている。いずれにせよこの現実的な見方が、レヴァークーゼンを最終的にはヨーロッパリーグまで押し上げなければならない。


スポンサーリンク


ロルフェスはボシュを信頼して、“ぺータ―・ボシュのサッカーは攻撃的で魅力的だ。そして我々のチームにはそのスタイルに合っている選手が多くいる。”と語っている。



しかしボシュはそんなに早くチームが変わることはないとみている。“2週間という時間は決して多くはないよ。”とボシュは語ったが、レヴァークーゼンは19日に3位のグラートバッハと対戦する。チームはヨーロッパリーグ入りを実現するには“非常にハードに働かなければならない”とのことだ。



ボシュはさらにド2017年のドルトムント時代にも言及している。ボシュは半年間でクラブを去らなければならなかったが、“ドルトムントでやってしまった失敗はここでは繰り返してはならない。”と語った。しかし細部に関しては彼は語りたくないようだった。そして、“しかしそこで得た経験は活かしたい。失敗から学ばなければならないからね。”とボシュは続けている。ボシュは2017年にすでにレヴァークーゼンと交渉していたが、最終的にはドルトムントの監督に就任していた。それに関してフェラー会長は、“ようやく彼がここにやってきた。”と語っている。


レヴァークーゼンはグラートバッハとの試合の後は、26日に5位のヴォルフスブルク、そして2月2日にバイエルン・ミュンヘンと対戦する。そして2月24日にはドルトムント戦だ。

この監督にはそれほど多くの時間がないが、フェラー会長は“我々は彼がアムステルダムで見せたスタイルに魅了されている。”と語っているが、ペーター・ボシュは2017年にアムステルダムで才能あふれる若い選手たちを起用しヨーロッパリーグで決勝まで進んでいる。







以上です。

ペーター・ボシュがどのようなサッカーを見せてくれるのか楽しみですね。しかしレヴァークーゼンはいきなり3位、5位、2位のチームと対戦するので、出だしは簡単ではありませんね。本来であればそこに入っていけるだけの戦力のあるチームではありますが・・。



[ 2019/01/13 18:09 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
ドルのボシュは何も出来ずに固まってるだけの印象だったなあ
[ 2019/01/13 18:23 ] [ 編集 ]
中心に据えてたゲッツェとシュールレも連れて行って一緒にやってほしい
[ 2019/01/13 20:55 ] [ 編集 ]
そらボスは好きなように補強も出来ず、戦術も選手選考も指示されてた感じだしね
[ 2019/01/13 22:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。