ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレ監督!ロイス、アルカセル、サンチョを絶賛!ゲッツェにも言及!《ドイツの反応》

【Sport.de】

favre10.jpg


こんなのはまだ経験したことがないよ!!

ファヴレ!アルカセル、サンチョ、ロイスを絶賛!


ルシアン・ファヴレは2018年からボルシア・ドルトムントを率いている。このスイス人は前半戦でリーガ首位、そしてチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出を決めている。この61歳はアルカセル、マルコ・ロイスのキャプテンとしての役割、そしてマリオ・ゲッツェの好調について語っている。

スポンサーリンク



彼によればジェイドン・サンチョは“すでに信じられない程良い。”とのことだ。この18歳は“彼は若いにもかかわらず、決定的な役割を担っており、信じられないほどのドリブルの能力を有している。”と語っている。


また知り合ってからすでに10年になるマルコ・ロイスに関しては、“すでにいつもセンセーショナルだった。”と語っている。


そして、“彼は攻撃においては、最も好む中央のポジションにおいてどの試合でも足跡を残すことができている。彼は非常に賢く、サッカーを感じることができる。素晴らしいサッカー選手だよ。素晴らしいね!”とロイスを絶賛している。


またファヴレによれば、キャプテンとしてもロイスも“非常に良い”とのことだ。“マルコはあまり目立たないようにしているが、フィールド内外でみんなを助けているね。”とこの61歳は説明している。



それに加えてファヴレはパコ・アルカセルの活躍にも感激しているアルカセルはこの夏FCバルセロナから移籍してきたが、前半戦で12ゴールを挙げているのだ。さらに10ゴールはジョーカーとして挙げたものだ。それに関してはファヴレは“信じられない。こんなのはまだ経験したことがないね。彼がプレーするとだいたいいつもゴールしているね。”と語っている。


しかしそれと同時に後半戦では過度な期待はしないように発言している。“これ以上の数字を残すのは本当に難しいだろう。それに加えてレヴァークーゼンやアウグスブルク戦でのゴールは非常に重要だったからね。すごい得点率だ。”と付け加えている。


アルカセルとは異なりシーズンの序盤苦労したマリオ・ゲッツェについても発言している。“彼は難しい時期を過ごしたね。でも彼は決して気落ちすることなく、トレーニングで何がやりたいのか示していたよ。”とファヴレは振り返る。現在のゲッツェの状況に関しては、“マリオは今最前線でプレーしているけれど、よくその役割をこなしているね。たくさん走り、守備やプレスも良くやっているよ。”と語った。





以上です。

ファヴレが選手たちについて発言していますが、やはりファヴレのロイスに対するイメージはグラートバッハ時代のイメージが強いみたいですね。これまでのロイスのベストシーズンが2012年のグラートバッハ時代でしたからね。今シーズンはぜひそれを超えてほしいです。

[ 2019/01/13 19:26 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
賞賛はどうでもいいからなんで選手を干してるかってのをいい加減言うべきなのでは?
トゥヘルの様に進歩していく訳でもなく、BMGの幻影追ってるなら終わりも似た感じになるだけですね
[ 2019/01/13 22:54 ] [ 編集 ]
怪我人や病人が増えてくる後半戦をいかに乗り越えるか監督としての真価が問われるのはこれからですね。
[ 2019/01/14 14:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。