ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント香川!フランス1部ボルドーへのローン移籍ですでに合意か?《ドイツの反応》

【フスバール・トランスファー】


kagawa33.jpg


ドルトムント香川!すでに移籍先と合意済みか?


香川真司はここ数年にわたってトップ・パフォーマンスを披露し、さらにファンの人気者であるにもかかわらず、ルシアン・ファヴレ監督の下では何の役割も果たしていない。そしてどうやら移籍が間近となっているようだ。

スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントは、どうやらフランスのボルドーとローン移籍で合意に至ったようである。そのことを“belN Sports”のジャーナリスト、エリック・バレーレがツイッターで報じている。香川は6か月間フランスでプレーするようだ。


いずれにせよ、これには香川がフランス行きに賛成しなければならない。この日本人はここ最近スペイン移籍の希望をまったく隠さず語っている。“スペインに行くことなしにキャリアを終えることはできません。と彼は11月に語っていた。


香川はファヴレの下ではまったく役割を担っておらず、それどころか2部チームでプレーさせられてる。しかしこの日本人が多くのチームを助けられるクオリティーを有していることに疑いはない。香川は2014年にマンチェスター・ユナイテッドから復帰しており、合計で216試合に出場し60ゴール55アシストを記録している。




以上です。

ジャーナリストのツイッターが情報源のようなので、どのぐらい信ぴょう性があるかはわかりませんが、とりあえず、新たな移籍の噂が上がりました。これに関する続報がありましたら、随時更新したいと思います。


[ 2019/01/14 02:24 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(9)
お洒落で美しい街だが、行ってはならぬ。
[ 2019/01/14 03:29 ] [ 編集 ]
私はランスやオセールがまだ強かった頃からのボルドーサポです。
まだパウレタが在籍していた時代です。

香川ファンさん達が香川を応援することは構いませんが、
ボルドーのチームや歴史、フロント、監督、選手たちを浅はかな情報だけで語るのは、お願いですからやめて頂きたいと思います。

香川選手がボルドーではなく、他のチームへ移籍できるように心から願っております。
[ 2019/01/14 03:46 ] [ 編集 ]
現実的なラインなのでありえそう。

しっかしフロントが夏に移籍を握りつぶし、試合にも出さず総会にも出さずの結果がほんとうにコレになるんだとしたら、みなさんはどう思いますか?納得しますか?
[ 2019/01/14 05:08 ] [ 編集 ]
フランスアリだな
[ 2019/01/14 05:19 ] [ 編集 ]
あり得ないとは思いますが、夏のフロントの対応や、総会からの閉め出しにはなはだ遺憾ですね。香川本人がこれだけスペイン希望を言っているのを見ると彼の性格からして、それなりの確信出来るものがあると思いますが、焦ってはいない!と言ってましたからね。
[ 2019/01/14 07:03 ] [ 編集 ]
フランスリーグはもう再開されているし決断は早いに越したことがない
香川側からの発表が待ち遠しい
[ 2019/01/14 09:21 ] [ 編集 ]
買い取り無しなら悪い話ではないですが他にも話は来ているでしょう。香川は割と慎重な性格なので吟味しているのか待っているのか。いずれにしてもドルに残らないでしょうからローンが現実的ですね。
[ 2019/01/14 09:49 ] [ 編集 ]
香川がボルドーに行くとは決まってもないのに何故ボルドーサポが現れるのか不思議です。関係なくないですか。
[ 2019/01/14 14:05 ] [ 編集 ]
私も突然ボルドーサポが現れて、香川ファンがーとか言い出す人が現れた事にびっくりです
普段からこのような事をやられてるんでしょうね
[ 2019/01/14 14:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。