ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川途中出場 バイエルンに敗れる 試合を見たドイツ人の反応

後半戦に入ってから7戦負けなしのドルトムントは残念ながら負けてしまいましたね・・・。今回はビルトの実況ページに寄せられた試合後のコメントを紹介したいと思います。ここはバイエルンファンもドルトムントファンもごちゃまぜです。バイエルンファンが多くて少々カオスな感じになっているかもしれませんが、たまには別なところを取り上げてみました。




20150405062639390.jpg

・バイエルンは今となってはドルトムントの倍のポイントだ。信じられない・・・。


・↑いいやドルトムントがたった半分しかとれていないんだよ・・。


・ペップの戦術がクロップを叩きのめした。


・圧倒的に良かったチームが負けてしまった。BVB!!


・レヴィがドルトムントにどのようにプレーしたら良いか示したね。


・ドルトムントはバイエルンのBチームを相手にしてもチャンスが作れなかった。


・いったいクロップはどうしてカンプルを獲得しようと思ったんだろうか。分からない。


・ツォルクがみんなを獲得したんだ。


・ペップはクロップを圧倒している。バイエルンのプレーは完璧だった。


・ペップがクロップの正体を暴いたね。容赦なく。


・勝ちにふさわしかった!


・ペップこそが偉大な監督だ!


・本当に天才だね彼は!


・マテウスも解説で言っていたけど、本当に彼の戦術は素晴らしかったよ。5バックでその前の3人も深く守っていた。ロイスはチャンスを決めなければなかったね。ちょっと多くを望み過ぎたかな。調子が良ければ入っていたんだろうけど。間には誰も居なかったわけだから。今度はグラートバッハに行かなければならない・・・。


・リベリー、ロッベン、バートシュトゥーバーなし。ラーム、ベナティア、ティアゴはまだフィットじゃない。今日のレヴィが示したことはワールドクラス以上だったよ。僕はバイエルンファンじゃないけど、彼は素晴らしかったと言わなければならないね。ペップの戦術がクロップを途方に暮れさせてしまった。


・今日はペップのチームがクロップのチームを簡単にやっつけたな。


・現在世界最高のトレーナーの最高の作戦勝ち。クロップがまるで初心者のように見えたよ。クロップは相手に対して戦術を変える事ができない。彼はできないし、これからもそうならないだろうな!素晴らしいよ、バイエルン。


・ロッベン、リベリー、アラバなしでこんな試合をするなんて素晴らしいよバイエルン。


・シュートも無ければゴールもない。ボルシア。


・おめでとうバイエルン。今日の勝利はとても重要だった。こうして優勝するんだ。


・バイエルンは勝者にふさわしかったね。クロップはまた降格争い。ヨーロッパはもう厳しいね。


・ドルトムント崩壊。


・またしてもペップがクロップにレッスン。ワールドクラス対地方リーグクラス。


・これは最高のイースターのプレゼントだ。


・バイエルンのせいだ!っていうセリフが合っている。


・バイエルンの年配の中盤がドルトムントを止めてみせた。ロイスはポルディみたいだった。力強い相手に対してはあまり存在感がなかった。FCBはグルジアとは違う。


・ドルトムントは強かったよ。今日みたいにプレーすれば来年はまた優勝争いできるだろう。それにPKがもらえなかったのは運がなかったね。


・バイエルンの戦術が良かったね。賢いよ。


スポンサーリンク


20150405062637f40.jpg



・二つのPKがもらえなかったのは運がなかったな。バイエルンはこうして勝つ。


・↑ロイスは今日もまたダイブしていた。


・↑2つめはPKだったね。1つ目はセーフだ。


・みんななんでこんなに騒ぐんだい?1位のチームが10位に勝つのは普通じゃないか。


・↑僕もそれには同意するよ。BVBのファンとチームはそろそろ現実を見るべきだ。


・ようやくペップが新たな領域に達したみたいだ。BVBやレアルなどカウンターを仕掛けてくるチームに対して解決策を見出した。守備的に戦ってね。勝利にふさわしかった。


・↑でも今日のドルトムントは弱かったから・・。


・ドルトムントにはアイデアがなかった。


・いずれにせよレヴァンドフスキーはゴールを祝わなかった。


・ドルトムントはBチームと入れ替えたほうがいいんじゃないか?


・↑いや、Bチームは3部で降格の危機なんだけど・・。


・レヴァンドフスキーはプロのお手本のような選手だ。


・ロイスはどうやら駐車の練習でもしているのかな?今日は見当たらなかったようだが・・・。


・クロップは一体どうしたんだ?


・今日は審判のせいだ。戦術のせいじゃないよ。


・なんか今日の芝は滑りやすかったみたいだな。


・フンメルス“バイエルンが特に優れていたわけではなかった。”ハハハ


・↑バイエルンがBVBよりは悪い所がなかったってだけだね。良くはなかった。


・ペップは天才だ。


・ゲッツェが2:0にしなくて残念だ。


・少なくとも引き分けを願っていたんだけどなあ。


・↑多くのドルトムントは2:1での勝利を予想していた。僕は怪我人がいるから引き分けを予想していたんだが、残念だ。


・↑バイエルンファンとしては引き分けでも悪くはなかったね。


・↑正直なコメントが!!


・↑僕はもう予想するのはやめたよ。BVBは火曜日には10:0で勝つかもしれないが、水曜日には0:10で負けるかもしれない。全てが起こりうる。


・バイエルンは勝者にふさわしくなかった。審判がバイエルンファンだった。


・↑君のフラストレーションが僕の勝利の喜びを一層大きくする。


・バイエルンは良かったよ。だけどBVBは少なくともPKを一本もらうべきだった・・。


・クロップはもうだめかな・・・。


・バイエルンがあんなに壁をつくるなんて奇妙だ。だけどワールドクラスのレヴァンドフスキーが試合を決めた。ノイアーのセーブも素晴らしかった。


・BVBにはストライカーが必要だ。クロップは気づくべきだ!!


・フンメルスが試合後のインタビューでドルトムントの方が良かったと言っていたのを聞いて驚いた。いい加減に目を覚ませ!!!!

20150405062640314.jpg

・↑彼はBVBがバイエルンよりも悪かったわけではないと言っていたんだ。ちょっと違うよ。


・スタジアムではバイエルンファンの方が歓声が大きかったようだったね。僕は中立だよ。


・フンメルスはもうやる気なさそうだね。





以上です。勝ったバイエルンファンの方が多かったですね。ちょっとした皮肉と煽りがありますが、ファンサイトの掲示板じゃなければ大体いつもこんな感じではないかと思います。


疲労を考慮しての事とは言え、香川選手を最初から見たかったですね。ドルトムントはやはり研究されている事が明らかになった試合だったと思います。ロベリーを欠いていたバイエルンですが、後ろさえしっかり固めていれば、ドルトムントは自分たちからミスをすると見ぬかれていたような感じでしたね。


レヴァンドフスキーの対人勝率は試合終盤で60パーセントと、やはり素晴らしいキープ力ですね。ドルトムントが失点したシーンでは、フンメルスはレヴァンドフスキーに競り負けましたが、その場で追いかけるのを諦めて彼をフリーにしてしまいましたね。スカイの解説やマテウスもその場面には怒っていましたね。

次はグラートバッハとまた手強い相手との試合になりますから、ちょっとどうなるか心配です・・・・。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0664.jpg

お庭を散歩していた猫。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/04/05 07:31 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(19)
香川マンマークありきで活躍しないとな
[ 2015/04/05 08:07 ] [ 編集 ]
No title
正直ドルの選手の質がバイヤンのそれと比べて劣っているという感じはそれ程しないんだよなあ。
となれば監督の差と言われちゃっても仕方ないか。
[ 2015/04/05 10:10 ] [ 編集 ]
クロップは本当に勝ちたいのか?と疑問になるね。選手の組み合わせとか試合の流れとか考えてないの?ペップもきっと不思議に思ってるよ。

でもアロンソに引っ張られたシャツはすごい事になってたな。アロンソにそこまでさせる香川もある意味すごいかも。
[ 2015/04/05 10:11 ] [ 編集 ]
何故ラモスをサイド?
何故ムヒをボランチ?
いろいろわからない
クロップ、大好きなんだが采配に疑問しかない
[ 2015/04/05 10:36 ] [ 編集 ]
No title
レヴァはポストボール収めれるし優秀な万能FWだな。
BVBは冬に移籍解禁で、なんでポスト出来るFW取らないんだろうな?
ずっとオバメアンの1トップで行く気で取ってないんだろうけど、ボール収まらないし厚みがない。
今のBVBはブロックひかれたら何も出来ない現実。。。
[ 2015/04/05 10:59 ] [ 編集 ]
ベップはすごい監督ですね…。相手に合わせて変えられる戦術の豊富さと柔軟性。飛車角落ちでも十分に戦ってみせる。点差以上の実力差を感じました。
[ 2015/04/05 11:23 ] [ 編集 ]
モヤモヤした試合でしたね。
クロップはどうしちゃったんだろう?謎の采配が多いですね。
日本ではどうしても香川選手中心に見てしまうと思うのですが、ドイツではクロップの戦術や采配はどう思われているんですかね?
ポカール戦、次のメングラ戦では勝点3取れるように、選手も気持ち切り替えて頑張ってほしい。
[ 2015/04/05 11:39 ] [ 編集 ]
(たとえ内容が胸に痛くても)ドイツのファンの言葉を読むのが好きです。
クロップもフンメルスも自信を持ってがんばって。
きょうの一枚に心慰みました。
[ 2015/04/05 12:25 ] [ 編集 ]
最近のクロップは何考えてるかよくわからないな。謎采配が多すぎる。
[ 2015/04/05 12:29 ] [ 編集 ]
No title
猫かわいい

クロップ引き出しすくなすぎ
[ 2015/04/05 14:42 ] [ 編集 ]
No title
ギュンが微妙だからムヒを投入したのは良いぞと思ったけど、まさかあんなところでドリブル仕掛ける選手だとは思わなかった。後半まずくなったら結局縦ポンでポストできずに弾き返されて終わったね。なんかクロップの戦術の少なさは否めない試合だった。
[ 2015/04/05 17:36 ] [ 編集 ]
香川真司を最初から見たかったですね
ロベリいないからチャンスはあったはずなのになぜスタメンがカンプルだったのかは疑問です
あとフンメルスはプレミアの噂があるけど昨日の感じでは行かないほうが良いかも
移籍が2、3年遅かったような気がします
[ 2015/04/05 22:34 ] [ 編集 ]
No title
クロップがコンフェデ当たりのザッケローニみたいな盲目になってなければいいけどね いいプレイしてる選手が変えられてひどい選手がずっと使われるのはモチベーション下がるしね
[ 2015/04/05 23:03 ] [ 編集 ]
ムヒがあの位置でドリブル仕掛けるのは別に悪くないと思うんだがな
フンメルスだってドリブル仕掛けるんだからw
ただ時間帯だよなあ
ラモスめがけて放りこみの時間帯ならドリブルするのは効率悪いw
ラモスとオバメの2トップにして香川をサイドに回してモイモイ仕込みのクロス上げさせたほうが良かったんじゃないかと思うんだが
まあ、おさまらないから意味ないかw
[ 2015/04/05 23:06 ] [ 編集 ]
No title
今シーズンのドルトムントはシャヒンがいないと真ん中閉められて何もできなくなりますがこのゲームも同様でした。ですが、いくら両ウィングがいないとはいえバイエルンまでが人数かけて真ん中閉めてきたのにはちょっとした驚きでした。あのグァウデオラが8バックさせてましたからね。そういう意味ではめったに見れないゲームでした
[ 2015/04/05 23:11 ] [ 編集 ]
管理人のコメが分かりやすくて好きです、もっと分析コメ書いて欲しいですw
[ 2015/04/05 23:23 ] [ 編集 ]
No title
バイヤンが引いてカウンター戦術取ってくるとは思いませんでした。
それに対してドルは引いた相手には通用しない布陣だったような。
調子が悪いなら悪いなりにプライド捨てて戦い方を変えてくるバイヤンの強さを見た気がしました。
ドルは怪我人多くて調子が出ない時もずっと戦術変えずに同じ負け方重ねていきましたが。
[ 2015/04/06 00:41 ] [ 編集 ]
香川って不思議なんだよな!芸術的センスがありながら他のポジションができない。これが矛盾なんだ。
[ 2015/04/06 20:31 ] [ 編集 ]
No title
シャヒンと香川が先発で出ていたらどうなったか分からないと思う。そして香川、1人でマンマークを外すのはちょっと厳しいかな。やっぱりそこは体格的に不利なのかな・・・でもなぁ、課題ではあるよね。
ただ、そんな日本人が出てきたんだと思うとちょっと感慨深い。それだけ香川の創造性と技術が認められているということだから。「香川潰しておけば攻撃封じられる」ってことでしょ。他にもう二人ぐらいマークが必須なメンバーがいればもっとフリーになるのにね。
[ 2015/04/11 14:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。