ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップ!「マネーをドルトムントで獲得しなかったのは最大のミスの一つ!」《ドイツの反応》

【ゴール】

klopp5.jpg


ユルゲン・クロップ!サディオ・マネーをBVBに連れてこなかったのは、私の最大のミスの一つ!

BVBはすでにドルトムント時代にもこのストライカーと仕事をするチャンスがあった。しかし彼は当時反対の決断を下ししてる。彼は今でもその決断を後悔しているようだ。


現在プレミアリーグ首位に立つリヴァプールの監督を務めるユルゲン・クロップは、ドルトムント時代にもサディオ・マネーを獲得するチャンスがあった事を明かしている。彼は当時彼の獲得に反対したようだ。

スポンサーリンク



“今まで何度か失敗を犯しているが、そのうち最も大きなものの一つが、サディオをドルトムントに連れてこなかったことだね。”とクロップは“リヴァプール・エコー”において語っている。それによると2014年にマネーを獲得するチャンスがあったとのことだ。彼は2012年からマネーに注目していたようだが、当時マネーはレッドブル・ザルツブルクでプレーしている。


クロップは当時を思い出し、“その時事務所で彼と合って、少し話をしたんだ。その時の印象では彼の獲得に関してあまり説得力のある印象を得られなかった。でもそれは僕のせいだね。”と語っている。マネーはドルトムントでなくサウザンプトンに移籍しているが、その後2016年に4000万ユーロでリヴァプールへ連れてきている。


“彼は素晴らしい選手で、私には彼と働く2度目のチャンスが与えられた。このチャンスを両者ともに生かせることを願っている。”とクロップは語っている。


マネーは現在リヴァプールでモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーニョの隣でプレーしている。このセネガル代表の選手は20試合で8ゴールを決めている。




以上です。


2014年と言えば、クロップのドルトムント最後の年ですね。獲得したラモスとインモビレが思ったほど活躍できず、さらにけが人続出で苦労したシーズンですから、マネー獲得していたらどうなっていたでしょうかね?ただインモビレとラモスがフィットしなかったおかげでオバメヤンがストライカーとして成長したわけですが・・。



[ 2019/01/14 21:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
化け物ですよね。
世界にはまだまだ彼のようなポテンシャルある選手がたくさん居るんじゃないでしょうか。
[ 2019/01/14 21:09 ] [ 編集 ]
チャンスがちゃんと与えられたりしたら開花する可能性が生まれるって事だなー
イサクはもうBVBを見限って翼を広げるべきだな
[ 2019/01/14 23:18 ] [ 編集 ]
たしか、インモビレの獲得はCEOとSDが反対だったけど、クロップが押し切るかたちで獲得したと、かなり前の記事で読みましたが、その時マネが候補だったんですね。もし獲得していたら、あのシーズンあんなに苦戦しなかったかもしれませんね。
[ 2019/01/15 00:16 ] [ 編集 ]
金の話かと
[ 2019/01/15 00:30 ] [ 編集 ]
クロップのよいしょがまたまた出たよ笑
プレーヤーおだてて使わしたら本当にうまいよな。
[ 2019/01/15 01:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。