ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ネイマール!トーマス・トゥヘル監督を絶賛!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

neymar3.jpg



ネイマール!トーマス・トゥヘルを絶賛!



このブラジルのスター、ネイマールはトーマス・トゥヘルの下、お気に入りのポジションでプレーする事が出来ている。彼はトーマス・トゥヘル監督のどこを評価しているか語っている。



トーマス・トゥヘルとPSGはフランスのリーグ1において18試合を終えた時点で首位に立っている。チャンピオンズリーグでも決勝トーナメント進出を決めており、ネイマールも、トーマス・トゥヘルを褒めるには十分な結果だと見たようだ。


スポンサーリンク



“彼は愛情あふれている。”


“2回ほどワールドカップの前に彼と話をしたけれど、彼はチームと共に高い所を目指している。彼は非常に落ち着いた人間だけれど、多くの事を要求するね。彼は常にチームと選手にとってベストでありたいんだ。”とネイマールはトゥヘルに関して熱く語る。“彼は愛情あふれる人間だけど、厳しくしなければならないのがいつなのかが分かっている。”とネイマールは続けた。



このブラジル人はバルセロナ移籍が噂されているが、それでもトゥヘルの下では居心地よく感じているようだ。トゥヘルの下ではフィールド上で自由を与えられており、頻繁にプレーメーカーとしてプレーしている。“このポジションはより自由があるね。それにストライカーとももっと近いんだ。それによってこれまでプレーしていたポジションを引き受ける事もできるよ。すごく居心地が良いし、そのポジションでプレー出来て嬉しいね。このレベルの選手達にとっては自由が大事なんだ。それによっていつでも攻撃をスタートさせることができる。それがチームが勝利する事につながるんだ。”とネイマールは説明している。





以上です。


このネイマールの自由の発言は興味深いですね。やはり高いレベルの選手が力を発揮するにはある程度の自由が必要でしょう。

トゥヘルは戦術は細かいですが、わりと自由にプレーさせるようなところもありますよね。逆にファヴレは自由にプレーされるのはあまり好きではなさそうですね。


[ 2019/01/15 09:12 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
トゥヘルは戦術をコロコロ変えるのは好きだけど攻撃陣はほぼフリーランさせるのが好きだよね。ファンタスティック4にはほぼ好きにさせていて、香川なんかにはもっと相手プレーヤーとプレーヤーの狭いとこでボール受けろといってたくらいだし。
ファブレはツオルク予告通り規律で縛ってるな。ロイスなんかはフリーでやらしてるけど見たところあれこれ細かい注文ばかりつけてて結局フリーになってないくらい笑
もうちょっとお任せしてもいいと思うけど、何事もきっちりしないと気が済まないスイス人だからな。サッカーは時計のような精密機械のようにはいかないんだけど。
[ 2019/01/15 09:50 ] [ 編集 ]
>トゥヘルは戦術は細かいですが、わりと自由にプレーさせるようなところもありますよね。

あれ?そうだったけ?トゥヘルって細かい約束事が多いから、ドルの時は持ち味のパス回しが今一になっていった感じだと思ったけど?
[ 2019/01/15 13:08 ] [ 編集 ]
かなり戦術マニアなので自由とは真逆ですよ。
パリはまだ就任して半年ですからね。
まだ行きすぎず、トゥへルの素晴らしい戦術家としてのバランスが今はちょうど良い時期にあると戸田和幸さんもCL優勝候補に挙げていました。
しかしこれが来年になってしまうと無理だろうとも。
それはドルトムント時代のように徐々にマニアックぶりが行きすぎて、選手が反発したり問題を抱えるようになる可能性があるからと言ってました。
そのあたりのさじ加減が難しいのでしょうね。
[ 2019/01/15 19:07 ] [ 編集 ]
デンベレやオバメアンには自由を与えてたよ。特別な選手には自由を、他の選手には約束事いっぱい…だった。
[ 2019/01/15 19:40 ] [ 編集 ]
即効いがみ合うと思ってたけど割と上手くやれていて意外
トゥヘルって駄目な時でも中々かやり方変えないし、戦術マニアって感じじゃない様な
戦術マニアとか言われる奴全般に言えることだけど
プロなんだからマニアじゃなくプロになって欲しいが
[ 2019/01/15 20:49 ] [ 編集 ]
選手の戦術理解度と実行力をうまく読み取れるようになったのかも?
ドル時代、特に後半1年は、トゥヘルのやりたい理想の戦術カードはたくさん、選手達への落とし込みそこそこ、選手側の戦術理解度はかなり低め、特に香川以外では真ん中から後ろのサッカー脳の低さが目立った思い出ばかりです。しかも落とし込みがどんどん下手になっていくコミュ障監督。プリシッチとデンベレが自由だったのは理解させるのを放棄してたからだと思う。でもその分を周りへ負担させすぎた。その悪影響で後のボシュもシュテーガーも苦しんだように思います。

PSGはあの頃のドルよりは数段レベルが上の選手ばかりで彼も楽しいだろう。まあたまに戦術無視されてチームが自爆していますし、笑。ドルにはそんな選手達はいなかったですね、そういえば。
トゥヘルはドイツ人と合わないドイツ人なんだろうね。でもいつかはドイツ代表監督として見たい気がする。まあ嫌いでしたけどね(小声)
[ 2019/01/15 21:23 ] [ 編集 ]
>トゥヘルって駄目な時でも中々かやり方変えないし、戦術マニアって感じじゃない様な
そうですかね…駄目と分かったら、試合中もどんどん変えていましたよね?
試合中の切り替えの速さ、最適解をみつけるのが上手い監督でした。(なら初めからその選手とフォーメーションでやってくれ…)とは、思いましたけど。

そして、新しい戦術が上手く行きだすと(確かに戦術理解度低い選手が多かった)ガラガラポンと新しい戦術始める…やりたい事沢山、落とし込んで完成すると直ぐに飽きる…てか、落とし込んでいるうちに既に半分飽きていたのか…頭良すぎて、落とし込み下手でしたよね。(頭良すぎる人は教え下手と聞きます)。
PSJは選手理解度高いか、落とし込み上手になったかには同意。
[ 2019/01/16 07:56 ] [ 編集 ]
ガンガン試合中に戦術変えるならフンメルスが裏取られてカウンター喰らいまくってたのを直ぐ修正しただろうね
結局シーズン前半戦経過するまで修正しなかったし、メディアにも叩かれたフンメルスが冷えてバイエルン移籍に動くことになっただろう
何を見てたんだい?
[ 2019/01/17 12:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。