ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川を発掘したドルトムントの元スカウト部長!ミスリンタートがFCバイエルンと交渉中!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

misl.jpg


元ドルトムントのスカウト部長!ミスリンタートがFCバイエルンと交渉中!


これが実現したらセンセーショナルだ!!スヴェン・ミスリンタートはイングランドの報道によるとドイツ復帰間近となっているとのことだ。アーセナルのスカッドを担当しているミスリンタートだが、アーセナルには不満があるとされている。そのためFCバイエルンが元ドルトムントのスカウト部長の獲得に乗り出したとようだ。


スポンサーリンク



スヴェン・ミスリンタートは“ダイヤの目”と称されている。彼はボルシア・ドルトムントでロベルト・レヴァンドフスキーやオバメヤン、香川真司がBVBで一流選手となる前に獲得しているのだ。この46歳は2017年の12月からアーセナルのスカッド・プランナーとして働いている。


イングランドの真面目な新聞、“インディペンデント”が報じたところによると、ミスリンタートとアーセナルの関係は悪化しており、バイエルンがその受け入れ先となる可能性があるようだ。



ミスリンタートとクラブの関係が悪くなるのは初めての事ではない。BVB時代にも当時のトーマス・トゥヘル監督とオリベル・トレスの獲得を巡って争いになったとされていた。ミスリンタートが獲得を希望していたが、トゥヘルは一度賛成したにもかかわらず直前で獲得を拒んだとされている。


ミスリンタートはその後アーセナルへと移籍しているが、そこでオバメヤンやミキタリアンを獲得している。“インディペンデント”の報道によるとフットボール・ディレクターのラウル・サンレヒとミスリンタートの関係が悪化しているようだ。それに加えてミスリンタートは現監督のウナイ・エメリがこれほど補強に口を出してくるとは思っていなかったようだ。


同紙の報道によると、バイエルンはミスリンタートの行方を正確に追っているとのことだ。ミスリンタートはバイエルンの大変革の担い手になるべきとされている。すでに2017年の時点でバイエルンもミスリンタートの獲得に動いていたとされているが、この移籍が実現するだろうか?






以上です。

ミスリンタートはスポーツディレクターとしてのオファーがあったぐらいですから、ステップアップを目指すならスカッドに関してはそれなりの決定権を要求するでしょうね。彼がバイエルンに行ったら面白そうですね。

ドルトムントはミスリンタートが抜けても若手の獲得はうまくいっていますが、ミスリンタートが今の評判を作ったとも言えますし、長い期間これが維持できるかは興味深いですね。








[ 2019/01/16 09:17 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
いやいや、ミスリータートは安くて成長する選手を見つける事が天才的だった。彼がいた頃は殆ど10M以下で良い選手取ってたよ。勿論最近のインフレは有るけど、彼が抜けてから取った選手で成功しているのは皆高額だった選手、20M以上出していて、それなりの評判だった選手達。それでも失敗したフィリップ(20M)、ヤルモレンコ(25M)も居る。唯一お買い得だった成功はサンチョだけだね。
ただ、バイエルンはお金持ちだから、安くて…って言うのは重要では無い気がする。アーセナルも同じだったけど、もっと貧乏クラブで彼を大切にしてくれるクラブが良いとは思うけど…
[ 2019/01/16 09:54 ] [ 編集 ]
この短期間に2度目ですし、流石にミスリンタートにも問題はあるんじゃないですかね
能力があるからこそ、現場に口出しすぎちゃうんですかねえ。
[ 2019/01/16 11:03 ] [ 編集 ]
ミスリンタートはビッグクラブより中堅クラブでダイヤの原石を連れて来る方がやりがいがあるのではないでしょうか。
[ 2019/01/16 12:27 ] [ 編集 ]
サリハミジッチとも、うまくいくとは思えませんねぇ
[ 2019/01/16 12:48 ] [ 編集 ]
 もう移籍ですか。こうなると、バイエルンに行くためにアーセナルを経由したようにしか思えないな。
[ 2019/01/17 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。