ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!選手のバイエルン移籍を禁止に!!《ドイツの反応》

【ビルト】

keh.jpg


内部ではすでに決定事項!


ドルトムントのスター選手たちのバイエルン移籍を禁止!



ハンス・ヨアヒム・ヴァツケとミヒャエル・ツォルクは、2020年まで契約していたクリスティアン・プリシチが契約延長の意志がないことを明らかにした後で、すぐに一つの結論に達している。幹部たちは、プリシチの移籍を否定することはしなかったが、それに関して一つの条件を突きつけたのだ。その条件とは:バイエルンに移籍しない事!



スポンサーリンク




なぜなら、それはすでに内部で決定された事となっているからだ。ドルトムントは今後数年にわたってバイエルンとライバル争いをするために、選手をバイエルンに移籍させないことを決めたのだ。ドルトムントはバイエルンへの攻撃を開始している。


マリオ・ゲッツェやロベルト・レヴァンドフスキー、そしてマッツ・フンメルスと場合とは違って、プリシチはミュンヘンではなくプレミアリーグに移籍している。チェルシーはこのアメリカ人の移籍に6400万ユーロを支払っている。プリシチはこれによって最大1億4800万ユーロで移籍したウスマン・デンベレーに続いて、クラブで2番目に高い移籍となっている。ちなみに3位は6375万ユーロで移籍したオバメヤンとなっている。






以上です。


プリシチにはすでにバイエルン移籍の禁止を言い渡していたようですが、まあこの決断は妥当ですね。まあ実際の所バイエルンがプリシチの獲得に動いたかどうかは疑問が残りますが・・。


最近のドルトムントは若手ドイツ人はほとんどいませんから、バイエルン行きを希望する選手はそれほどいないような気がします。ステップアップを目指すならみんなプレミアリーグに行きたがるでしょうね。





[ 2019/01/16 17:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
オバメヤンより高い金額で売れるとか信じられないですね(笑)
逆に当時なんでチームの攻撃力の要をこんなに安い金額で売るんだフロントは!と憤慨していました
今オバメヤンはプレミアリーグの得点王ですしね

というか香川はどうなるんでしょうか?
冬の移籍マーケットの終わりがどんどん近づいてきてるんですが
まさか残留??
[ 2019/01/16 17:30 ] [ 編集 ]
遅いんだよなぁ…
[ 2019/01/16 18:07 ] [ 編集 ]
ドルトムントが優勝すれば確実に弱体化をはかってきますから、これは絶対にやるべきだと思っていたので素晴らしいですね。
特にドイツ人はね。
[ 2019/01/16 18:10 ] [ 編集 ]
売るならプレミアかレアルバルサじゃないと儲からないですし
[ 2019/01/16 18:14 ] [ 編集 ]
ブンデスのリーグ戦を面白くするという点では良いですが
そうなると結局選手がプレミアに流出して、ブンデス自体の弱体化に繋がる可能性もありそうで
少しその辺りは不安要素ですね…
[ 2019/01/16 19:06 ] [ 編集 ]
賛成ですが、新しいドイツ人はドルトムントへの移籍を躊躇わないかね?
[ 2019/01/16 20:35 ] [ 編集 ]
バイエルン1強支配でブンデス内の競争力を削いだ影響を鑑みれば当然ですね。
代表も弱くなったし、今季は奮闘してるけどCL・ELもポイントを失っていたわけで。
金満プレミアに対抗する魅力をどう打ち出すかはブンデスリーガ全体としての課題。
その1つとして、バイエルン以外のクラブが強くなることはリーグを活性化させるために必要かなと。
[ 2019/01/17 07:27 ] [ 編集 ]
まあドイツ語圏の選手しかバイエルンに行きたいとは思わないのではないですか。プレミア志望がほとんどでしょう。
[ 2019/01/17 12:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。