ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSGトゥヘル監督!ヴァイグルに再び電話!再び獲得に動く!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


tuchel-thomas-600.jpg


お気に入りの生徒に再び電話!!


トーマス・トゥヘルは決してこの移籍をあきらめていないようだ・・・。


すでにここ数か月PSGのヴァイグル獲得が噂されている。しかしPSGはここに来てもう一度攻撃的に出るようである。


スポンサーリンク



トゥヘル!再びヴァイグルの獲得に動く!


最近ボルシアのボスはヴァイグルの移籍を禁止する発言をしていたが、トゥヘルはそれは気にしないようだ。フランスの報道によると、トゥヘルは次の一歩に踏み出したようだ。彼はヴァイグルに電話して、アドリアン・ラビオの代わりの役割を提案したようだ。ヴァイグルもできれば冬に移籍したがっている。


トゥヘルにとって最大の問題はドルトムントの幹部たちだ。ツォルクもヴァイグルも、控えのヴァイグルを放出するつもりがないのだ。巨額の移籍金が入るにもかかわらず・・・。


ヴァイグルはルシアン・ファヴレ監督の下では2番手にもなっていない。彼は前半戦リーガ4試合で240分しかプレーしていないのだ。


ではどうしてヴァイグルは残らなければならないのか?ファヴレは彼を完全にヴィッツェルの互換とみている。仮にベルギー人が負傷した場合、パスマシーンのヴァイグルがプレーすることになるのだ。


ヴァイグルが移籍するのは夏以降になるだろうか?





以上です。

特に進展があるわけではないんですが、トゥヘルが積極的に動いているというのがまたニュースになりましたね。あと2週間ありますが、どうなるでしょうか。



[ 2019/01/17 12:53 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(10)
パリ・サンジェルマンなんてメガクラブですし、普通にステップアップですもんね。
[ 2019/01/17 13:07 ] [ 編集 ]
ドルトムントがヴァイグルの代役候補でセルタのロボツカをリストアップしたという記事が出始めましたね。ただライプツィヒ戦はCBで出てもらわなければいけないので移籍に関しては試合後からですね。ちなみにロボツカはナポリも目を付けているらしく、同胞のレジェンド ハムシクがいるのでドルトムントは不利ですし、獲得の目処が立たなかったらヴァイグルの放出は無くなるでしょうね。
[ 2019/01/17 14:18 ] [ 編集 ]
今季タイトル狙うならヴァイグルは出しちゃダメ。
ダフードはアンカー出来ないし、ディレイニーもファイタータイプ。
ヴィツェルの控えは彼しか出来ない。
[ 2019/01/17 14:26 ] [ 編集 ]
違約金を満額払ってどうぞ
[ 2019/01/17 14:36 ] [ 編集 ]
これタッピングとかになりませんかね?
[ 2019/01/17 14:57 ] [ 編集 ]
こういう選手の使い方、囲い方をしていると後々クラブにデメリットとなって返ってきそうだけどな。
[ 2019/01/17 15:19 ] [ 編集 ]
監督にこれほどまで獲得を求められて移籍するのが最も最高ですよね。
[ 2019/01/17 17:00 ] [ 編集 ]
ヴィツェル控えとか舐めた事やってるから出て行くんだろう
これがダメならバイエルンOBがブンデスリーガでやってる事が全部ダメになるからどうなんだろうね
それにファブレの野郎がやってるサッカーにはアンカーのポジションは無い
[ 2019/01/17 18:21 ] [ 編集 ]
レギュラーでは使わないけれど控えにはいるからというのは失礼な話だよ
他のクラブ、しかも上のクラブで欲しいと言ってるんだから本人が残りたいのでなければ容認しないと。
無理に囲えば脱出できないクラブとして今後の選手獲得がが難しくなるだけ
[ 2019/01/17 18:24 ] [ 編集 ]
ヴァイグルが望むならPSGに出してほしい。将来性あるのに使われないならもったいない。
[ 2019/01/17 18:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。