ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バレルディを1600万ユーロで獲得!しかし2月後半まで南米カップに参加!《ドイツの反応》

【ビルト】

balerdi.jpg


バレルディ!60時間でドルトムントを去ってしまう!

バレルディがすぐに出て行ってしまった理由!


メディカル・チェック、契約書にサイン、3回のトレーニング。そして南アメリカに戻る!

たった60時間で・・・。


このBVBスターのバレルディがすぐに帰る事になった理由はこうだ・・・。


スポンサーリンク



レオナルド・バレルディはドルトムントに加入してからたった3日でドルトムントを後にすることになった。目的地はチリだ。


このアルゼンチン人はそこでU20代表として、南米カップに出場するのだ。このディフェンダーは最長で4週間(2月20まで)チームを離れることになる。ドルトムントの幹部たちは現在のディフェンダーの負傷状況でその事を考えていたのだろうか?


彼らは少なくともその可能性は分かっていたようだ。マネージャーのミヒャエル・ツォルクが交渉を始めた時点で、このアルゼンチン人はすでにこの大会にでるつもりだったようだ。交渉がまとまったので、バレルディは一度ドルトムントに飛ぶことになったが、また南米へと戻っている。ツォルクは“レオナルドの希望を喜んでかなえたい。”と語っている。


その背景:ファヴレは3度のトレーニングでバレルディがすぐにチームの助けとなるか確認したようであるが、その結果として、ファヴレは彼がすぐにチームを助ける存在ではないとの判断を下したようだ。そのためバレルディは大会に出るという希望を叶えることができた。


BVBのファン達はバレルディのデビューをもう少し待たなければならない。バレルディは、ドルトムントに関して、“ドルトムントは高いレベルにあるトップクラブなので、とても幸せです。全力でこのユニフォームを守ります。”と語っている。




以上です。

この獲得は以前から、将来を見据えたものとされていましたが、今のドルトムントの負傷状況もあって、即戦力として考えているのではないかとの情報もありました。


しかし放出もあまりうまくいっていないのにも関わらず、この冬にあえて彼を獲得したという事は、即戦力にも少しは期待していたのではないかと思います。


本当の所はどうか分かりませんが、即戦力にはならなそうなので、本人の希望通りU20南米カップ出場をクラブ側がOKしたようですね。U20の選手に関してクラブに判断権があるのかどうか、その辺は良く分かりませんでした。

[ 2019/01/17 17:36 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。